酔拳 レジェンド・オブ・カンフー : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔拳 レジェンド・オブ・カンフー

20110628

legend3.jpg

2010年/中国/1時間56分(劇場で鑑賞)
監 督  袁和平(ユエン・ウーピン)
英 題  True Legend
原 題  蘇乞兒
出 演  趙文卓(チウ・マンチェク)周 迅(ジョウ・シュン)安志杰(アンディ・オン)
     楊紫瓊(ミシェル・ヨー)劉家輝(リュー・チャーフィー)周杰倫(ジェイ・チョウ)
     郭暁冬(グオ・シャオドン)梁家仁(レオン・カーヤン)
     デヴィッド・キャラダイン 

<感想など>(ラストに関するネタバレを含みます)
あらすじはDVD鑑賞後のレビューに記したので省略。
自分の中では、今までに観たカンフー作品でワーストなんとかにランクインするほどなのだが、目的あって劇場までのこのこ来てしまった。安志杰演じるユアンの猟奇的な姿、劉家輝演じる白髭じいさんのケタケタ笑う姿をよ~く観たかったから。また、前回感じた矛盾点を再確認したいとも思った。

主人公は、酔拳の創始者スー・サン(趙文卓)。どん底に落ちたときに酔拳を習得し、結果的に喝さいを浴びた英雄である。趙文卓のカンフーが素晴らしく、これも再鑑賞の目的の一つだった。ところがなぜか、スーの人間的側面の描き方が物足りない。どうしても悪役ユアンの方に興味が向いてしまうのだ。そこで今回はまず、そのユアンの立場で見ていきたい。

ユアン、シャオイン(周迅)兄妹の父は、「五毒神功」の鍛錬で「走火入魔」の境地に陥り、スーの父(梁家仁)に殺された。幼かった兄妹は彼に育てられたのだが、ユアンは決して恨みを忘れずいつか復讐したいと考えていた。というのは表向きで、実は、スーに対する個人的恨みの方が強かったのではないか。ユアンはスーと兄弟同様に成長したが、どうやらスーの方が何でもよくできて、卑屈になっていたようだ。大事な妹は奪われる。親王救助の功績は持って行かれる。その上「棚から牡丹餅」式に官位を譲られる。スーが優秀であればあるほど、ユアンは自分のダメさ加減に打ちのめされる。単純なスーには、ユアンの捻じれなど、到底理解できない。すべてはスーの純真さが招いた結果と思える。

ユアンの、妹に対する歪んだ愛情も奥深い。兄妹愛とも、恋愛とも違う。彼は、シャオインを連行した部下の腕をスパッと切ってしまう。彼女に触るな、という意思表示である。彼に底知れない恐怖を感じる一場面だった。一方、甥っ子フォンには優しく「3人で暮らそう」と言うのだ。3人とはユアン、シャオイン、フォンである。こういう愛情を何と呼ぼう。「偏愛」?それとも「変愛」?

見どころはスーとの最後の一騎打ち。井戸の壁面を、両手両足で突っ張って、互いに上り下りしながら闘う。酒蔵で壺を破壊しながら組み合う。素肌を縫う鉄の鎧がベリベリはがされる様子は見ていて痛かった。結局彼の生死は明らかにされていない。ということは続編もあり?(まさかね~)メイク効果もあって、物凄いインパクトだった。

次に白髭じいさん。どうしてスーを開眼させる役柄が彼じゃないのか?と素朴な疑問が浮かんだ。「スー×武神」もまた見どころの一つで、武神はなかなか面白いキャラクターだった。でも内心「趙文卓×劉家輝」に期待していたのは確か。琵琶を奏でるのが周杰倫、アクションが劉家輝だったら…と思うのである。(周杰倫ファンの方、お気を悪くさせたらごめんなさい)

DVD鑑賞のとき、医者のユ(楊紫瓊)がスーを「走火入魔」と診断したことに疑問を持った。鍛錬し過ぎて悪の人格が生まれ、大事な人さえ殺めようとする境地に陥るのが「走火入魔」。ユアンや、彼の父親の状態である。スーのような、幻覚を見る状況とは異なると思った。でも「走火入魔」直前と考えれば納得できる。彼がシャオインの指摘によって自分の幻覚を断ち切ることができたとすれば、ユの診断も功を奏したと言えるだろう。

シャオインを単身ユアンのもとに走らせ、これをスーが追うという展開にするためには、スーの「心身の不具合」が必要だったのかもしれない。いや、いくらスーを心底愛しているからといっても、あの状態で乗り込んだシャオインも浅はかだ。二人一緒に山を離れられたら悲しい結果にならずにすんだかも、と今さらながらシナリオ変更を望んでいる私。(笑)

後のロシア側との格闘も、納得のいかない展開だった。では何をどうすればいいのかは説明のしようがない。全体的にパーツを当てはめたような作品になってしまったのは残念だった。

今後も歴史、武侠作品の公開が続く模様。次に期待。

コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。