有川 浩『図書館革命』 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川 浩『図書館革命』

20080517


出版社: メディアワークス

刊行年: 2007年



やっとリクエストの順番が回ってきた。手に取り怒涛の勢いで読み始めたが、電車の中で顔がにやけてしかたがない。正面をチラリと見たら幸いみんな寝ていたのでちょっと安心。ポーカーフェイスで読み続ける自信もなく、そのまま寝たフリをした…。
以下ネタバレです。


<あらすじ>
正化34年1月。原子力発電所にヘリコプターが突っ込むテロ事件が発生する。この展開が著名な作家当麻蔵人<トウマクラト>が書いた『原発危機』と酷似していたことから、良化特務機関が当麻の確保に乗り出す。そんな中、図書隊の堂上班が当麻の護衛を任される。当麻はメディア良化委員会を相手取り、表現の自由の侵害を訴える裁判を起こすのだが…。
柴崎は「未来企画」の手塚慧と一時的に手を組むことを画策、彼をメディアに出して、良化委員会の理不尽な検閲について議論させる。
やがて笠原郁の提案により、当麻は亡命に向けて動き出す。

<感想など>
図書館シリーズの第4弾!とうとう完結!!何だか寂しい…と思ったけれど、物語はさらに枝葉を伸ばしそうだ。最後の最後で何となく気になる新キャラが登場。また『別冊図書館戦争Ⅰ』には続きがあるはずだ。番外編のストーリーは際限なく生まれそうな気がする。

今回は言論統制に対する怒りと、表現の自由を守るために奔走する人々の姿が物語の中心を貫いている。世論の力も借りて良化委員会のあり方に疑問が投げられ、世の中が少しずつ変わっていく気配に、希望が出てくる。(物語なのだけど)
良化委員会の検閲行為が緩やかになり、最終的には図書隊が必要のない世の中になることが理想である。
終盤には「図書隊がなくなるかも」という言葉もささやかれ、ますます今後(もう終わりなんだけど)が気になってくる。

『図書館戦争』を読み始めた頃、こんなベタ甘全開の展開を誰が予想しただろうか。4巻の中ではこの『図書館革命』が一番甘いだろう。それもしつこい甘さでいつまでも口の中に残っている。(笑)
相手の言葉や行動の一つ一つに赤面する郁に対し、堂上はかなりはっきりと自分の気持ちを表す。けれどはっきりと「好き」と口に出すのは郁の方だ。彼女はいつも切羽詰った時に自分の気持ちをぶちまける。そんな彼女が私は大好きだ。
ここまで進展する日が来るなんて…と2人の成長ぶりに思わず目を細めてしまった。
と思っていると、ラストではもっと信じられない結末が待っていた。どうやらエピローグまでの間に『別冊図書館戦争Ⅰ』が入っている模様。

今後注目したいのは柴崎&手塚である。意外なことに、二人とも笠原&堂上よりオクテだ。作者はこの二人をどう料理するのだろうか。楽しみだ。

1巻から4巻まで失速せずに読ませたのは、魅力あるキャラクターによるところが大きいと思う。彼らの物語に「~エンド」はない。人と人との関係が続く限りエピソードも次々と生まれるのだから。この物語では誰もが幸せになるような気がする。現に今回は手塚慧がだんだん魅力ある人物になってきた。
番外編には大いに期待したい。

trackback

「図書館革命」 有川浩 :TK.blog

『図書館革命』     著者:有川浩  イラスト:徒花スクモ  出版社:メディアワークス      ※シリーズ順に感想を書い...

コメント

郁同様にキャラ読みしちゃいました(笑)。

こんばんは♪
なんて偶然なんでしょ!私も昨日読み終えたところなんです!!
孔雀の森さんと同時期にリクエストの順番が回ってきてただなんて運命を感じるわ(笑)。

柴崎&手塚は今後の展開が楽しみですよね~。この2人のを簡単にくっつけなかったのは、
おそらく続編でいくつかのエピソードがあり、それを乗り越えさすのかな。
手塚兄も準主役級の活躍で、ホント魅力あるキャラになってましたね♪番外編が楽しみです^^

私もキャラ読みです♪

TKATさん、こんにちは!
偶然ですね、同時にリクエストの順番がくるなんて♪
いやほんとに運命としか言いようがありません。(笑)
お互いリクエストしてからの道のりは長かったですね。

おっしゃるように、柴崎&手塚には数々のエピソードがあるんでしょうね。
手塚が「(2人の間に)何にもなかったわけじゃないけど」というような微妙な言い方してるし、きっと3回の○○だけではないいだろう、と勝手に推測してますが…。
今度は『別冊図書館戦争Ⅰ』ですね。先日近所の図書館の新着図書欄にタイトルを見つけ早速リクエストしました。でも私より早く目をつけていた人が大勢いたようで、また回ってくるのはだいぶ先になりそう。
ともかく楽しみですね♪
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。