トゥヤーの結婚 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥヤーの結婚

20080303


 2006年/中国/1時間36分(劇場にて鑑賞)
 監 督  王全安(ワン・チュアンアン)
 原 題  図雅的婚事/ TUYA'S MARRIAGE
 出 演  余 男(ユー・ナン)  バータル  センゲー


<あらすじ>
舞台は内モンゴル自治区。主人公トゥヤー(余男)には夫バータルと2人の子供がいる。夫は井戸掘りで事故に遭い下半身不随となり、生活はトゥヤー1人の腕にかかっている。彼女は遠くの井戸まで水を汲みに行き、羊を追い、家事全般をこなすなど、重労働に明け暮れる。しかしこうした無理がたたり、ある日腰を痛めて動けなくなってしまう。そのとき彼女は決心する。夫と離婚し他の男と再婚すると。その条件は元夫も一緒に生活することだ。

<感想など>
草原に暮らす人々は、年々砂漠化していく土地で苛酷な生活を強いられている。そんな中、トゥヤーの一家では働き手が障害を抱え、妻であり母である彼女が休みなく重労働をしても生活は苦しくなる一方だ。
一家を救うために他の男と結婚するとは、常識では考えられない選択だ。草原から離れることなく、しかも一家が共に生活する手段とは…。この方法以外にないのだろうか。

条件つき結婚でありながら、トゥヤーを求める男性は多い。
トゥヤーは美人で働き者。口調はきついけれど気持ちは優しい。彼女はもてるのだ。
その過程で、見守ることしかできないバイタルの焦燥感が、観る者の心に突き刺さる。

救いようのないストーリー。しかしなぜか客席からは時折笑いが起こる。
1人ユーモア溢れるキャラクターの存在は大きい。彼の名はセンゲー。時々トゥヤーの元にふらりとやってきては彼女の労働を手伝う。彼の妻が浮気をして留守にする時である。
彼はトゥヤーを秘かに慕っている。彼女と結婚したいが、妻に別れを切り出すことができない。妻が怖いのだと言う。
何なの、それは。しゃきっとしなさい、しゃきっと。思わず突っ込みを入れてしまう。
彼の妻は登場しないが、何となくその姿が想像できて笑ってしまう。
やがてセンゲーは離婚を決意し、トゥヤーの家の前で井戸掘りを始め、男としての気概を見せるのだが…。
センゲーなら子供たちも懐いているし、夫の事情もよくわかっている。
彼はだらしないところもあるがいい奴だ。結婚するならセンゲーが一番でないか。
当然そういう展開になるものと思っていた。
しかし肝心なところでいつもセンゲーは使えない。そこがまた滑稽である。

結婚式の場面は、これから待ち受ける苦難の象徴に見える。
トゥヤーは泣く。でも逃げることなく茨の道を歩き続けることだろう。
この地に根を張って生きようとする彼女の決心が響いてくる。
ひょっとするとそんな鋼の決心が、人々の心に浸透し、複雑極まりない人間関係がうまく回るかもしれない。
一縷の望みを持って、祈るような気持ちでエンディングを観ていた。

trackback

トゥヤーの結婚 :香港熱

内モンゴル自治区の草原。 トゥヤー(余男:ユーナン)はダイナマイトの爆発事故で下半身不随になった夫 バータルと2人の子供とともに暮らしていた。 男手を失った家族の中でトゥヤーが担う仕事はあまりにも過酷で ついには彼女までも身体をこわしてしまう。 このま

コメント

複雑でした

孔雀の森さん、こんにちは★
やはりトゥヤーの条件を満たしてくれて、尚且つ一番収まりのつく場所は
あの結論なんでしょうね。
よかった・・・のかな?と思いつつこれから先を考えると
なんとも複雑な心境で物語を観終えました。
それでも「家族(もちろんセンゲーも含む)全員一緒に暮らすことが
一番の幸せ」というトゥヤーの強い思いがきっと良い方向へ向かうでしょう。

幸せになってほしいです

sabunori さん、こんにちは♪
センゲーも一緒に暮らすということをすっかり忘れていました。
なるほど、センゲーはキーマン!!(笑)
条件付結婚を受け入れた方の気持ちも理解しにくかったです。
あの過酷な自然の中で生き抜くためには、みんながそれぞれ
折り合いをつけなければならない…と言いたいところですが、
安易すぎる結論にも思えてきました。
やはり彼女の選択がベスト!と、ポジティブに考えるのが、
鑑賞者として気持ちがいいワ。
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。