X-MEN: ファイナル ディシジョン : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X-MEN: ファイナル ディシジョン

20120425

Xfinal2.jpg

2006年/アメリカ/1時間45分(レンタルDVD)
監 督  ブレット・ラトナー
原 題  X-Men: The Last Stand
出 演  
パトリック・スチュワート  ヒュー・ジャックマン
ジェームズ・マースデン  ファムケ・ヤンセン
ハル・ベリー  アンナ・パキン  ショーン・アシュモア
イアン・マッケラン  レベッカ・ローミン
ブライアン・コックス  ベン・フォスター

<あらすじ>
ジーン(ファムケ・ヤンセン)亡き後、スコット(ジェームズ・マースデン)はいつまでも立ち直れずにいた。X-MENメンバーはウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)、ストーム(ハル・ベリー)を中心に、学園からローグ(アンナ・パキン)も加わり、人類対ミュータントの新たな衝突に対処するべく訓練を重ねていた。そんな中、ミュータントを人間に変える新薬「キュア」が発明され、ミュータントの中でも方向性が分かれる。

<感想など>
前回の予想が当たってジーンが生きていることが判明。ところが彼女に別人格が現れ、ジーンにメロメロな男たちは翻弄される。スコットは彼女の声に吸い寄せられ、二度と戻ってこない。ジーンとスコットは好きなカップルだったのに~。こんな風に、気の毒なキャラクターが続出、シリーズの他作品に比べ、お楽しみ度は低かった。そんな中で大きな活躍を見せるのが、シルバーを身にまとうストームだ。眼を光らせて嵐を巻き起こす彼女は颯爽として、素敵なキャラクター。

さて、使用方法が問われる「キュア」。『ファースト・ジェネレーション』の時代、ビーストが自らを実験台にして失敗した経緯がある。元来ミュータントが幸せな日常をおくるために開発された新薬だが、今回は兵器として使われる。発射されたキュアの飛沫がミュータントたちに当たり、彼らは次々と人間化する。その一方で、キュアを求めて並ぶミュータントも多く、ローグもその中の一人。キュアをめぐる攻防は、シリーズが続く限り永遠の課題となりそうだ。

最後、学園には三つの墓石が並んだが、復活の可能性は捨てきれない。人間化したマグニートーの、チェス盤を前にちんまり座っている姿は意味深だ。彼の今後と、学園の代表となったストームがどんなリーダーシップを発揮するのかが気になるところ。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。