美女也愁嫁#6#7 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女也愁嫁#6#7

20060830

さて、今回は新たな出会いもあって、ますます目が離せなくなりました。

あらすじ

ヤールンと一夜を共にしたヨウはルンルン気分。
ティエンにも家族にも、はっきり「ヤールンが好き」と言う。
母ハイユン意外はみなこれに反対。
おばあちゃんは「高学歴の男にしろ。大学院出がいい」なんて言う始末。
父ホンドゥは会社の大学院出の男性を家に呼び、ヨウと会わせるがムダに終わる。
ティエンはヤールンに会って考え直すように言うが…

ティエンは新たな仕事にチャレンジする。
サービス嬢の状況を記事にするのだ。
早速色々な美容院で頭を洗ってもらいながら話を聞きだす。
ダーチャオにも取材させようとするが、彼は渋る。

ココの母が手術することになり、彼女はクラブに休暇を申請するが、よい顔をされない。
彼女は急いでタクシーに乗り込もうとしたが、それは出張で来ていたカイがチャーターした車だった。
しばらく口論する二人。

映画館ですっぽかされたヨウはヤールンの家の前で待つ。
そこに現れたヤールンは話があると言ってヨウを誘い出すのだが…
「妹としか思っていない」とヨウに告げる。
それでもめげないヨウ。
「初めてあった時から好きだった。姉より先に好きになった。今は好きになってくれなくてもかまわない。気持ちが変わったら声をかけて」という手紙を出す。
ヨウを食事に誘うヤールン。
浮き浮きして出かけたヨウを待ち受けていたのは残酷な情景。
彼女の目の前で、ヤールンは知人の女性と恋人同士の芝居をして見せたのだ。
ヨウが帰った後、ヤールンはその女性に「ヨウを好きだが自分には恋人になる資格はない」と言う。

ティエンは美容師見習いをしながら彼女らに密着、潜入ルポを書く。
ダーチャオには金持ち客のフリをして自分の用心棒になってくれと頼む。
体当たりの取材が功を奏して仕事は大成功。
祝杯をあげ、ビリヤードに興じる二人。

上海に戻り、カイの運転する車がココにぶつかりそうになる。
ココはこわれた携帯電話の弁償を要求するが、カイは現金を持っていなかった。
激しく口論する二人
ティエンとの約束に遅れたくないカイはカードを渡そうとするが、ココはそのまま立ち去る。

ひとこと

ティエンはヤールンとだめになった後、カイをしとめ、さらにダーチャオとも仲良くなっていきます。(なんなんだぁ、この人)
ダーチャオに見せるティエンの笑顔がかわいい!
ヤールンは心を鬼にしてヨウを振る。
かわいそうなヨウ…
だけどヤールンはだんだんいい男になっていくような気がします。
ココも心と裏腹にダーチャオを振っちゃうんだよね。
うまくいかないなぁ…
そしてココとカイの偶然の出会い。
それも2回も。
やっぱりこういうところはドラマですね。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。