スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梁羽生『七剣下天山』

20070925

qijian1.jpgqijian2.jpg 著 者:梁羽生
 監 訳:土屋文子
 刊 行:2005年
 出版社:徳間書店(徳間文庫)




<主な登場人物>
楊雲驄:大侠。恋人納蘭明慧から娘を奪い、死の間際、師弟凌未風に託す。
凌未風:腕利きの侠客。楊雲驄の娘、易蘭珠を養育。顔の深い刀傷が目立つ。
納蘭明慧:満州族の娘。楊雲驄と恋仲だったが、清朝の鄂親王ドドと結婚させられる。
易蘭珠:楊雲驄と納蘭明慧の娘。父の遺志を継ぎドド暗殺を謀る。師は飛紅巾。
楚紹南:天山派を裏切り清朝の官吏となる。
傅青主:著名な医師で、無極拳法の使い手。
冒浣蓮:傅青主に養育された少女。桂仲明の記憶回復に一役買う。
桂仲明:冒浣蓮と共に抗清の闘いに身を投じる若者。
劉郁芳:天地会の女性リーダー。幼馴染に似た凌未風が気になる。
韓志邦:天地会の元リーダー。長年劉郁芳を想っている。
納蘭容若:納蘭明慧の甥だが抗清メンバーに理解を示す。詩の才能がある。
飛紅巾:白髪魔女の弟子。楊雲驄に片想い。易蘭珠を弟子にし、抗清の闘いを助ける。
武瓊瑤:武元英の娘で飛紅巾の妹弟子。抗清の闘いに参加。
辛龍子:卓一航の弟子。天山に住む怪人。
晦明禅師:楊雲驄、凌未風らの師匠。
その他、康熙帝、呉三桂、ダライ・ラマなども登場。

続きを読む

生活秀

20061124

中国小説/2001年/中国語 簡体字
映画「ションヤンの酒家(みせ)」の原作
著 者  池 莉(チ・リィ)
出 版  雲南人民出版社(中国)

<あらすじ>
来双楊は、吉慶通りの小さな飲食店主。
夜に商売し昼に寝るという昼夜逆転の生活を送っている。
そんな彼女の住まいに、ある日、兄の来双元が、息子の来金多尓と共に転がり込む。
妻の小金が転職に失敗、生活苦になったという。
彼は長男であることを理由に不動産所有権を主張、居候を決め込む。
双楊は10年前子供を死産したとき、同時期に生まれた金多尓に母乳を与え育てたという自負がある。
彼には格別の愛情を持ち、能力の高い彼にさまざまな援助を惜しまない。

妹の来双瑗はテレビ局のキャスター。
姉の生き方を嫌って、あらゆる手を使い、現在の地位を得た。
彼女は、吉慶通りの風紀の乱れを特番で放送すると姉に告げ、姉にこの地を去るように言う。
もちろん、双楊にその気は全くない。
彼女の店は大繁盛で、常連客も多い。
その中の一人に、卓雄洲という妻子ある男性がいる。
彼は2年前から店に通いつめ、店自慢の「アヒルの首」を買い占めることさえある。
双楊と卓雄洲が不倫関係にあるといううわさも立っている。

続きを読む

亦恕與珂雪(イーシュウとクーシュエ)

20061105

台湾小説/2004年
著  者 蔡智恆(1969年生まれ。執筆当時、台湾成功大学博士課程在籍。研究助手。)
出 版 社 紅色文化
言  語 中国語 繁体字
登場人物
僕…主人公。会社勤めの傍ら小説「亦恕與珂雪」を執筆。理科系の男性。小説の“亦恕(イーシュウ)”。
画家を目指す女性…英語学校で事務の仕事をしている。小説の“珂雪(クーシュエ)”。
曹禮嫣…“僕”の会社の受付嬢。世間知らずのお嬢様でピアニスト。小説の“茵月(インユエ)”
李玉珊…“僕”の会社の同僚(女)。
小梁…“僕”の会社の同僚(男)。
マスター…“僕”と“画家を目指す女性”がよく行くカフェのマスター。
大東…“僕”の大家。テレビドラマの脚本家。
小西…大東の恋人。後に結婚。
鷹男…大東の同業者。
蛇女…同上。鷹男は元カレ。ヘビースモーカー。
周…会社の上司。
石像彫刻家

続きを読む

桃花燦爤(小説)

20060908

中国小説/1993年/中国語(簡体字)
(短編小説5編の中の1編)
著  者  方 方(ファン・ファン)
出 版 社  百花文芸出版社(中国)
登場人物 
星 子(シンズ) 大学生 知識分子の家庭の娘。粞が好きだが亦文と結婚。
陸 粞(ルー・シー)労働者 星子を生涯愛している。
水 香(シュイシアン)粞の職場の近くに住む女性。
亦 文(イーウェン)軍事学校の学生。星子より2歳年下。
沈為可(シェン・ウェイコー)粞の上司
勇 志(ヨンジー)粞の親友

<あらすじ>
時代は1970年代後半から80年代前半。高校を卒業した星子は、駅の積荷作業場で働いている時、別の班の陸粞と出会い、互いに惹かれあう。星子が知識分子の家庭で育ったのに対し、粞は2人の姉と共に母の手一つで育てられた。しかも父は反革命分子で、20年も家庭を置き去りにしてひょっこり帰ってきたばかり。就職もせず、勝手な振る舞いをするので母とのけんかが絶えなかった。

星子は大学に進学したが、粞は家庭環境を理由に受験しなかった。その後も家庭が原因で思い通りの仕事につくことができない。粞の聡明さがわかる星子は受験を勧めるのだが…

2人は互いに好きだが言葉でそれを伝えたことがなかった。しかしある日粞は職場の近くに住む水香と過ちを犯す。水香がその一部始終を星子に伝えたことから星子は激怒。粞が謝っても絶対に許そうとしない。

やがて親の紹介で星子は亦文という年下の男性と知り合い付き合う。関係を持ち、妊娠、中絶、という過程を経ても、彼女の心の中にはまだ粞がいた。

ある日星子は、粞の友人の勇志から、粞が職場の上司の妹と結婚したときく。しかし粞の妻は持病である心の病が悪化、ついに2人は離婚する。

粞が肝臓がんを患い余命わずかと知った星子は、結婚する身でありながら粞のもとへ行き、初めて彼に愛を告白、2人は結ばれる。そして粞の死後、星子は彼の息子を出産するのだった。

続きを読む

孔雀森林

20060811

著  者: 蔡智恆
出 版 社: 紅色文化(台湾)
言  語: 中国語 繁体字

<登場人物>
蔡智淵 学部学生→水利を研究する大学院生
榮 安 智淵の親友台北駅近くで地下鉄工事に従事
劉瑋亭 学部学生→大学院生
柳葦庭 大学卒業後台北で就職。
小 雲 バーYumの経営者
Martini先生 バーYumの常連客
李珊藍 智淵が暮らすアパートの階下の住人

<あらすじ>
ある日心理学の授業で教授がこんな質問をする。
「あなたは森で馬、牛、羊、虎、孔雀を飼っています。ある日森を出ることになって1匹だけ連れて行くとしたら、どれを選びますか?」
智淵が選んだのは孔雀。 この問いかけがその後8年、ずっと智淵につきまとう。
彼はこの教室で、笑顔のかわいい柳葦庭に一目ぼれ。榮安の協力によりラブレターを出したのだが、待ち合わせ場所に来たのは彼女の後輩、劉瑋亭だった。2人の名前はどちらも「リュウ・ウェイ・ティン」。榮安の聞き間違えから生じた誤解だった。
智淵はしばらくそれを隠して劉瑋亭と付き合う。誤解から始まった交際だがよい雰囲気だった。しかしある日それが明らかになって瑋亭は去り、智淵は彼女を傷つけた罪悪感にとらわれる。
その後彼は柳葦庭との交際と別れ、李珊藍との出会いなど、恋愛を経験するのだが、「孔雀」と「罪悪感」に、いつもとらわれていることに気づく。そして・・・

<感想>
まさに若者の「自分探し」。教授の質問は、彼らが自分を見つめるきっかけになったことでしょう。生活感がなく、登場人物の家族もほとんど出てこない、一種のトレンディドラマです。遠い昔の青春時代を思い出してしまいました!

主人公が出会いを通して成長していく過程が楽しめます。特に小雲とMartini先生が彼の思考に与えた影響は大きかったように思います。

孔雀が森を飛び立とうとする瞬間を、確かにこの目でとらえました。
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。