有川 浩『別冊図書館戦争Ⅰ』 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川 浩『別冊図書館戦争Ⅰ』

20080807


出版社: アスキー・メディアワークス

刊行年: 2008年4月



<あらすじ>
郁は、重傷で入院した堂上を毎日見舞う。そして晴れて「カップル成立」。堂上の復帰後は、貴重本ばかり盗難する犯人の確保、酔っ払いへの対応、煙が充満する館内に取り残された子供の救出などの重要な場面で、郁が大活躍。一方プライベートでは、郁は堂上宅で彼の両親、妹に会い、2人の仲は進展するかのように見えたが、互いに今一歩のところで踏み込めない。
郁のルームメイト柴崎と、堂上の親友小牧は、慎重な2人にいろいろとアドバイスをする。
そして…

<感想など>
『図書館革命』のラストでは、病室でかなり進展した2人が突然新婚さんになっていて、度肝を抜かれた。
この『別冊図書館戦争Ⅰ』には、その一足飛びする間の出来事が描かれている。
最初はハッピーエンドがお約束された2人の恋バナなんてどうよ!と乗り気ではなかったが、そこはさすがに図書館シリーズ。ベタ甘ストーリーの中に現代社会が抱える問題点を織り込み、一気に読ませてくれた。

図書館の貴重な本ばかりをねらう学生の話は、最高学府の歪みを露呈する内容で、ショッキングだ。
実際にはこんなことはない、と信じるしかないだろう。
学問の発展の過程に犯罪が絡んでいるとすれば、私たちは何を信じて勉強すればいいのか。
図書館の盲点も問題視している点で、興味深いエピソードだった。

後半では、良化委員会推奨語ばかりを使って差別的な内容を書く作家、木島ジンが問題となる。
さて、この木島ジンという人物に、果たして悪意はあるのだろうか。
本人は登場せず、雑誌の対談だけで作者の人となりを推測するのは難しい。
著書の内容は、明らかに教育関係者が眉をひそめるような内容らしい。
良化委員会に対する大胆な挑戦を主張する木島ジン。
彼の対談内容を読んでいくと、日本と日本語の将来に危機感をおぼえる。
この続きがあるなら、是非彼自身を登場させてほしい。

ところで、今回は恋する2人に関してかなり際どいシーンが出てくるが、色気はほとんど感じられない。
「それ」を表す言葉を一切使っていないからだろう。
むしろ2人の会話の方に「色」を感じる。
有川浩さん自身にも木島ジン的要素はあるのではないだろうか。ただし木島氏とは逆の効用をねらっての表現だ。
性的表現を使わずにその場面を描ききる、というのが、著者の一種の挑戦にも受け取れる。
中学校、高校の図書室の多くは、このシリーズを置いているのではないかと思う。

別冊2巻目に望むこと。
①手塚、柴崎の2人を進展させてあげて!
②木島ジンを登場させてほしい。
③郁が母親と和解すること。
④手塚兄弟を頻繁に登場させてほしい。

この手の要求は後から後からどんどん出てきてキリがないので、この辺でおしまいにします。

<追記>
2巻目はすでに発売になっていますね。
私の「お願い」は聞き入れてくれたのでしょうか…。(笑)
ともかく楽しみがまた増えました♪

trackback

「別冊図書館戦争?」 有川浩 :TK.blog

『別冊図書館戦争?』    著者:有川浩  イラスト:徒花スクモ  出版社:メディアワークス  ※『図書館革命』のネタバレあ...

コメント

ぎゃぁ~~!

こんばんは^^
なんて偶然なの~!!私もつい先日、この本を読み終えたとこなんです!
前も同時期に同じ本を読んでたことがありましたよね。
うわ~、孔雀の森さんが男性なら赤い糸で結ばれる運命だったかもしれない(笑)。
なんだか嬉しくって思わずコメントを書いてしまいました^^;
私も近々感想をアップしまーす♪

ぎゃぁ~~!(2)

TKATさん、おはようございます♪
赤い糸?いや、私は男じゃないのでテレパシー?
前も図書館シリーズでしたね。2度あることは3度…なあんてね。
でもTKATさん、もしかして少しの間私のUPを待っててくれたんじゃないかと思い、
その優しさに感謝!です。
ご感想、楽しみにしてま~す!!

ベタ甘と図書館問題の融合?

こんばんは^^

>でもTKATさん、もしかして少しの間私のUPを待っててくれたんじゃないかと思い、
感謝してくださってとっても嬉しいですが、待ってないですよ~(笑)。
偶然っておそろしいもんです。私たち、テレパシーで繋がってるのかしら♪

有川浩さん自身=木島ジン的要素は私も感じました。木島ジンの再登場を望む!
そして性的表現を使わずにその場面を描ききるという面では、
いやらしさがなくむしろ微笑ましかったり^^だって肩を噛むんですよ(笑)?!
個性あるキャラたちばかりなので、まだまだ続編が出せそうですよね。
次が楽しみです♪早く読みたいけど最寄りの図書館にはまだ置いてないようです(><)。
そのかわり有川浩さんの他の著書を予約しました。でもこちらもすごい予約待ち!
凄い人気ですね~。

P.S またTB失敗(><)。また後日…。いつも先にTBしていただいて申し訳ないです!

ラブの甘さと問題追求の辛さ!

TKATさん、こんばんは~
ご感想、お待ちしてました~(嬉)
>テレパシーで繋がってるのかしら♪
うん、うん、テレパシーを信じてもよさそう!非科学的なものは信じない私なんですけどね。今回は特別!

>だって肩を噛むんですよ(笑)?!
その場面を想像してみましたが、どうしたらそうなるんだろ?と、不思議!

>そのかわり有川浩さんの他の著書を予約しました。
もしかして『ラブコメ今昔』じゃありません?さっきこれを予約したんです。

はやくⅡが読みたいですね♪
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。