清明上河図90分待ち? : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清明上河図90分待ち?

20120106

昨日(1/5)東京国立博物館に着いたのは2時半をまわった頃。昨年暮れから新聞広告に煽られて、何となく『清明上河図』は見なければいけない気持ちになっていたけれど、券売機の前で「90分待ちです!」というアナウンスを耳にしたら逡巡してしまいました。でも出直すわけにもいかないので、ひとまずチケットを購入して館内へ。

階段をはさんだ2階は、ロビーまでぎっしりと長蛇の列。最後尾には「90分待ち」のプラカードが。ディズニーランドのアトラクション並み、でも屋内だからまだましか、などと思いながら、先に清明上河図以外の展示を見て廻りました。黄庭堅の『草書諸上座上巻』、王淵の『桃竹錦鶏図軸』、『四明本西嶽中華山廟碑』など好みの書画の前では、少し時間をかけました。その間、人々が群がっている『清明上河図』上方の拡大図や、向かいの壁面にはめ込まれたスライド画面を見ながら、予習していきます。

さて二巡した後は、長蛇がかなり短くなっていました。それでも「90分待ち」の表示。いや絶対こんなに待たないはず、と思って並びました。

結局1時間後に鑑賞できました。
やはり予習してよかったです。拡大図を思い出しながらの鑑賞となりました。実物はかなり小さく、描かれている人々が何をしているのかよくわかりません。虹橋上の人々は、一人一人違う動きをしています。筆致は細かく、瓦一枚、枝一本まで、はっきりと描かれています。少し立ち止まると「前に詰めてくださ~い」と言われるので、名残惜しい気持ちで進んで行きました。

今、図録を繰り返し見ていますが、あの熱気はなんだったんだろうと、ちょっと不思議な気持ちです。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。