有川 浩『三匹のおっさん』 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川 浩『三匹のおっさん』

20091016

                    

                    出版社: 文藝春秋
                    刊行年: 2009年3月

 <あらすじ>
かつての悪ガキ3人組、キヨ、シゲ、ノリも、今やアラ還(還暦前後)。しかし皆、まだジジイと呼ばれるには早すぎると思っている。そこで積み重ねてきた経験を生かして夜回りをすることに。町内では痴漢、恐喝、詐欺、動物虐待、悪質商法など、いろいろな問題が発生。キヨの孫祐希や、ノリの娘早苗らもこの「三匹」に協力、難事件、珍事件は次々と解決されていく。

<感想など>
年配の方々を「匹」で数えるとはなんという失礼千万!!
最初はアラ還の方々への暴言や扱いのひどさに眉をひそめたが、
しばらくたってこれが限りない尊敬の表れであることがわかった。

「キヨ」こと清田清一は還暦を迎えるとともに定年退職。
第二の職場は町内のアミューズメントパーク。
剣道は師範の腕前である。
「シゲ」こと立花重雄は居酒屋「酔いどれ鯨」を
息子夫婦に譲ったばかり。柔道家である。
「ノリ」こと有村則夫は工場経営者でメカに強い。
頭脳の切れもぴか一。
第1話から6話まで、この3人は一回もピンチに
陥ることなく事件を解決していく。
まさに「スーパーメン」、「壮年探偵団」である。
読んでいてすごく気持ちいい。
立ち回りのキヨとシゲ、頭脳のノリ。3人の息はぴったりだ。

期待していた恋愛もばっちり描かれていて嬉しい。(笑)
その2人とは、キヨの孫祐希とノリの娘早苗。高校生である。
愛だと気づくまでの初々しい段階が、酸っぱくて、
ほろ苦くて、切ない。
早苗の危機一髪を祐希が助けたのが発端だから、
まさに「王子様出現」と言えよう。(笑)
この祐希クン、祖父を「ジジイ」呼ばわりして、
ちょっといい加減な感じに見える。
しかしおっさんたちや早苗ちゃんと交流を深めるうちに、
どんどん男前になっていく。
みんながいい方向に進んでいくドラマは、
ポジティブな気持ちにさせてくれるから好きだ。

還暦世代と10代との濃密な交流は
なかなか実現しないような気がするけれど、
この物語では若者世代が還暦世代を心から尊敬して、
ともに行動する展開となっている。
今後理想的な町内会ができあがっていくのでは?と、
いつしか架空の街に期待している私。
おっさんたちが活躍する場は、数限りなくあるのではないだろうか。
そこで、この作品も続編をどんどん描いていただきたい。
今後は祐希と早苗には大学受験、また、
中学の飼育当番2人には高校受験が控えているが、
どうなるのだろう。
祐希の母親はパートに出始めたらしいが、
はたしてお嬢様を卒業できるのか。
教育現場での「閉じた輪」が開くときは来るのだろうか。

テレビドラマにしても面白そうだ。
今旬の壮年俳優と新人たちを起用し、
一話完結編を作ってくれたら…。
考えるだけで楽しい。

身近なエピソードが有川さんの手にかかると
これほど痛快な活劇になるとは!
ドラマになりそうな話題を、自分でも見つけてみようか。

trackback

「三匹のおっさん」 有川浩 :TK.blog

『三匹のおっさん』    著者:有川浩  イラスト:須藤真澄  出版社:文藝春秋 <簡単なあらすじ> 定年退職後に近所のアミュ...

コメント

な、な、なんですかこれは(驚)?!

表紙を見たあとに目に入ってきた言葉は有川浩。
え~~!!って思っちゃいました^^;だって有川さんのイメージはラブラブ、
この「じゃりン子チエ」ちっくな表紙は全くイメージしてなかったので驚きましたよ。。

孔雀の森さんの感想を拝見していると探偵のノリや恋愛モノが盛り込まれており
とっても楽しそうな雰囲気♪早速図書館で予約しました^^←300人待ちでした…(TT)。

久しく有川さんを忘れていた私に新作を思い出させていただき感謝です♪
↑新作だと思っていたら3月に刊行でしたのね…^^;

この表紙と有川浩、最初は結びつきませんね~

TKATさん、こんにちは♪
ね、この表紙、意外でしょ?
「じゃりン子チエ」、なるほどね~
これは自信を持ってお勧めできる一冊です。
『阪急電車』に、おじさんが席取りした女子高生を一喝する話が
ありましたよね。その場面を思い出しました。
台詞回しは小気味よく、リアル。有川さんの観察眼の鋭さ、
引き出しの大きさが感じられます。
恋愛…フフフ… ご期待くださいませ♪

「300人待ち」って、うちの市とは規模が違いますね~
でもそれだけ多ければ蔵書を増やしてくれるのでは?

ご感想、楽しみにしてま~す。

予約して4ヵ月

やっと手元にきましたよー(TT)。
いやいや、長い間待った甲斐があったというもんです。
面白かった!三匹のおっさんはそれぞれいい味出していて良かったです^^
体系の割りにさほど活躍がなかったシゲさんは、よそに心奪われた奥様に
騙されていることを言わず、"その男は幽霊になってお前の前に現れた"と
言ったのにはジーンときちゃいました。
キヨさんは筋が通ってるし、ノリさんは危険だけど(笑)良い父親。
こんなおっさん達がいると町は安泰だわ(笑)。

>テレビドラマにしても面白そうだ。

やはりそう思われましたか!私もですよ♪
俳優起用、演出さえ的を外してなければ面白いと思います^^

キヨさん…60歳の頃の小松政夫さん(髪型だけで判断w)
シゲさん…15年後の武野功雄さん
ノリさん…Mr.オクレさん

いや、このキャスティングは著しく間違ってる(笑)。意外と難しいわ~。

実写版、観たいですね~

TKATさん、こんにちは♪
4ヶ月で300人を消化…すごい!でもやっぱり長いですよね。
こちらでは、半年前50人目で予約した本がまだ到着しません。
きっと、待つ甲斐はありますよね!

三匹のおっさんはそれぞれ個性あふれて、ホント面白かったですね。
シゲさんは、ちょっと地味な存在でしたが、あの心遣い、胸に響きました。
高校生カップルはまだまだベタ甘には遠いですか。
きっとこれからよね~
祐希クンが自分の本当の気持ちに気づいて、自転車に乗って
「ちくしょ~」と叫んでいる姿が無性に愛おしかったです。

ドラマ化については、おっしゃるようにキャスティングを誤らなければ
面白くなりそうですね。
残念ながら役者さんに疎いので、頭に思い浮かばないのですが…。

彼らの今後を知りたい気分!!
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。