太陽の少年 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の少年

20071210

 1994年/香港・中国/2時間08分(レンタルVIDEO)

 監 督  姜 文(チアン・ウェン)

 原 題  陽光燦爛的日子/In The Heat of The Sun

 出 演  夏 雨(シア・ユイ)  寧 静(ニン・チン)
       耿 楽(コン・ラー)  王学圻(ワン・シュエイー)
       斯琴高娃(スーチン・カオワー)  陶 虹(タオ・ホン)


<あらすじ>
1970年代半ばの北京。大人たちは政治闘争に明け暮れ不在のことが多く、子供たちは自由を満喫していた。16歳のシャオチュン(夏雨)は授業を抜け出しては仲間と遊びまわる日々。また自作の合鍵で留守宅への侵入を繰り返していた。ある日彼は忍び込んだ家にかけてあった写真の女性に一目惚れ。そんな時女性が帰宅。シャオチュンはベッドの下に隠れ、彼女の足に釘付けになる。やがて彼は同じ「足」と出会いその本人に声をかける。彼女の名はミーラン(寧静)。後にシャオチュンは彼女を仲間に紹介するが、その中の一人イクー(耿楽)もまた彼女を好きになる。
 
<感想など>
少年たちのしなやかな動きがまぶしい。太陽の光が燦燦と降り注ぐ中、屋根をつたい、階段の踊り場から一気に飛び降り、自転車をかっとばす。
大人たちは彼らを「不良」と呼ぶが、少年たちはかまわずエネルギーを発散させる。

文化大革命最中の話だが、彼らの目はその深刻な状況を見ていない。
紅衛兵の行進をお祭り気分で眺め、画の中の毛沢東はちょっと笑っている。
主人公シャオチュンの母(斯琴高娃)は父(王学圻)の浮気性を憂い、「父に似た」と言って息子をののしる。次男が生まれ、やがて祖父が自殺。心身の疲労は大きいはずだがそういう面は簡単にふれるだけだ。
どの場面にも大人はあまり介在しない。最初の方だけ登場する学校の先生は道化役に徹している。シャオチュンの父親はただ威厳を振りまくだけで、子供から尊敬されるような人物とは遠い。母親も子供の眼にはヒステリーとしか映らない。
彼にとってはあこがれのミーランの比重が大きいのだろう。
少年たちの仲間には他にペイペイと呼ばれる少女(陶紅)がいるが、ちょっとはすっぱな彼女より、ミステリアスなミーランの方が魅力的に映るらしい。ミーラン役の寧静には終始圧倒される。太めであることをかえって武器にして、堂々としているところはすごい!彼女に勝てる人物はいない、と断言してしまおう。

クラシックの音色の中に主人公シャオチュンの初恋がゆらめいている。
彼の見る光景はすべてベールをかぶっているようで美しい。監督自身の少年時代を描いているといい、どの場面も夢物語に見えてくる。
ミーランの気を引こうと、シャオチュンは一生懸命話を誇張して聞かせる。煙突に登れと言われれば登る。俺はみんなと違うんだ!というアピールなのだ。そして煙突の中をまっすぐ下まで落ちて真っ黒に。奇跡的に助かった彼はヒーローになった自分に酔っている。
実に単純な少年である。
グループ同士の対立抗争も起きる。互いに仲間をつのるうちに双方の人数が膨れ上がり、やがて対立したグループからも声がかかる、という事態に。結局収拾がつかなくなり和解。後にビールで乾杯とは驚いた。
これも単純な展開。

終盤で主人公である語り手が「今までの映像は幻想なのかもしれない」と言い、もう一つの映像を紹介するが、これは果たして必要だろうか。
シャオチュンは恋にやぶれ、自暴自棄になってとった行動によって仲間から非難される。
彼らから蹴られ、ののしられ、水中で孤独感をつのらせる。
これで充分ではないのか。
青い水の上にぽっかり浮いた彼の姿は、驚くほどちっぽけだ。

最近10代の少年を描いた作品をよく観る。作風はそれぞれ違うが、彼らが心に秘めるバネには共通性を感じる。
若いっていいなっ!!(笑)

コメント

孔雀さま

私これ好きです。
好き、というか、「クーリンチェ~」と同じように、じわじわと、後々まで心に残る作品だなぁ、という印象。
観たのは相当前ですが、ふとしたときに、映画のシーンが浮かんだりする、そういう映画というのも、大きくくくれば「好きな映画」ということなんだろうなぁ、と。

しかしこれほんと、若いっていいなっ、って感じがしますよね。
特に寧静が。(笑)

donami さん、こんにちは。

おっしゃる通り、いつまでも残る作品のような気がします。(この間観たばかりですが:笑)
「クーリンチェ~」の後に観たことで印象が強まり、どちらも忘れられない作品になりそうです。
時々シーンが思い浮かぶような映画…。結構沢山あるかも、です。
あと、俳優さんの顔が浮かぶこともありませんか?
好きな映画、好きな俳優が、日に日に多くなっていくのではと、今後の出会いが楽しみです。
寧静を見たらちょっと自信が出てきました。私も水着OK?(ウソウソ。前言撤回!!:爆)
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。