ドラゴンキーパー ~月下の翡翠龍 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンキーパー ~月下の翡翠龍

20110106

keeper3.jpg

著 者:キャロル・ウィルキンソン
原 題:DRAGON MOON
訳 者:もき かずこ
刊行年:2009年11月
出版社:金の星社

<内容・あらすじ>
「ドラゴンキーパー」シリーズの完結編。
ピンとカイは、ヤンシン姫の嫁ぎ先、燕国の北白城で平穏な日々を過ごしていた。しかしピンは老龍ロン・ダンザの願いどおり、カイを龍の楽園へ連れて行く決心をする。ピンはネズミのフアから託された絹布と八卦見から贈られた変化の書を胸に、カイと旅立つ。途中行き倒れになったリュウチャと再会。彼はピンとカイを傷つけたことを謝り、ピンにプロポーズするが、彼女はその申し出を断る。立ち寄った村では雨降りを望む人々から龍の到来を歓迎される。万里の長城では衛士に捕まるが蛮族に助けられる。ジュンとも再会。こうして旅を続けるうちに、「鈴音の村」で耳目の不自由な老人、ラオ・ロンザと出会う。彼は昔、ロン・ダンザの龍守り〈ドラゴンキーパー〉だった。

<感想など>
前2巻の血なまぐさい表現はなく、今回はかつての死闘を振り返りながら成長していくピンの姿が楽しめる。その意味では前作の感想で書いた予想がことごとく外れたことになる。

死霊使い〈ネクロマンサー〉はどうやら前回葬られたらしい。最期がはっきりと書かれていないのでまたくるか、とラストまで息を抜けなかった。ヤツはおぞましい存在だが、こんなにすっきりいなくなるのも拍子抜けだ。リュウチャの描き方も予想外だった。はじめは溌剌とした好青年だったのに今回はみじめな姿でピンと再会。ピンとカイが蛮族(匈奴か?)に助けられる展開や、漢の宮廷がどちらかというと悪者扱いになっているところに、グローバルな視点を感じた。中国的な雰囲気を感じないのは、こうした意外性にもあるのかもしれない。

今回興味深いのは同音異字の謎ときである。龍の楽園へ導くための絹布には、地図上に「龍悼渓〈ロンタオシー〉」「曲龍翔〈チュイロンシャン〉」「夜龍谷〈イエロンクゥ〉」の文字が記されている。「悼渓」は「到西」、「曲」は「去」、「龍翔」は「瓏郷」、「龍」は「聾」など、同音異字を推測して進んでいく。ピンインが次々と頭に浮かんでくる。

もう一つ重要なアイテムが、絹布の地図の反対面に描かれた七巧図(タングラム)。正方形の布が直線で三角形、四角形に区切られて、その内側に漢字がいくつか書かれている。この図形を型にとって7つに切り分け、並べ替えるとどうなるか。登場人物と一緒に謎解きに参加するのも楽しい。

物語の後半は龍の楽園での出来事である。私は、龍というよりも恐竜のイメージを強く感じた。一番老いた龍でも2千歳。想像もつかない寿命である。今現在カイは存命しているかもしれないと想像が膨らむ。人間の手で龍が傷つけられたことを恨むヘイレイの言葉が、現在の環境破壊に対する示唆にも受け取れた。虚実現実が入り混じった光景に不思議感覚を掻き立てられる。

ラストはやはりこうでなければ、という展開。お正月にふさわしいきれいな終わり方で、何度読んでもいい。今までファンタジーを子供だましと思うこともあったが、これはそんな先入観を払拭させてくれる物語である。幸先のいいスタートを切った気分になった。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。