近藤史恵『サクリファイス』 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近藤史恵『サクリファイス』

20080919


出版社: 新潮社
刊行年: 2008年4月(初版は2007年8月) 
受 賞: 大藪春彦賞 / 第5回本屋大賞2位



<あらすじ>
白石誓<チカウ>はプロのサイクルレーサー。
高校時代は陸上競技でインターハイチャンピオンの実績があったが、大学進学後は自転車競技の道に方向転換する。
卒業後はチーム・オッジに所属。チームメートはエースの石尾をはじめ、赤城、山中、篠崎、そして同期の伊庭など、精鋭ぞろいだ。
新人として抜擢された最初のレースで、彼は勝利をエースに託すアシストとしての役割を与えられ、成功。この仕事が自分に向いていると確信する。
ツール・ド・ジャポン、さらにリエージュ・ルクセンブルクのレースを通して誓が見たものは…。
<感想など>
自転車ロードレースの知識は全くありませんでしたが、主人公の目を通して初歩的な説明がなされており、この競技の特殊性がよくわかりました。
驚いたのは、エースを勝たせるための仕事に専念する「アシスト」の存在。
エースの前を走って誘導したり、レースの駆け引きを読んで率先してアタックをかけたりして、エースをトップに立たせる役割を担うのです。

誓が、陸上界でトップであり続けるプレッシャーに苦しんでいた時、見つけた自転車競技の道。
しかし表彰台を自ら放棄するような仕事って、元チャンピオンとしてどうなのだろうと、最初のうちはその気持ちがよくわかりませんでした。
また、元カノもその決意に関連しているかのような展開に惑わされました。
次第にその仕事に生きがいを見出していく過程で、ようやく彼の気持ちが半分くらいわかった気分。
肉体を極限まで酷使してその先に見えるものは何なのでしょう。

最後まで読んで気づいたのは、これはエース石尾の物語だということ。
その結末に至るまでの展開が、辻褄合わせにも思えてきます。
主人公をはじめ、チームメイトも元カノも、更に<サントス・カンタン>のマルケスまで、すべては石尾の駒だったのでは?と、愕然…。
謎めいた部分は全て誓の疑問や推理です。
それが二転三転してサスペンス的な色あいを見せていますが、決してミステリーのジャンルではないと思います。
作中の人間の生き方、考え方をどうとらえるか、と問いかけられ、答えに詰まっている自分を感じます。
タイトル《サクリファイス》の本当の意味はわかりましたが、そこまで《サクリファイス》を自分に課す人間が果たしているだろうかと、複雑な思いでページを閉じたのでした。

trackback

「サクリファイス」 近藤史恵 :TK.blog

『サクリファイス』    著者:近藤史恵  出版社:新潮社 <簡単なあらすじ> ロードレース――ヨーロッパでは紳士のスポー...

コメント

さわやか系ではなかったですね^^;

こんばんは^^
確かにこれはエース石尾の物語ですよね。途中、白石までもが石尾の犠牲に
なってしまうのか?!と思わせておいて予想もしなかった方向に進んでしまい・・・。
まぁ、ここから少しサスペンス調になっていくんですよね。
レースにかける思いが強く、それぞれが自分の方法でそれを結果に繋げようとする。
サスペンスというより人間ドラマを見てるようでした。

ん?この本って第5回本屋大賞2位なんですか?
わかるような気がする!近藤史恵さんに少し興味が出てきました^^
ほかのも借りてこようかしら。

どんでん返しでした…

TKATさん、こんにちは♪
留守にしていてコメントが遅くなってすみません。
『Story Seller ストーリー・セラー』、まだ読んでいません。
今レビューを拝見しました。面白そうですね。是非読んでみたいです。
本屋大賞で上位の本は、興味のある内容のものが多いです。
来年も要チェックだわ!!
おっしゃるとおり、人間ドラマですよね。
最初は犯人探しのような雰囲気でしたが、最後は「あっ」という感じで。
上にも書いたのですが、サクリファイスを自分に課す心境が、
私にはどうも理解できません。(人間できていないんだワ)
各人物の外伝を読んでみたいものです。
そうしたら少しは理解できるかもしれません。
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。