シャンハイ : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンハイ

20110822

shanghaidianying.jpg

2010年/アメリカ・中国/1時間45分(劇場で鑑賞)
監 督  ミカエル・ハフストローム
原 題  Shanghai
中文題  諜海風雲
出 演  ジョン・キューザック  鞏 俐(コン・リー)
     周潤發(チョウ・ユンファ)  渡辺 謙
     フランカ・ポテンテ  デヴィッド・モース
     ジェフリー・ディーン・モーガン 菊地凛子

<あらすじ>
1941年、日米開戦前の上海。アメリカの諜報員ポール・ソームズ(ジョン・キューザック)は、記者に扮して友人コナー(ジェフリー・ディーン・モーガン)が殺された背景を探り始める。彼はドイツ領事館でのパーティで、アンソニー・ランティン(周潤發)という男に近づく。彼がコナー暗殺に関わっていると知らされたからだ。そのとき彼の妻として紹介されたアンナ(鞏俐)を見たポールは驚く。彼女こそ先日カジノで出会った不思議な女性だった。彼女はカジノでの出来事を夫には黙っていてほしいと言う。

<感想など>(結末に関するネタバレあり)
魔都上海が舞台の作品には、屈強な男たち、銃撃戦の果ての壮絶な死、そして愛に生きる妖艶な女たち、というイメージが、私の中で出来上がってしまっている。本作品もそのイメージをかき立てるに十分な顔ぶれだったので、展開を予想しながらの鑑賞となった。しかしその予想は見事に覆された。

冒頭で、タナカ大佐(渡辺謙)がポールに向かい「女」の居所を問う。この時点で私はある「女」を思い浮かべた。後の展開でも、それが自然な解釈だと感じながらストーリーを追う。ところが再び同じ場面があらわれたときに「あれ?」と思った。欺き、欺かれる人々を眺めているうちに、何が真実なのだかわからなくなってきた。こんなふうに人物やストーリーの設定がはっきりしていないなら、勝手な解釈も許されるのではないか。そう考えると気が楽になる。

主人公のポールにとって、コナーは、友人というよりは先輩格の頼れる人物だったようだ。ただ最初、スミコ(菊地凛子)と一緒の場面では毛むくじゃらの野獣にしか見えず、回想シーンの好人物とは全くの別人だ。コナーの人間性がよくわからないので、ポールがいかに奔走しても、真実を追求しようとする必然性が今一つ伝わってこない。また、彼は目的を果たすためにドイツ人技師の夫人(フランカ・ポテンテ)と関係を持つ。ポールという人物に好感が持てないまま、物語は進む。

逆に最も気に入ったのが、三合会のボス、アンソニー(周潤發)。日本軍と裏取引をする卑怯者という見方もあるだろうが、本心では国を愛していると思う。(今までの上海黒社会を描いた作品からの影響強し:笑)何より奥さんを心底愛しているところに惚れてしまった。自分よりも、任務よりも、奥さん、というのは、黒社会のボスとしては珍しいかも。私にとっては胸キュンとなるキャラクターだった。

真の主人公はアンナだろう。彼女が最優先するのは、レジスタンスとしての任務だ。歴史よりも、暗躍する男たちよりも、彼女の存在感こそが、作品の屋台骨と言うにふさわしい。外見の美しさは、内面が作っていくものなのかと思わせる人物だった。夫とのツーショット姿もきまっていて惚れ惚れ!! 鞏俐、周潤發の競演を、是非また観たい。

謎に満ちていたのはタナカ大佐。ある人物を殺害した理由と、再会した人物に対する姿勢、そして最後の行動は、予想もつかないものだった。もちろん演じる渡辺謙は素晴らしく、惹き込まれたが、彼自身この役柄をどう考えていたのだろう。そんな疑問を抱いていた矢先、タイミングよく、TVでの宣伝で語るのを聞いた。任務を越えた情愛が、意外にも世界を救うのかもしれない、なんて考えてしまった。

さて、スミコはポールに何を言おうとしたのだろう。まるで喉に引っかかった骨のように、気になって仕方がない。

「愛に溺れた男たちと任務を貫く女(たち?)」と考えると、想像の域が広がって楽しめる。また、最後になってタナカが二人に中国語を投げかけると、彼らの表情を変わる。「わかってたの?」という驚きはこちらも同じ。最初から、彼が中国語を解すると知った上で観たら、印象がかなり違ってくるのではないか。再鑑賞して、想像を膨らませたり、今回解けなかった疑問に挑んだりしたくなった。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。