チャイニーズ・ゴースト・ストーリー : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー

20071107

20071107190925.jpg1987年/香港/1時間35分(レンタルDVD)
監 督  程小東(チン・シウトン)
原 題  倩女幽魂/A Chinese Ghost Story
出 演  張國榮(レスリー・チャン)  
      午 馬(ウー・マ)
      王祖賢(ジョイ・ウォン)
<あらすじ>
貧乏書生のツォイサン(張國榮)は、ある夜深い森に迷い込み、廃寺を一夜の宿と決める。そんな時美しい琴の音に引き寄せられ一軒の家の前に。そこには美しい女性シウシン(王祖賢)の姿があった。二人はたちまち恋に落ちる。ところが彼女は若い男性の精気を吸い取って殺してしまう幽霊だったのである。ツォイサンはイン道士(午馬)の忠告もきかず、シウシンに夢中になる。
<感想など>
いつもおどおどしている書生のツォイサンと妖艶な笑みを浮かべるシウシン。考えつかない組み合わせですが、最後にはベストカップルだと確信してしまいます。何とも不思議な二人です。

2回目の鑑賞。随分時がたっているのに、テーマソングは聴いてすぐ思い出しました。
劇中で何回も流れていたせいか今も頭の中をぐるぐる回っています。ストーリーにピッタリのもの悲しいメロディ。
物語自体は特別印象に残らないのですが、一つ一つの場面はくっきりと残っています。
例えば、シウシンがツォイサンを湯船に押し込んで隠すシーン。
姉たちに見つからないよう自分も中に入ってしまう、という大胆な行動は、何度見ても驚いてしまいます。
ツォイサンの胸の鼓動が伝わってきて、これを書きながらドキドキしています…。眼福だったでしょうね。(笑)
また、イン道士のゲジゲジつりあがり眉毛も絶対に忘れられません。(笑)

ところで以前は感じなかったのですが、恋愛シーンの美しさと、妖怪のおぞましさが実にチグハグ。
けなしているのではありません。両極端の映像によってインパクトがより強くなるのです。
何度も出てくるベロには、もう勘弁してくれ!と胸のうちで懇願していました。

白い衣装のシウシンで思い出したのが、中国ドラマ『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』の小龍女(劉亦菲)。
小龍女の原型はシウシンだったのだ、と今になって納得。
初めて小龍女を見たとき、初対面に思えなかったわけがようやくわかったのでした。

コメント

こんばんは~。

なんて懐かしい映画なんでしょ♪そういやレスリー・チャン主演でしたね。あまりにも昔に鑑賞したため、いつものごとく内容は全く覚えてませんが^^;

私の中でこの作品は、同時代に流行ったキョンシーと同じようなイメージがあるんですよね。霊幻道士シリーズは大好きで映画館によく観に行きました♪当時は2本立てが多かったような。そういや角川映画は必ず2本立てでしたね。懐かし~。

私が香港映画を好きになって、自らの意思で観出したのは90年代からなのですが、実は80年代も知らず知らずに香港映画を観てたんだな~としみじみ。韓国映画は最近になって浸透しましたが、80年代は劇場放映もなかったしビデオも殆どなかったですもんね(私が知らないだけ?)。

おっとまた関係ない話を^^;最近は昔を思い出すとついつい「あの頃は・・」と語りたくなってしまいます。歳のせいか(笑)?!

TKATさん、こんにちは♪

私は最近になって、20年も前の出来事を昨日のことのように語るようになりました。
「あの頃は…」と語っていた時より歳とりました~(笑)

私が香港映画を観るようになったのは90年代半ばからです。劇場へ足を運んだのは数えるほどで、香港明星との出会いももっぱらレンタルビデオを通してでした。
レスリー・チャン主演の『さらばわが愛』がきっかけだったかも。これをビデオで観たときはまだ彼が香港の人だと知らないほど、香港映画に無知でした。
だからキョンシーも観てないんですよ~ ショップで見かけたから今度借りてこようかな。
きっとTKATさんの方が私より香港映画のことをよくご存知だと思います。
またいろいろ紹介してくださいね!

大陸の映画は80年代から劇場で観ていました。
ちょうど20年前中国の映画館で観た『紅高梁』(紅いコーリャン)は衝撃的でした。(これも昨日のことのように…:笑)

90年代はレンタルショップにはあまり大陸の作品はなかったかも。今も少ないですけど~
なんて、私も関係ないことばかり書いてしまいましたが、TKATさんもお好きなことをどんどん書いてくださいね♪

大好きです。

孔雀の森さん、こんばんは。
この作品・・・大大大好きです。
>シウシンがツォイサンを湯船に押し込んで隠すシーン・・・
ものすごく印象的でしたね。
えもいわれぬ色気を感じるシーンでした。
そして舌ね、ありましたありました。(笑)
私は結構好きかも。(笑)
私も近々改めて鑑賞して感想を書きたいな、と思っておりますー。
やっぱり1が一番好きです。

是非レビューを!

sabunoriさん、おはようございます♪

sabunoriさんが大好きな様子、すごく伝わってきます。
やはり1が一番と思われましたか。
前にドラマ版を借りて途中で断念したことがあります。
そのとき、この作品でのシウシンの妖艶さ、はかなさは永遠だと思いました。
ところであのベロベロ、お好きですか。キャー!!(笑)
sabunoriさん、是非是非レビューをお願いしま~す(強制してます:笑)
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。