続・少林寺三十六房 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・少林寺三十六房

20100217

        

1980年/香港/1時間39分(レンタルDVD)
監 督  劉家良(ラウ・カーリョン)
原 題  少林搭棚大師
英 題  Return to the 36th Chamber
出 演  劉家輝(リュー・チャーフィー) 王龍威(ワン・ロンウェイ)
      小 侯(シャオ・ホウ) 江 島(チャン・タオ)
      権永文(チァン・ユンウェン) 恵英紅(ベティ・ウェイ)
      華 倫(ワー・ルン) 京 柱(チン・チュウ)

<あらすじ>
清の時代。染物工場の従業員たちは、悪徳経営者による工賃引き下げや、粗悪な原料の調達に怒り心頭、ついに殴り込みをかける。しかし経営者たちは腕利きである上、後ろ盾には清朝の役人がいて、とてもかなわない。そこで物まね上手のチェンチェ(劉家輝)に白羽の矢が立つ。少林寺のサンダ和尚になりきって賃上げ交渉をしてほしいと頼まれたのだ。しかし、最初のうちは騙せたものの、やがて嘘だとばれてしまう。チェンチェは武術習得を志し一路少林寺へ。僧に成りすまして三十六房に入り込む。本物のサンダ和尚(京柱)に会ったチェンチェは、早速弟子入りを懇願する。「岩で水を汲む」ことをマスターしたチェンチェに、サンダ和尚は36の房すべてに足場を組むよう命令する。

<感想など>
先日の「少林寺三十六房」の続編かと思ったら全く別のストーリーだった。
劉家輝扮する僧が寄進集めをする姿を見て、サンダが住持の命令を遂行しているのだと
信じて疑わなかった。
また、チャンチェという名は、サンダの偽名だと思っていた。
彼が実際に武術ができないとわかったとき、ようやく前作との関連を断ち切ることができた。
以下は完全なネタバレです。

主人公のチャンチェは、働き者の兄シシェン(華倫)に比べ、嘘つきでいい加減な人間らしい。
一大決心をして少林寺へ向かう道中では、野菜を運ぶ僧に下剤を飲ませ、
トイレ休憩の間に彼の籠を奪ってまんまと少林寺の門をくぐってしまう。明らかに
他の僧とは違うのに、なぜかとんとん拍子に36房の弟子入りを許されてしまうあたり、
騙されているような気分になる。

大岩を井戸に落として、はじける飛沫で頭を洗えるようになったチャンチェ。
次の命令は、36の房すべてに足場を組むことだった。彼は作業しながら下で行われている
修行を垣間見て、技を次々とマスターしていく。時折サンダ和尚はチャンチェを叱るが、
陰では笑顔でコックリと頷く。この見守る姿がいい。
チャンチェの「カンフー式足場組み」は、1年でようやく完了。しかしサンダ和尚はなんと、
「足場をばらして寺から去れ」という過酷な命令を下す。
え、なんで~?? まだ何一つ習得していないのに…。
でも後から考えると、チャンチェが戦うための下地をちゃんと作ってくれたのである。

さて見所はここからである。
「武術は身につけられなかった」と泣きながら帰ってくるチャンチェ。
彼は、もう大法螺吹きのチャンチェではなくて、素直で誠実なチャンチェである。
しかし誰一人として彼の言葉を信じない。狼少年だったのですものね。
ああ言っているけれど、本当は武術を身に着けているに違いない、と皆が思っている。

知らないうちに武術が身についていたとは、チャンチェ自身もびっくり。
悪徳業者をやっつけて、ついに親方(王龍威)との一騎打ちとなる。
この戦いがすごい!!
親方の武器は床机。チャンチェの武器は竹竿と紐。
親方の持つ床机は、盾になり、矛になり、あらゆる武器の役割をはたす。
チャンチェが立ち回りしながら縛っていく技術は神業だ。
2人の戦いは、まさに一つの芸術作品。呼吸はぴったりで、まるで「戦いの舞」である。
チャンチェが少林寺で過ごした3年間の経験すべてが、この戦いに生かされている。
サンダ和尚の慧眼に、再び敬服。

「どうだ、まいったか、賃上げを約束しろよ」
「わかった」

なんてシンプルなエンドなのだろう。好きだなあ、このスッキリ感!!!
真剣な空気に包まれていた前作と違って、こちらはコメディ全開。
アクション作品なのに死者が出ないのは、奇跡に近い。(笑)


コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。