冒険王 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険王

20070828

maoxianwang.jpg 1996年/香港/1時間31分(レンタルDVD)
 監 督  程小東(チン・シウトン)
 原 題  冒険王/ Dr.Wai in “The Scripture With No Words”
 出 演  李連杰(リー・リンチェイ[ジェット・リー]) 金城 武 
      關之琳(ロザムンド・クワン) 羅家英(ロー・カーイン)
      揚釆妮(チャーリー・ヤン)

<あらすじ>
「冒険王」ワイ(李連杰)の息子が、父の日記を元に書いた小説。
自慢の父「冒険王」は、特務機関のロン将軍から伝説の経箱と真経を探すよう命じられる。彼は助手のパオ(金城武)を連れ、手がかりを探しに日本領事館に乗り込む。ワイは、そこで和服姿の美しい女性(關之琳)に一目惚れ。しかし彼女は日本のスパイ「奈良将軍」だった。彼女もまた経箱と真経をねらっていたのだ。
ワイとパオは新聞社に侵入。用心棒として雇われた彼らは、社内に経箱があることを突き止める。しかし編集長(羅家英)と社員のシン(揚釆妮)のガードは固い。ここでパオはシンに恋してしまう。
<感想など>
まるで、色彩豊かな料理がテーブルいっぱいに並んでいるみたい!!
アクション、ファンタジー、コメディ、パロディ、ロマンス…と、楽しめる要素盛りだくさんのお皿が、息つく間もなく出てきます。
1時間31分は瞬く間に過ぎますが、場面が多いので長い旅をしているような気分。
登場人物と一緒に、めまぐるしく変わる風景の中を疾走している感じです。

パロディも多いようです。例えば…
乗馬シーンで「タバコのCM」と言うのも、きっと何かあるのでしょう。
ワイとパオが上海のダンスホールに着いた時に『上海灘』のテーマが流れ、発砲事件が起きた途端「丁力(ディンリー)を」という声が聞こえます。
これは「仲間」と訳されていましたが、『上海灘』の一部を使っているな、と。
また、浴室で関之琳演じる美しい女性に「本名は?」ときかれたワイの返答は「リー・リンチェイ」。
本人たちも笑っている?…

李連杰と金城武も、息のあったコンビぶり!!
日本領事館に女装して侵入する場面。
李連杰は女装慣れしているけれど、今回はやたらケバくてミエミエです。
もしかして成熟した女を演じようとしている?
金城武はほかの女性より頭一つ分高くて、顔の造りからしてどう見ても「女」じゃない(笑)。

ワイが披露するアクションも多彩です。
ワイヤーで敵のピストルの引き金をぐるぐる巻きにしたり、弾丸を元のピストルに戻したり(?)
体を張ったアクションでも相変わらず見せてくれますが、今回は小道具が増えて一段と楽しませてくれます。

そして壮大な仕掛けも大きな見所です。冒頭のロボット怪獣(?)を始め、新聞社の活字壁や、突っ込んで行く機関車など、アイデアがいっぱい!!
穴があいてもなかなか落ちない飛行機にはびっくり。

旅の最後は経箱と真経の種明かしですが…。
もし「未来を見たいか」ときかれたら、私ならどう答えるだろう。
先が見えている生活はつまらなそうだから「いいです」と言うかも。
でも子供の頃だったら「全部見せて」とお願いしたかも知れません。

さて、この小説、ベストセラーになったのかな?

*ところで、話題は全く違うのですが、中国映画に関する下記のサイトを見つけました。
http://www.vipo.or.jp/jp/china/
行けるかどうかは微妙なところ。



コメント

またまたお邪魔してます♪

金城武主演なので観た記憶があるのですが、内容が全然思い出せません・・・。かすかな記憶では、「インディ・ジョーンズ」とよく似てたような。砂ぼこり(砂漠?)のような場所で大きな台車のようなものから逃げるシーンってありました?
もしかしたら昔テレビで録画したビデオを持ってるかも・・・。あとで押入れの中を確認してみよっと。

「2007年中国映画祭」行きたいな~と思ってたら新宿バルト9で上映なんですね。どうして関西では上映してくれないんだろ(悲)。神戸で上映してくれたらもっと嬉しいんだけどな。

TKATさん、どうぞ、いつでも歓迎歓迎♪です。

この作品、『香港版インディ・ジョーンズ』という解説を読んだことがあります。
私は「インディ・ジョーンズ」は観たことがないのですが、ちょっと興味がわいてきました。

>砂ぼこり(砂漠?)のような場所で大きな台車のようなものから逃げるシーンってありました?

冒頭に出てきます。内部で操縦するようにできている大型怪獣ロボット(?)で、轢かれそうになる人々が逃げまどいます。
私もずいぶん前に観てかなり忘れていました。観たときずいぶん笑ったのは覚えていました。今回も笑いました♪

>神戸で上映してくれたらもっと嬉しいんだけどな。

ホントに!各地で同時公開してくれればいいですよね。
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。