有川 浩『阪急電車』 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川 浩『阪急電車』

20080801


出版社: 幻冬社

刊行年: 2008年1月



<登場人物>
【征志とユキ】
征志は図書館で本の<争奪戦>に敗れてからその女性が気になっていた。後日彼女の読書傾向に共感してますます興味がわく。そんなある日、彼女と電車で隣同士となる。
【時江と翔子】
孫娘と電車に乗って真っ白なドレスをまとった若い女性が目に留まった。孫娘が「お嫁さん」と声をかけると、彼女は思わず涙をこぼした。彼女は恋敵の結婚式から帰る途中だった。いろいろ話したあと、別れ際に時江は彼女にあるアドバイスをする。
【時江とミサ】
ミサとカツヤは電車の中で派手に喧嘩をした。きっかけは些細なことだったが、カツヤは電車のドアをけり、暴言をはき、ミサを転ばせて途中の駅で降りてしまった。これを見て泣き出した孫娘を時江があやす。ミサが謝ると、時江は彼女に端的なアドバイスをする。
【圭一と美帆】
車窓から見えた軍用ヘリがきっかけで、圭一と美帆は言葉を交わすようになる。互いに異性との付き合いは初めてで、同じ大学の1年生だ。
【女子高生たちとミサ】
女子高生の声がやかましい。その中の一人、悦子の彼氏は社会人なのに漢字をロクに知らない、という話題で大いに盛り上がっていた。しかしその彼氏は思いやりに溢れている様子。これを聞いたミサは粗暴なカツヤに熱を上げていた自分が情けなくなる。
【オバサン連と翔子とミサ】
翔子が座ろうとした席に、中年女性がバッグを放り込み、仲間のために席を取ってしまった。隣に座っていたミサは唖然とし、翔子は一言つぶやいて隣の車両に移る。席を取ってもらった女性はバツが悪そうだ。

<感想など>
昨夜「阪急電車」の夢を見た。
と言っても実際に乗ったことはないので、そのあずき色の電車を「阪急電車」と思い込んでいたに過ぎないのだが。
ドラマの光景が夢で再現されたわけではなく、ただ乗車した感覚だけが残っている。

阪急電車を知っている人には、どの光景もリアルに映るだろう。
しかし私のように知らない者にとっても、目に見えるようで、しかも懐かしい気持ちになる。
今度、文字から想像した風景と実際の風景を見比べに行きたいものだ。

「阪急電車」の今津線沿線の駅名を各章として、電車は、前半は宝塚駅から西宮北口駅までの8駅を、後半は逆方向に8駅を、ゆるゆると進行する。
実際は「ゆるゆる」ではないだろうが、風景やドラマはゆったりと流れ、電車のスピード感がない。
折り返し地点を境に、電車は半年後の彼らを乗せて走っていく。

今まで電車に乗って周りの見ず知らずの人と話したことが幾度あっただろうか。
思い返してほとんどないことがわかった。
知らない者同士がふしたきっかけで声を掛けあって共感が生まれ、輪が広がっていく。
実際に体験できたらステキだな、という出会いがいくつもあった。
その出会いが人生の岐路を導く可能性があるとすれば、これは何という偶然だろう。
どの人物も、周りの人に多少なりとも影響を与えながら目的地に向かっているのだ。
ドラマが終って「行きずり」の登場人物たちが一堂に会したら、たちまち話に花が咲くのではないだろうか。

中洲の「生」の字の解釈、
うるさいおばさん連中の噂、
大学受験の結果、
転職や引っ越しの成り行き、
恋人との新たな展開、
彼氏の漢字の上達具合、
犬のお散歩などなど…。
著者はあとがきで「この電車は回送となりますのでご乗車になれません」と書いているが、何年かたったら、また彼らと同じ電車に乗ってみたい。

trackback

「阪急電車」 有川浩 :TK.blog

『阪急電車』   著者: 有川浩  出版社:幻冬舎 <簡単なあらすじ> 阪急今津線に乗る人々のそれぞの物語。主な登場人物は・...

コメント

日常的かつ非日常的

おはようございます^^
読まれましたか!確かこの本、カバーを外すと本体があずき色だったか阪急電車が載っていたか…忘れちゃいましたが本体にも何かあったような記憶があります。

>今まで電車に乗って周りの見ず知らずの人と話したことが幾度あっただろうか。
私も思い返してみるとないですねぇ。そう思うとこの小説はそんな簡単に話しする?というのもあれば、こういう出会いがあってもいいかもしれないと思うものまで様々な出会いがありますね。日常的な光景だけど一歩踏み込んだ電車の中という感じでしょうか。

>実際は「ゆるゆる」ではないだろうが、風景やドラマはゆったりと流れ、電車のスピード感がない。
他の電車に比べたら実際「ゆるゆる」です(笑)。スピード感は確かにないですよ^^そこがまたいいんです^^

ステキな出会いがあったら…

TKATさん、こんばんは。
本体、あずき色なんですか?
今ちらりとカバーの中の背表紙を見たら、やっぱりあずき色でした!
図書館の本でブッカーがかけてあるので全部は見られませんでしたが。

>日常的な光景だけど一歩踏み込んだ電車の中という感じでしょうか。
なるほど!よくわかります。一歩踏み込んだことで何かが変わったとしたら、奇跡だわ~

>他の電車に比べたら実際「ゆるゆる」です(笑)。
えっ、そうなんですか?私は速い電車だと思っていました。
ますます乗ってみたくなりましたよ♪
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。