王妃の紋章 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王妃の紋章

20080414


 2006年/中国/1時間54分(劇場にて鑑賞)

 監 督  張芸謀(チャン・イーモウ)

 原 題  満城尽帯黄金甲 / CURSE OF THE GOLDEN FLOWER

 出 演  周潤發(チョウ・ユンファ) 鞏 俐(コン・リー)
       劉 (リウ・イェ) 周杰倫(ジェイ・チョウ)
       李 曼(リー・マン) 倪大紅(ニー・ダーホン)
       陳 謹(チェン・ジン) 秦俊杰(チン・ジュンジエ)



けたたましい銅鑼と太鼓の音に鼓膜が震え、豪華絢爛な世界に目がくらむ。
原作は曹禺(1910~96)の古典的戯曲『雷雨』。近現代の舞台を五代十国、後唐の時代(923~36)に置き換えた、リメイク的作品とのこと。
原作通りの時代を描けば、一家が崩壊していった社会背景が浮き彫りになり、テーマも明確になるのだろう。しかし1000年以上前の時代では「一つの王朝が滅びる過程」という一定のとらえ方になってしまう。
物語は、冷え切った夫婦関係、不倫、近親相姦、裏切り、暗殺計画…と、今までドラマで観てきたドロドロな展開をただ「並べる」だけで、そこから明確なメッセージを読み取ることはできない。
しかし「号令一つでこれだけの大人数を動かせるのだ」という自信は強烈に伝わってきた。
オリンピックに向けての意気込みを見せるためには華やかな舞台が必要だ。そのための時代設定と言えるかも知れない。

金ピカの衣装、黄色い菊の海、息を呑むアクション、贅を尽くした調度品の数々…。
この際物語の筋など気にせず、ゴージャスな雰囲気と豪華キャストの競演を堪能するとしよう。

王(周潤發)と王妃(鞏俐)が並んだ図はまさに荘厳。黄金で塗り固められた仮面夫婦だ。
それに長男祥王子(劉)、次男傑王子(周杰倫)と、スターが勢ぞろい。
三男成王子(秦俊杰)の初々しさには思わず身を乗り出し、謎めいた蔣氏(陳謹)には想像を巡らす。
きらびやかな王一族よりも、脇を固める地味な人物の方がなぜか印象深い。
蔣医師(倪大紅)の顔に刻まれた皺からは人生の年輪がうかがえ、蔣氏のカンフーからは身を守る必然性が感じられる。蔣嬋(李曼)の切れ長の眼に宿る光は暗く、薄幸をにおわせる。王一族の対極として、この家族には存在感がある。

最後に残った疑問。
為政者として、一人の親として、これほど残忍にならざるを得ない背景は何だったのか。
923年からたった13年で終った国。幕を下したのが王自身だったとは。映画はここまでは語っていないが、その事実は十分察することができる。

ふと、以前観たドラマ『風雲』で悪辣な師匠を演じた千葉真一の姿が眼に浮かんだ。
なお一緒に観た夫は、チョウ・ユンファが勝新太郎にそっくりだと言っていた。

trackback

王妃の紋章(滿城盡帶?金甲) :龍眼日記 Longan Diary

中国、時は五大十国後唐の時代。 絶大なる権力を持つ王(チョウ・ユンファ:周潤發)と美しい王妃(コン・リー:鞏俐) そして王と前妻の間に生まれた皇太子祥(リウ・イエ:劉燁)、 父とともに外地に赴いていた第二皇子傑(ジェイ・チョウ:周杰倫) まだあどけな

コメント

豪華絢爛

孔雀の森さんこんばんは♪
いやいやいや・・・豪華絢爛の悪趣味的色彩もここまでくればあっぱれ!と言わざるを得ません。
その城内部で起こるドロドロとしたドラマ。
はっきり言って好きです。(笑)
ところで孔雀の森さんのレビューを拝見していろいろ勉強させていただいたのですが(不勉強です、はい)たった13年で終わってしまった国なのですね。
しかしあの結末を見ればもうどうにもならないのは明らかですよね。
私も王があそこまで残忍にならざるをえない理由が知りたいと思いました。
ところで周潤發が勝新太郎に似ている・・・言われてみれば本当ですね、今気づきました。

TBありがとうございます

sabunoriさん、こんにちは♪
ほんとに豪華絢爛でしたね!!
次はどんな場面なんだろうと期待しながら、息を呑む思いで観ていました。
たまたま手元に年表があって参照したらこんなに短命な国だと分かり、興味がわいてきました。
レビュー書いてから知ったことなんですが、13年の間に政権交代が3回もあったそうです。
ということは、映画の中より「登場人物」が多く、もっとドロドロしてたかも…なんて想像するとドキドキしてきました。
観ているときはそのドロドロにうんざりだったのに。(笑)

>周潤發が勝新太郎に似ている
この説を支持してくれる人がいると夫に話したら喜んでました。(笑)

今年の夏は大忙しの監督。大変だ~

こんばんは~。
もうご覧になったのですね♪周杰倫が出演してるだけで興味はあったのですが、おそらくDVDレンタルになりそうです(笑)。それまでこの映画の時代背景を少し把握しておいた方がよさそうですね。

ところで質問なんですが、阿妹の曲は中国語超初心者の私にとって比較的聞き取りやすいのですが、周杰倫の曲はピンイン見ながらでも全く聞き取れません(><)。歌い方なのかなぁ。孔雀の森さんもこの俳優さんor歌手の発音は聞き取りやすいとか聞き取りにくいとか感じることありますか?(方言は滅別として) 映画の中の周杰倫はどうでした?
いつもいつも質問ばかりしてすみません^^;

周杰倫をよく知らない私…??

TKATさん、こんにちは♪
この作品、周杰倫大活躍であります。彼の勇姿が堪能できると思いますので、いつか是非!
恥ずかしながら私は周杰倫の曲をあまり聴いてなくて、出演作の『イニシャルD』『ジェイ・チョウをさがして』の声もよく覚えてません。(イニシャルDは吹き替えだったかな)
この映画の台詞はよくききとれました。(彼本人の声であることを願ってますが…。北京語を話す役者でも別人の声で吹きかえることも多々ありますね)
歌の方ですが、ラップ調の歌詞は聞き取りにくかったです。
ご存知かもしれませんが、エンディングの『菊花台』(http://www.youtube.com/watch?v=b3Gb69rVZ9Y)は聞き取りやすいかな。
台湾のニュースは聞き取りにくいですね、ホントに。
ほとんどお役に立てませんでした~。

とても要領を得たレビュー、素晴らしいです。
壮大なスケールの物語のはずなのに、人間模様がちんまりしすぎて大きな背景が見えてこない・・・そこがこの映画のいちばん弱い部分かもしれませんね。

ところでジェイの歌の発音について。中国語の先生に聞かせたら「これはダメ」と言われました(聞いてもらったのはアルバム「范特西」)。最近の曲、「千里之外」などは「悪くない」とのことでしたが。ジェイは自分でも以前「ボクの発音は中国語の勉強にはならない」という内容のことを言ってましたね。横から失礼しました~

藍*ai さん。
毎回魅力的な文章を披露してくださる藍*ai さんに、ほめていただき、嬉しいです。(舞い上がっております:笑)
ジェイ・チョウの歌、発音について教えていただきありがとうございます。四声や巻舌音がはっきりしなくて聞き取りにくいのですよね。先生の立場から見れば、教材として×なのですね。
映画出演のため標準語の特訓を受ける中国人俳優も多いようですし、もしかしてあの発音をしっかりマスターしている人は中国語人口の中でもごく少数と言えるのでは?
私たち中国語学習者の発音、けっこうイケてるかも!
今後はいろいろな中国語が聞き取れるように頑張りたいと思います。
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。