頑酷青春 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑酷青春

20110303

wankuqingchun.jpg

2010年/中国/1時間33分(中国版DVD)
監 督  孔令晨(コン・リンチェン)
出 演  吕麗萍(ルー・リーピン) 盛 超(ション・チャオ)
     郭 涛(グオ・タオ)   李 濱(リー・ビン)

<あらすじ>
羅素芳(吕麗萍)は、高校三年生の息子何志鵬(盛超)が勉強そっちのけで跑酷(ストリート・アクション)に熱中しているのが心配でたまらない。3か月後に大学入試が控えているからだ。彼女は離婚後、ホテルの雑用で稼ぎ、母(李濱)と息子を養ってきた。ところがある日突然、年齢のせいで解雇を言い渡される。彼女は日本人社長に直談判し、ようやく清掃の仕事を得る。元夫(郭涛)が志鵬の戸籍移転を要求しに来たり、志鵬が猛烈に反抗したりと、素芳にとっては気の休まらない日が続く。彼女は息子の勉強意欲をあおるため、癌であると嘘をつく。

<感想など>
「跑酷」というスポーツがあるのを初めて知った。スクリーンに映る面々は、壁をよじ登ったり、高所から空中回転で飛び降りたりと、かなり危険なパフォーマンスを見せてくれる。上で勝手に<ストリート・アクション>と訳したが、実際にはどんな日本語が訳語として適切だろう。城市猴子(CITY MONKEY)という実在のチームが映画に全面協力しているとのこと。若者たちのエネルギッシュな動きがまぶしい。

物語は、この「跑酷」が大好きな少年と、彼に期待を寄せる母親との葛藤を中心に進む。おばあちゃんは、その間に立って、孫のよき理解者となる。彼女は、志鵬に見せられたネット上のパフォーマンスに目を輝かせ、昔話に夢中になる。どうやら、彼女も夫も軽業を披露する芸人だったらしい。彼女の母、つまり志鵬の曾祖母は、孟小冬(梅蘭芳の元妻)と同じ門下だったとのこと。少年はそういう血を受け継いでいるのだ。

さて素芳が帰宅したのを知ったおばあちゃんは、急に口をつぐんでしまう。孫の勉強を邪魔していると思われては大変だ。気風のよさそうなおばあちゃんだが、家の実権を握る娘には頭が上がらない。このおばあちゃん、好き!
wankuqingchun5.jpg

羅素芳は息子の引き出しを勝手に開けたり、撮影の邪魔をして無理やり息子を連れ帰ったりと、度の過ぎた干渉を繰り返す。彼女の気持ちもわからなくもないが、力ずくで抑えようとすればするほど反発が強まるのは必至。キレた志鵬にお手上げ状態の母は、とうとう仮病を使う。
wankuqingchun4.jpg

息子は母のために頑張って、統一試験の合格ラインにようやく達する。試験前に携帯電話を提出する場面がはっきり映し出されたのは印象的だった。前代未聞の漏えい事件が報じられた後だからか、普段なら見過ごしそうな場面が頭に焼き付いてしまっている。

母の深い愛情にようやく気づくものの「孝行したいときに親はなし」である。
なんともやりきれない最後だ。(はっきり映し出されていないが、たぶん彼女は亡くなったのだろう。)素芳の人生っていったい何だったのだろう。

せっかく「跑酷」という特異なスポーツを取り上げ、しかも図抜けた才能を持つ少年を登場させているのだから、家族が彼の雄姿を称賛するような場面があってもよさそうなものだ。元夫婦と祖母が一緒になって子(孫)のパフォーマンスに拍手を送る、というシーンを観たかった。

何志鵬は「跑酷」をやめてしまうのか、それとも学業と両立していくのか。いずれにしても前向きな人生を歩んでほしい、と祈らずにはいられない。

冒頭は軽く弾むような雰囲気だったのに、最後はどんよりと沈んでしまった。なるべく、最後に明るくなるような作品を観たいものだ。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。