再生の朝に -ある裁判官の選択 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生の朝に -ある裁判官の選択

20110311

judge.jpg

2009年/中国/1時間38分(劇場で鑑賞)
監 督  劉 杰(リウ・ジエ)
原 題  透 析
英 題  judge
出 演  倪大宏(ニー・ダーホン) 鄭 [金争](ジェン・ジェン)
     梅 [女亭](メイ・ティン) 奇 道(チー・ダオ)
     高純学(ガオ・チュンシュエ) ソン・エイシェン
    
<あらすじ>
1997年、河北省の涿州(たくしゅう)市。裁判官のティエン(倪大宏)は、娘を盗難車の事故で亡くし、妻(鄭[金争])共々立ち直ることができないでいた。そんな中、彼は車2台の窃盗で逮捕されたチウ・ウー(奇道)の案件を手掛ける。委員会での協議の結果は死刑判決。法律改正前で、現行では死刑が適用されるのだ。腎臓病を患っているリー社長(ソン・エイシェン)は、チウ・ウーの腎臓が自分に適合すると知ると、弁護士(高純学)を通し家族や裁判所に根回しをして、移植を実現しようとする。最初のうち彼のために奔走していた婚約者(梅[女亭])も、チウ・ウーや家族の事情、判決に到る経過を考えるうちに、疑問を抱くようになる。やがて執行の日がやってきた。

<感想など>
オフィシャルサイトによれば、実在の刑務所を使用し、獄中の場面ではチウ・ウー役以外実際の服役囚を起用したとのこと。またリー社長役も役者ではなくビジネスマンだそうだ。いずれも素人っぽさが全くない。こうした撮影事情を後で知って驚いた。

車2台の窃盗で死刑。誰もが首をかしげてしまいそうな判決が、「法」のもと執行に移されようとする状況が恐ろしい。まるでブレーキの利かなくなった車がそのまま突っ込んでいくのを目の当たりにしているかのようだ。果たしてブレーキはかかるのか…。

一人の裁判官の良心と勇気を称える結果になっているが、そこに到る過程の方が印象に残った。

重大な判決に個人的事情が影響してしまう恐ろしさ。その「事情」が仕事がらみかも知れないという疑念。人命を売買の対象としてしか見ていない男の傲慢さ。判決を「家族のため」とあきらめる青年の無念さ。多くの人のさまざまな感情と、後戻りできない現実とが、重くのしかかる。

全編を通して暗く、湿っぽい雰囲気で音楽もなし。身も心も落ち込んでしまう。しかしティエンが、規則違反の飼い犬を奪おうとした警官に殴り掛かったとき、一筋の光が見えた気がした。犬がいなくなったら妻のよりどころがなくなってしまう。彼は自分の立場よりも妻を尊重する。再生の朝がやってきたのはその時ではないか。

確かに朝の光は見えた。でもリー社長や婚約者にも、それを見るときがやってくるだろうか。本筋と離れた人間模様が、今なお気になってしかたがない。

trackback

再生の朝に -ある裁判官の選択-(透析) :龍眼日記 Longan Diary

1997年、この年の10月から法律が改正されるという直前の中国のある町。 ベテラン裁判官ティエン(倪大宏:ニー・ダーホン)は一人娘をひき逃げ事故で亡くし 空しさを感じる日々を送っていた。 一方青年チウ・ウー(奇道:チー・ダオ)は2台の車の窃盗容疑で逮捕された?...

コメント

再生、したのかしら

こちらにもお邪魔しまーす。
この作品、観逃してしまったので現在公開されている劇場を見つけて観てきました。
もしかしてもうDVD発売になってたりして??(笑)
なんともやりきれない思いばかりが心に残る作品でしたね。
特にあの社長のあまりにも自己中心的な言動には気分が悪くなりました。
しかしあの社長をはじめ、チウ・ウー以外の服役囚たちも素人だったのですか。
それは凄すぎる。
特にあの社長は婚約者とのからみのシーンなどもあったし、
なぜあの役を素人にやらせたのか、その経緯を知りたくなりました。
よほど監督のイメージにピッタリだったのかしら??
個人的にはあの犬を捕獲されそうになるシーンが一番辛かったです。
あ、ちょっと違いますよね。(笑)

複雑なEND…

sabunoriさん、こちらにもありがとうございます♪
みんなが再生したとは言い難い物語でしたね。
裁判官と妻には、多少覇気が出てきたように見えましたが、
あの傲慢な社長は放置されたまま。
彼はどうなったのかしら? いや、もう考えたくもないんですが。
オフィシャルサイトには、社長役の人は監督と知り合いで、
監督からの強い要請を受けて出演を決めた、と書いてありますが、
そういう経緯で映画に出ることもあるんだ~と、意外でした。
でもご本人はああいう役柄でよかったのかしらん?

犬が捕獲されるシーンには、犬を飼っていない私も心が痛みました。
愛犬のいる方は、一層複雑な思いでご覧になったのではないでしょうか。
でも、戻ってきて本当に良かった!かなり重要な展開だと思います。
非公開コメント
プロフィール

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。