潜 伏 第13集~18集 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜 伏 第13集~18集

20100305

  

2009年/中国/全30話/10DVDs(中国版DVD)
監 督  姜 偉
原 作  龍 一『潜伏』
語 り  涂 涛
出 演  孫紅雷(スン・ホンレイ) 姚 晨(ヤオ・チェン)
      馮恩鶴(フォン・エンフー) 瀋傲君(シェン・アオチュン)
      呉 剛(ウー・ガン) 范雨林(ファン・ユィリン)
      朱 杰(ジュー・ジエ) 祖 峰(ズー・フォン)
      馬軍勤(マー・ジュンチン) 徐婧霊(シュー・チンリン)
      曹炳琨(ツァオ・ビンクン) 陸 羽(ルー・ユィ)


<あらすじ>
馬奎(范雨林)と接触していた左藍(瀋傲君)を誘き出す作戦が出される。余則成(孫紅雷)はこれを翠平(姚晨)に伝達。しかし彼女が左藍に会ったとき突如馬奎が出現。左藍は翠平の機転によって馬奎を撃つが、翠平を逃した後、起き上がった馬奎に撃たれる。銃声を聞きつけた翠平は現場に戻るが、馬奎の死を確かめている左藍の姿に安心し、これを則成に伝える。
翌日、「馬奎、左藍の遺体発見」の報道に、則成は驚愕。彼は安置室で左藍と対面、声を殺し涙も見せずに泣く。

袁佩林の捜索、保護の命令が下る。共産党から国民党に寝返った人物で、天津に匿われているらしい。則成はこれを地下組織の羅(陸羽)に伝達。国民党側では李涯(祖峰)が担当する。そんな中、袁佩林が殺される。呉支部長(馮恩鶴)は李涯の失態と判断。喜んだのは陸橋山(呉剛)だ。2人は副支部長の椅子をめぐってライバル関係にあった。やがて陸が査察官と結託している事実を李涯が暴く。陸は南京に送られることになって天津を去る。副支部長の座は則成が射止める。

余則成にとって気がかりなのは同じアパートに住む謝若林(曹炳琨)晩秋(朱杰)夫妻だ。謝は党通局<党員通信局>の特務だが、情報売買に手を染めており、則成に揺さぶりをかける。また、晩秋とは一時親密な関係にあった。かつて、呉支部長は穆連成監視のため、則成に、穆の姪である彼女への接近を命じたのだった。翠平は、晩秋の則成に対する思わせぶりな態度にやきもちを焼く。

謝若林は余則成と翠平が偽夫婦であることを疑う。元々、翠平の妹陳秋平が則成の偽妻に決まっていたこと、事故で彼女が死亡し急遽翠平が派遣されたことを、ある文書で知ったのだ。これを見せられた則成は、後で謝宅に忍び込んで盗み焼却。まだ妹の死を知らない翠平が不憫になる。

<感想など>
この偽夫婦、回を重ねるごとに本当の夫婦のようになっていく。余則成は照れもなく、翠平に脚を洗ってもらったり、シャツに腕を通したまま袖口を繕ってもらったりしている。緊急時の呼吸もぴったりだ。左藍の危機を暗黙の方法で知らせる則成と、この伝達を的確に受け取り行動を起こす翠平。2人のバトンリレーは見ごたえ十分!

その一方で、馬奎が気の毒すぎて悔しくなってしまう。(笑)浮気妻は上海へ、そして自身は誤解が解けないまま共産党の革命烈士の墓に葬られることとなる。こんなふうに姿を消すしかないなんてあまりにもかわいそう!!今度はもっといい役で出てきて欲しい。

則成が左藍死去のショックから抜けきれない中、翠平の則成への想いは日増しに強くなっていく。また彼女は、左藍が撃たれながら自分に笑顔を見せていたのを思い出し、彼女に心から信服する。則成と夫婦を演じ始めてから、彼女は明らかに変わった。則成を愛するからこそ字を覚え始め、身辺に気を配り、勘はますます冴え渡る。しかし彼女の想いはなかなかとどかない。並んで寝る2人。翠平がそろそろと則成に手を差し出す。しかし彼が体勢を変えて、触れることが出来ない。翠平は何回も則成にアプローチするのだが、わずかな時間、わずかな距離に裏切られてしまう。このシーンはほんとうに切ない。彼女がひそかに涙を流していることに、則成は全く気づかない。(いいかげん気がつけよ!!)

余則成は確かに有能だが、運が味方しているのも事実だ。陸橋山と李涯を離間させようと思っていたら、2人は自然に仲が悪くなり、いがみ合い、足を引っ張り合うようになる。結局両者が目指していた副支部長の地位は、則成のもとにころがりこむ。まさに漁夫の利!!スーパーマンでも、イケメンでもない男が、成功への道を歩んでいくところがおもしろい。

そして注目すべき新キャラが、情報密売人、謝若林だ。彼が属するのは党通局<党員通信局>。この前身は中統<中国国民党中央執行委員会調査統計局>で、則成が属する軍統とは緊張関係にあるようだ。やり手セールスマンの雰囲気を漂わせる謝若林。胡散臭い怪しげな口調がツボだ!!危ない綱渡りもすべて金のため。美しい妻晩秋も眼中にない様子。こういう人物は破滅するのではないだろうか。

翠平の気持ちがとどきますように…と祈りながら次を観ることにしよう。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。