今年のベストテン2009 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のベストテン2009

20091231

今年も恒例のマイ・ベストを選んでみました。

☆ 劇場鑑賞映画ベスト10(含映画祭上映作品)
 『スラムドッグ$ミリオネア』
 『グラン・トリノ』
 『海角七号 君想う、国境の南』
 『沈まぬ太陽』
 『シネマ歌舞伎特別編 牡丹亭』
 『レッドクリフ Part2』
 『千年の祈り』
 『孫文―百年先を見た男』
 『花の生涯~梅蘭芳~』
 『一緒にいて』

☆ DVD・VIDEO・TV鑑賞映画ベスト10(含未公開作品)
 『しあわせのかおり~幸福的馨香』
 『チルドレン・オブ・ホァンシー~遥かなる希望の道』
 『白銀帝国』
 『立春』
 『長恨歌』
 『アヒルと鴨のコインロッカー』
 『高考1977』
 『延安の娘』
 『チョコレート・ラップ』
 『ようこそ、羊さま』

☆ 読書ベスト10
井波律子訳『三国志演義』全7巻
吉川英治『三国志』
池澤夏樹『カデナ』
辻原 登『許されざる者』 上巻  下巻 
山本兼一『火天の城』
海堂 尊『極北クレイマー』
伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』
恩田 陸『ドミノ』
有川 浩『別冊図書館戦争Ⅱ』
唐亜明『ビートルズを知らなかった紅衛兵』



皆さんにとって今年はどんな1年だったでしょうか。
私は「引き締め作戦」を始めたものの、効果は期待薄です。
だって、ごはんが美味しいんですもの。

今年のマイブームは三国志でした。その火付け役が『レッドクリフ』ですから、
これをはずすわけにはいきません。
三国志関連書籍を紹介してくださる方もいて、三国志の世界がずいぶん広がりました。
でも、すぐに登場人物の名前を忘れてしまい、記憶力の低下を痛感する今日この頃…。

さて上記ベストテンで気づいたことをいくつか挙げておきます。

・劇場鑑賞映画は3本に1本がベストテン入り。
今年劇場で観た作品は全部で31本。確率、高っ!!(笑)

・『アヒルと鴨のコインロッカー』は読書、映画ともベストテン入り。
原作を読んだとき、ネタバレせずにどうやって映像化するのかが謎でした。
でも映画はそんな疑問をきれいに、しかも一瞬の間に解決してくれ、手を打って
喜んでしまいました。
原作、映画共に大満足の作品は、貴重な存在!!

・『花の生涯~梅蘭芳~』
レビューで不満を述べていますが豪華絢爛な舞台は圧巻! 今も脳裏に焼きついています。
再鑑賞したい気分になったのでベストテン入り!

・重い作品好みの私。
映画も本も、どちらかというとシリアスな作品がベストテンに入っている気がします。
もちろん、軽やかな作品も好きですよ~ でも選ぶとなると重くなってしまいます。
えっ、体重に比例してるって?(笑)

今年も皆さんとの交流で、有意義な時間を過ごすことができました。
ほんとうにありがとうございました。
それではよいお年を♪

trackback

2009お気に入り映画ベスト10 :龍眼日記 Longan Diary

今年劇場で観た映画は111作品。(このうちいくつかは複数回鑑賞) ということで年末恒例「今年のお気に入り映画ベスト10」は以下の通り。 1.ミウの歌(泰) 恋愛、親子愛、兄弟愛、友情・・・ 私たちはなんと多くの抱えきれないほどの 愛に包まれて生きて...

コメント

ありがとうございました♪

孔雀の森さん、こんにちは。
孔雀の森さんのベスト10、しかと拝見させていただきました。
ベスト10の中で唯一未観の「一緒にいて」が気になりますー。
早速チェックしてみなければ!
「アヒルと鴨のコインロッカー」、原作は未読なのですが先に原作を
読んでいたら絶対にどう映像化するのかが気になりますよね。
この作品はそのあたりを実にうまく映像化していたと思います。
ストーリーも切なくてよかった!
「海角七号」・・・私は来年のベスト10にランクインするかしら??

今年1年アジア映画についてたくさんお話できて楽しかったです。
来年もお互いステキなアジア映画に出会えるといいですね。
来年もヨロシクです。
それではよいお年を!

こんにちは!

ほんとだ,たくさん被ってて嬉しいです!
「グラン・トリノ」や「沈まぬ太陽」など
骨太で重厚な作品がよかったですね。

「梅蘭芳」は,入れようかどうか迷ったのですが
どうしても「さらばわが愛」と比べてしまって。

DVD編に「チルドレン・オブ・ホァンシー」が入っていて嬉しいです。
その他,私は未見の作品もたくさんありますが
「ようこそ,羊さま」は前々から気になってた作品です。

孔雀の森さん,ことしはアジア映画を中心に
たくさんお話ができて嬉しかったです。
来年もよろしくお願いいたします。

こちらこそありがとうございました♪

sabunoriさん、こんばんは♪
今年も残すところ数時間。
sabunoriさんと感想を交換した作品の数々が
脳裏に浮かんできます。
「一緒にいて」は是非一般公開してもらいたい作品。
実現したら再鑑賞するつもりです。
「海角七号」は来年また観にいこうかしら。
それで来年のベストテンに入れるのはアリ?
歌手ヴァンへの思い入れがこの結果となりました。
感想の交換はとても刺激的で、鑑賞意欲が倍増する私です。
願わくば映画全般、同時に感動を共有したいもの!!
「順次公開」ではなく「全国一斉公開」でお願いしたいです。
来年はどんな作品に出会うか、楽しみですね。
またよろしくお願いいたします。
よいお年を♪

楽しい時間をありがとうございました♪

ななさん、こんばんは♪
いろいろと考えさせられる作品は印象に残りますね。
そういう意味で、ベストテンに入れたくなります。
被っている作品が多くて、私も嬉しいです!!
「母なる証明」は2週間限定なので注意しなければ。

>どうしても「さらばわが愛」と比べてしまって。
あ~ わかります!!もし今年「さらばわが愛」を観ていたら
ベストテンの内容、違っていたかもしれません。

「チルドレン・オブ・ホァンシー」を観たのは、ななさんのレビューを
拝見したからです。
こういうときに、ブログをやっていてよかった!と思うのです。
「ようこそ、羊さま」も機会がありましたら是非!

来年も素晴らしい作品と出会いたいですね。
またよろしくお願いいたします。
よいお年を♪
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。