881 歌え!パパイヤ : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

881 歌え!パパイヤ

20080816

881-3
2007年/シンガポール/1時間49分(劇場にて鑑賞)
監 督  ロイストン・タン
出 演  ミンディ・オン  ヤオ・ヤンヤン  チー・ユーウー
      リウ・リンリン  メイ&チョイ

<あらすじ>
リトル・パパイヤ(ミンディ・オン)とビッグ・パパイヤ(ヤオ・ヤンヤン)は、リンおばさん(リウ・リンリン)の指導の下、ゲータイ(歌台)歌手としてのレッスンを積む。おばさんはゲータイの女神(リウ・リンリン2役)に彼女たち「パパイヤ・シスターズ」の成功を祈願した。そんな彼女たちの前に立ちはだかるのが「ドリアン・シスターズ」。やがて2組はチャンピオンを決めるためゲータイのステージで激突することとなる。リトル・パパイヤは日々悪化する病をおして、ビッグ・パパイヤと共に練習に励むのだった。
<感想など>
今まで見た中国語圏の映画では味わったことがない、独特の世界が広がっていました。
ゲータイ(歌台)とは、旧暦の7月、霊を迎えるためシンガポール各地で行われるステージとのこと。
日本でいう盆踊りの意味合いを持つのでしょうか。
でも彼女たちの動きは、盆踊りよりも大きく、衣装もカラフル。
ちょっとダサいところもあるけれど、それはご愛嬌です。
年に一度帰ってくる霊たちも、彼女たちのステージを楽しみにしていることでしょう。(笑)
こちらに関連サイトがあります。→http://getai.stomp.com.sg/getai/index.jsp

キュートなリトルとビッグ、懐の深いリンおばさんと、無口な息子、グアン・イン(チー・ユーウー)。
不思議な雰囲気を持ったチームです。
派手な衣装とパワフルなステージの裏側で、それぞれが心に深い悩みや傷を抱え、己の人生と向き合っています。
しんみりしたかと思えば、ビーム光線が飛び交い、登場人物はミュージカル風に真情を吐露します。
きらびやかな姿から流れる暗い歌詞と哀調を帯びたメロディに、最初のうち違和感がありましたが、予測不能な画面構成と展開にかえって引きつけられます。
終盤でカメラがリトルの周りをゆっくり回り、時間の推移が映し出されると、彼女の無念さに胸が締め付けられました。

さて、パパイヤ・シスターズの姿には、どこか懐かしさも感じます。
そうそう、あのピンク・レディです。
似たような化粧、似たような衣装で息のあったステージをこなす彼女たち。
笑顔でパワフルに舞台を駆け回る姿が重なりました。

歌は福建語で台詞は福建語と華語(北京語)。リンおばさんの言葉が、字幕に関西弁で表記してある点がユニーク。関西の方々にはどう映るでしょう。

そのうち、ゲータイの季節に合わせてシンガポールに行ってみたいです。

trackback

881 歌え!パパイヤ :龍眼日記 Longan Diary

注)ネタバレしてます。 シンガポールで旧暦の7月に死者の霊を楽しませるために行われるゲータイ(歌台)。 子供の頃からゲータイの歌手になることが夢だったビッグ・パパイヤ(ヤオ・ヤンヤン)と リトル・パパイヤ(ミンディー・オン)はある年のゲータイで出会い

コメント

おもしろかったです♪

孔雀の森さん、こんばんは。
私は公開2日目に鑑賞。でもしっかり初日の特典プレゼントをもらってしまいました。
(あまっていたのね・・・笑)
リンおばさんのしゃべる言葉・・・どこの方言かな?と気になっていたのですが、
やっぱり福建語でしたか。
そのへんの事情をわからないとどうして関西弁?と不思議に思うかもしれませんねー。
パパイヤ・シスターズとピンクレディですか!
なるほど、そう言われれば!ですね。
次回シンガポールを訪れる時はホンモノのゲータイを見てみたいです!

実は公開初日でした

sabunoriさん、こんにちは♪
実はこの作品、公開初日の3回目に鑑賞したのでした。
アップしたのはその1週間後なんですが。(笑)
sabunoriさんのプレゼントは何だったのでしょう。
私がもらったのは「カヤ」っていう、ココナツジャムみたいな瓶詰めでした。
トーストにぬるとメチャおいしかった!!
ところであの福建語ですが、これはプログラムからの受け売りです。聞いても何処の言葉だか全然分かりません。
中国の言葉は方言と言うより、それぞれが独立した外国語のようで、北京語との会話がそもそも成り立つんだろーかと思ってしまいます。
いやはや、ほんとに楽しめる作品でした。
本物のゲータイ、見たいですね!!

私ももらいました!

孔雀の森さん、しつこくこんにちは。(笑)
初日プレゼント、こちらもカヤジャムありました。
カヤジャム2種類と海南チキンライスかラクサのレトルト、
4種類の中から選べたのでダンナと私2人でカヤジャムとラクサをいただきました。
カヤジャムは甘くて素朴な味がいいですね♪
ラクサはもったいなくて(笑)まだ手をつけていませーん。

うらやまし~

sabunoriさん、こんにちは♪
わぁい、お答えありがとうございま~す。
選択肢があったのですか。それも4種類!!
私の方はただカヤジャムを渡されただけでした。
最初からこれだけだったのか、それとも他のプレゼントもあったけれど1,2回目で終了したのか、そこのところはわかりませんが、sabunoriさんのお話はなんともうらやましいワ。
今度プレゼントがあるとわかったら家族で行きたいものです。
ジャムをもらったときはラッキー!っていう気分!!今すぐにでもシンガポールに行きたい!と思ってしまいましたよ。(単純です:笑)
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。