深夜特急2 -マレー半島・シンガポール- : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜特急2 -マレー半島・シンガポール-

20100529

sinya2.jpg




著 者: 沢木 耕太郎

出版社: 新潮社(文庫)

刊 行: 1994年
(1986年5月『深夜特急 第1便』後半部分より)







<内 容>
第4章  メナムから  マレー半島Ⅰ
第5章  娼婦たちと野郎ども  マレー半島Ⅱ
第6章  海の向こうに  シンガポール
〔対談〕  死に場所を見つける  高倉健 沢木耕太郎

<感想など>
香港での体験が濃すぎて、後の旅では物足りなさを感じたという。
最初に訪れたところだから、印象が強烈なのか。
それとも香港の街自体が人を圧倒させる何かを持っているということか。
著者はシンガポールで、他地域に香港を求める無意味さにようやく気づき、
その土地独特のモノをつかんで来なかったのを後悔する。
そういう感覚、少しわかる気がする。

自分の状態にとても鋭敏な人なのだろう。
旅人の自分をもう一人の自分が見つめて、細かく分析をしている。
そんな著者の目が楽しめた。
第5章では、娼婦たちとその「ヒモ」たちの生活に密着して
好奇心旺盛に動き回る様子を、冷静な目が描き出す。
著者は、旅する自分の姿に酔っているようにも見えた。

こういう旅行記を読むと、自分の旅行を思い出す。
著者が他国の人と言葉の相互学習をする場面があるが、
私にも似たような経験がある。
中国の銀川では、ドミトリーで相部屋となった香港の人たちに、
広東語を少しだけ教えてもらった。
最初は大笑いされるほどひどい話し方だったらしいが、
何回か発音を直してもらい「これで通じる」と言われるまでになった。
実際使えると、拙いとわかっていても嬉しいものだ。
そして何より交流しているその時間が楽しい。

言葉に対する意識については、著者の瞬発力が羨ましくなった。
バンコクでも、ペナンでも、近くにいる人に数と基本的な挨拶言葉、
訊ねるときの言い回しを教えてもらって、これを即使っている。

かつて教わった広東語は今ではすっかり忘れてしまったが、
今後香港や広州へ行く機会があれば、基本事項を学んで使ってみたい。
ほかの国の言葉でも、挨拶くらいはできるようになりたいな。
最近は、新たに外国語を学んでその土地で使ってみよう、なんて
考えることもなかった。
一つ目標ができたかも。そんな意味でも、これは貴重な一冊だ。

次はいよいよ、インド、ネパール!!

コメント

深夜特急走ってますね。

孔雀の森さんこんにちは。
銀川のドミトリーでの体験・・・なんだか目に浮かぶようです。
孔雀の森さんの知らない(って当たり前なんですが)一面に触れて思わずふふ、と
微笑んでしまいました。
それにしても新たに語学をやってみようかという意欲がわくこと自体が素晴らしいです。
(私はもうムリ・・・)
孔雀の森さんには北京語がベースとしてあるので広東語を理解するのは結構楽かもしれませんね~。
ポイントとしては語尾をだらしなくのばせばOKですよ!(笑)

今のところ快調です!

sabunoriさん、こんばんは♪
私が語学をやろうというのは、大それた決心でもなく、旅行先で
挨拶ができればいいな、くらいの気持ちです。
sabunoriさんの絵に比べると志低いかなあ。
どこかに習いに行く計画は立てていません。
新たにコトバを勉強するためには先生が必要とわかっているのですが。
もしかしたらコメントで厚かましくもおききすることがあるかも
知れませんが、その時はよろしくお願いします♪
「語尾をだらしなくのばす」のですね。
アドバイス、ありがとうございます♪
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。