海豚湾恋人 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海豚湾恋人

20061012

28VCDs 
監 督  林合隆
邦 題  イルカ湾の恋人
出 演
許紹洋(アンブロウズ・シュー) 張韶涵(アンジェラ・チャン) 霍建華(ウォレス・フオ) 林韋君(ペニー・リン) 徐婕兒(ジル・シュー)  梁修身  劉瑞  戈偉如 倪志強  高山峰 

感想など

幼児体験、貧困層と富裕層、複雑な家族関係、三角関係、いじめ、病気、サクセスへの道…etc…。
ドラマチックな要素がすべて盛り込まれたストーリー。
登場人物も、歌手を目指す女の子(張韶涵)、御曹司(許紹洋)、敏腕プロデューサー(霍建華)を中心に、けなげな母親(劉瑞)、意地悪な母親(戈偉如)、傲慢な父親(梁修身)、ライバル(徐婕兒)、と、バラエティ豊か。
でも特に際立った人物がいるわけではなく(深層心理を追求するわけではないということ)、内容も単純明快。予想がつきそうな展開です。
ではそのどこに夢中になったのかというと…
まず引き付けられたのが子役の演技。しっかり涙を誘ってくれます。余りにもうますぎるのが難点ではありますが。
養護施設で育った二人が交わす約束。大人になっても忘れずにいて、しかも出会ってしまう。ありえない偶然!!しかも全く逆の境遇にいた!!そして恋愛感情が芽生え…
おとぎ話の世界です。それも一緒に体験したいような。
二人がお互いの素性を知るのはいつ?三角関係の結果はどうなる?女の子は歌手になれるのか?など、次への興味が尽きません。だからどんどんイッキに観てしまうのでしょう。
全く違うタイプの二人の男の競演も見のがせません。
個人的には敏腕プロデューサーが好きですが。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。