王様の漢方 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王様の漢方

20071019

ousama.jpg 2002年/中国・日本/1時間44分(中古VIDEO)
 監 督  牛 波(ニュウ・ポ)
 中文題  漢方道
 英 題  GREAT WALL GREAT MEDICINE
 出 演 朱 旭(チュー・シュイ) 渡辺篤史 ノーマン・リーダス



<あらすじ>
小さな貿易会社を経営する市川(渡辺篤史)は多額の借金をかかえ、悪戦苦闘していた。
そんなある日、北京で偶然李仁<リ・レン>(朱旭)という漢方医に持病を治してもらい、
彼はあるビジネスを思いつく。
「日中友好漢方旅行団」というツアーだ。
参加者は、秘書の小泉、金融ブローカーの中村、病気の大山、モデルの和田、
性同一障害で悩む菊地の面々である。
ツアーを受け入れることになった、李仁ら家族は早速薬膳料理を作る。
その料理を前にした参加者は一様に引いてしまうが、大山だけは黙々と食べていた。
<感想など>
ノーマン(ノーマン・リーダス)のように李先生の弟子になりたい。
病気になったら李先生に主治医をお願いしたい!!(笑)
市川の姿をちょっと見ただけで彼の病気を察知し、気安く治してあげるなんてまさに神業です。
李先生の元へ行けば人生何とかなるんじゃないか、と錯覚してしまいそうですが、
先生は折にふれこう言っています。
「運命は変えられない」
「病を治すには、まず心から」
そうよね~

主人公の漢方医が朱旭さんだからこそ、癒し効果のある作品に仕上がったのでしょう。
中国医学や薬膳の宣伝色を強く感じないのも、腰の低い名医、朱旭さんの姿ゆえ?
だんだん、俳優朱旭と医者李仁の境が、わからなくなってきます。

優しい気持ちになっていく作品ですが、突っ込みどころも満載。
李先生とツアー客との会話では、通訳を介さなくても互いに通じ合ってしまうから不思議。
先生のインスピレーションが届いたということかな。
大山さんの病気については、もう、唖然とするばかり。そんな初歩的なミスをする病院があるなんて信じられない。
でも最後に李先生と抱きあって泣く大山さんの気持ちはよくわかります。
大山さんが登場すると、なぜか涙ぐんでしまう私であります。

やくざ者の中村は、李先生の太極拳にかなわないのを知ったとき、弟子入りを決意。
そして薬物中毒の人を救うと宣言。
何という決断の早さ! 誰かのためになりたいと思う心の、何と貴いことよ!
菊地君も大きな決断をしたわけですが、その背景には偶然仲間に入れてくれた人々の暖かさがあります。
この物語では、いろいろな偶然が重なるのですね。

万里の長城の麓にある李仁の家はまるで桃源郷のよう。
世間と隔絶されたあの長城で何日間を過ごしたら、体の老廃棄物がすべて排出されるでしょう(笑)。
ナレーションによれば、市川が企画したツアーの後、薬膳ツアーはブームとなったとのこと。(本物のツアーのように思えてきた…)
物語とはいえ李先生の人参畑は大丈夫だろうかと、観終わった後心配になったのでした。
 

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。