フライ,ダディ,フライ : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライ,ダディ,フライ

20080123


 2005年/日本/2時間01分(レンタルDVD)
 
 監 督  成島 出
 
 原 作  金城一紀『フライ,ダディ,フライ』
 
 出 演  岡田准一  堤 真一  愛華みれ
       星井七瀬  塩見三省



原作、韓国のリメイク版、このオリジナル版で、ゾンビーズの世界にどっぷりとつかってしまった。パク・スンシンの言葉は今も耳に残っている。

原作を読んだ時、いちばん実写しにくいのは山下クンであり、きっと彼は映画には登場しないだろうと思っていた。しかし原作を忘れるほどの「動き」にかなりウケてしまった。
ゾンビーズの面々がそのまま登場したのが嬉しかった。

最初、岡田准一&堤真一と聞いたときは、正直、原作に抱いたイメージと違う気がした。
しかし2人が登場したらそんな思い込みは吹っ飛んでしまった。
岡田クンのスンシンは凄みがあり、堤さん演じる鈴木さんの屈辱はダイレクトに伝わってきた。
何よりあのボクサーの憎憎しさといったら…。あれでもインターハイチャンピオンを目指す奴かよ。(怒!)
コイツの第一印象が余りにも悪くて、私は最初から鈴木さん応援モードだった。

スンシンという人物が形成された過程を映像で表現するのは難しいのではないかと思っていた。
でも複雑だと感じた内容は意外に簡潔に作られており、説明的になり過ぎないところはよかったかも。何となく物足りない気もするが。
2人の距離が近くなっていく場面はあまりにもクサく、高みにいたスンシンが我々の位置まで降りてきたかな、とちょっぴり嬉しくなった。

原作を読んでから、韓国版、次いで日本版を観てきたが、この順が違うと感想も違ってくるかもしれない。でもそれぞれに楽しめること間違いなし。韓国版、日本版を比較すると、お国柄の違いも見えてくる。
映像を堪能して、改めて原作の素晴らしさを実感した。

最後に。今度ブルース・リー作品を観よう!と強く思ったのだった。

trackback

フライ、ダディ、フライ :虎猫の気まぐれシネマ日記

「これ,面白いよ[E:scissors]」という同僚のお勧めでDVD鑑賞。その言葉通りすっごく面白かった~!。暴力高校生に愛娘を傷つけられた冴えない中年サラリーマンのおっさんが,喧嘩の強い在日韓国人の高校生からトレーニングを受けて,見事に相手をやっつけるお話。リベン

コメント

こんにちは。原作に明るさのあるところがいいですね。
フライ、ダディに触れて、壮絶なイメージの残っている『GO』ももしかしたら違う印象で読めるかもしれないと思い始めています。
あと25年くらい若かったら、スンシンが私の理想の人になっていたかもしれません(と頬を染めている)

日本版でスンシンが鈴木さんに甘えるところ、韓国版ではそこまではいかなかったけれど、私も結構好きです。スンシンも生身の高校生なんだなぁと感じてホッとする瞬間でしたよね。

藍*ai さん、こんにちは♪

この作品、心に残る台詞が多かったですね。確かに韓国版にはオリジナル版とかぶる台詞があったように思います。お気持ち、わかります。
勢いに任せて両作品を観ましたが、やっぱり片方を忘れた頃に(?)観るのがいいかも、ですね。ドラマにもいえることかな。
25年くらい若い自分が観たら…と私も考えております。あのころ出会いたかったなあ、なんて。
遠い存在と思っていたスンシンがフツーの高校生に見えたとき。私もほっとしました。
そして須藤元気くん。エリート校の学生には見えませんでしたね。韓国版のボクサーは敵ながらかっこよかった。(笑)
これから『GO』『レヴォリューション№3』読むつもりです。

こんばんは

わたしは日本版を観てから韓国版を観ました。
お国柄の違いを感じたのは
スンシンが(韓国版では名前が違ってたけど)
おっさんにあんまり無礼な言葉使いをしてなかったこと。
儒教の国だからでしょうか?トレーニングは厳しかったけど
それでも日本版よりは礼儀正しい内容だったような。
それと韓国版ではラストのバトルに日本版より時間をかけてましたね。
そのぶん,おっさんがなかなか反撃しなかったのでハラハラしました。
どちらもそれぞれのよさがあって面白かった~
原作も読んでみたくなりました。

おはようございます

ななさん♪
お国柄の違い、私も感じました。
観た数は少ないのですが、他の韓国作品でも、年上の人を敬う姿勢を
強く感じたことがあります。
やはり儒教が浸透していると言えるかしら。
双方の違いといえば、韓国版のおっさんは最初は見るからにメタボだったのに、
どんどん引き締っていって、びっくりしました。
>おっさんがなかなか反撃しなかったのでハラハラしました。
同じです。どう贔屓目に見ても勝ち試合ではありませんでしたね。
原作もおすすめです♪
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。