アザー・ハーフ : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アザー・ハーフ

20080901


 2006年/中国/1時間40分
 (中国インディペンデント映画祭にて鑑賞)
 監 督  応 亮(イン・リャン)
 原 題  另一半/THE OTHER HALF
 出 演  曹暁菲(ツォン・シャオフェイ)
        鋼(ドン・ガン)

<あらすじ>
小芬(曹暁菲)は、法律事務所で相談内容の記録をとる仕事をしている。同棲中の鋼(鋼)は酒びたりのぐうたら者だが、小芬は別れるつもりはない。
彼らが住む地方には工場が多く大気汚染が深刻だ。小芬は喘息を患い長い間苦しんできた。
ある日母親が小芬に見合い話を持ってくる。相手は40代の会社社長。小芬はしぶしぶ会うが、彼の話を聞こうともしない。小芬がしばらく席を立ったすきに鋼が闖入、見合いの場をめちゃめちゃにしてしまう。

<感想など>
まるでドキュメンタリーを観ているようです。
法律事務所に相談に来る人々は、どの顔も真剣そのもの。
彼らに共通するのは、自分の正当性を絶対に崩そうとしないことです。

5歳の息子を連れてきた母親は、離婚した夫が持っている親権を取り戻そうと、虐待の事実を作り出そうと必死です。
息子が通常より小柄だ、ぶたれた後がある、などなど。
滑稽ですが、このお母さんの気持ちは痛いほど伝わってきます。

ちょっとふてくされたような女の子もリアルです。
退学になったいきさつを話しながら、手元のコップをいじくりまわし、挙句のはてに弁護士に水をぶっ掛けます。その瞬間見せた、いたずらっ子の笑顔が頭から離れません。

別れた夫に買ってやった服をごっそり持ってきた女性。
「私の金で買ってやったから当然私のもの」と譲らない彼女に弁護士は「それは違う」と説明するのですが、なかなかわかってもらえません。
自分の中で正当性が確立してしまうと、それを崩すのは難しいんだなあ、と実感。
(そういう面が自分の中にもあることに気づいた私…)

ほとんど姿を見せない弁護士が、映画全体のかじ取り役にも思えます。
相談者の気持ちをすくい上げるような、丁寧な応対には心理療法士的な面を感じました。

その一方で、小芬の人生が語られます。
彼女はスタイル抜群、顔もきれいで、みんなに「チャン・ツィイーみたい」と言われるほど。
そうか。章子怡(チャン・ツィイー)が美人の代名詞になっているのですね。
でも小芬はそう言われてもあまり嬉しそうではありません。
「だから何なの?」っていう感じで、態度は一貫してクールです。
最初から最後まで、彼女はほとんど笑顔を見せません。
何年も音沙汰がなかった父親が不意に帰ってきて、家族で暮らそうと言い出します。
前向きに考える母親とは逆に、小芬は全く乗り気になりません。
そんな中、友人の蓮蓮のことは親身になって考えているし、男朋友の鋼のことは、本気で心配しています。
彼女の意志の強さが、すらりと伸びた四肢と背筋にあらわれ、ほんとに美しいです。

劇場入り口でもらったチラシには、監督からのメッセージとして「物語中の災難は事実ではない」と書かれてあります。
しかし街に流される放送や人々の台詞はリアルで、演じているようには見えません。
この街を襲った災難は、警鐘ではなく、現実に思えて仕方がないのです。
不安感、恐怖感がじわじわと押し寄せてくるような作品でした。

コメント

どうしてこのタイトルなんだろう?

こんにちは!
私が観たかった作品だ~。孔雀の森さんの感想を拝見し、そういう内容だったんだと興味深く読ませてもらいました^^私が持っているA5サイズの『中国インディペンデント映画祭』の小豆色のチラシには(関東でも同じチラシなのかな?)、町で殺人事件が起こり恋人が失踪って書いてあるんですが、どちらかと言えば法律事務所に来るお客さんがメインなのでしょうか。

「物語中の災難は事実ではない」という監督のメッセージは何を意味するのかな?全ての中国人はこうじゃないよ~!という意味(笑)?検閲を通してないといってもやはり愛国心から? ←観てないのに好き勝手言ってる私^^;なんか的外れなこと言ってるような気がする…
「残り半分」or「他の半分」って意味のタイトルですが、どんな意味があるのかな?

タイトル…私も今考えました

TKATさん、こんにちは♪
私がいただいたチラシは、別のものだと思います。
でも作品紹介文は同じかもしれませんね。
確かに「町で殺人事件が起こり恋人が失踪」って書いてあります。

>どちらかと言えば法律事務所に来るお客さんがメインなのでしょうか。
お客さんも、他の出来事もメインだと思います。(なんて答えになっていなくてゴメンナサイ)
いろいろと興味深いことがたくさんありました。

>物語中の災難は事実ではない」という監督のメッセージは何を意味するのかな?
物語では大きな災難が発生するのですが、これは「事実ではありません」という、監督のことわりではないでしょうか。
「すべてフィクションです」っていう意味で。

>「残り半分」or「他の半分」って意味のタイトルですが、どんな意味があるのかな?
あくまでも私の推論ですが、「カップルのもう片方」、つまり「彼」「彼女」っていうことじゃないかな。
観た後にこう考えました。
なんかこれ以上書いたらネタバレになりそうです。

TKATさんのご感想、楽しみにしてます♪
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。