ウォ・アイ・ニー : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォ・アイ・ニー

20070824

woaini.jpg 2003年/中国/1時間38分(レンタルDVD)
 監 督  張 元(チャン・ユアン)
 原 題  我愛你
 出 演  徐静雷(シュー・ジンレイ) 佟大為(トン・ダーウェイ)
       王学兵(ワン・シュエビン) 杜 澎(ドゥ・ポン)
       潘 絹(パン・ジュエン)

<感想など>
「中国映画の全貌2007」での上映作品。
でもレンタルショップの棚でこれを見つけ、半額デーだったこともあり、DVD鑑賞となりました。
さて、あらすじを書こうとしたのですが、ほとんどが喧嘩のシーンではないですか!!
婚約者(王学兵)を亡くしたシャオジー(徐静雷)と、彼女をなぐさめていたワン・イー(佟大為)がいつしか恋仲になり、結婚。
いつでもどこでも愛される実感が欲しい妻と、自分の時間が欲しい夫との間で激しい確執が始まります。
中盤までは笑い飛ばしました。
かなり派手な喧嘩だけど、あまのじゃく的な妻の気持ちは何となくわかるような気がするし、パソコンに向かいたい夫の気持ちはもっとよくわかります。
夫をさんざん振り回してもカラリと忘れてしまっている妻と、怒りが収まらない夫。
また、冷静な話し合いを提案する夫と、筋や論理を徹底的に破壊する妻。
両者の舌戦は、これぞ中国語!と唸りたくなるほどの、激しい応酬です。字幕もついていけないほどの早さ!!
2人の台詞は台本通りなのでしょうか。あれほど早い台詞を、相手の呼吸を見ながらしゃべるのは難しいだろうな、と思ってしまいます。いや、見てないかも(笑)。
2人とも自分を主張するだけなのよね。
「思いやり」という言葉は2人の間にありません。

妻のトラウマを知ってからは、笑えなくなりました。
あとは重苦しい展開でした。
結局この2人は切っても切れない仲なのかも。
ぎりぎりのところで、互いに相手をほっておけないのですから。
だからといって、2人一緒の状態が必ずしも平和とは言えないし…。

シャオジーにとって、愛されている実感とはどういう感覚なのでしょう。
求めても求めても答が見つからず、彼女の人生はその答を探す旅になるような気がします。
一方、ワン・イーにも「愛とは何?」が一生ついて回るのではないでしょうか。

見ているうちに、自分の中にシャオジー的な部分を発見してギクッとすることもしばしば。
この夫婦の姿は極端だけど、思い当たるような場面や言葉がちらちら見えてきたりして、ちょっと反省してしまうのよね。

trackback

シュー・ジンレイ :一語で検索

シュー・ジンレイでの検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。

我愛你〈ウォ・アイ・ニー〉 :龍眼日記 Longan Diary

シャオジュー(シュー・ジンレイ:除静蕾)は果たして夫ワン・イー(トン・ダウェイ:佟大為)を愛していたのか。彼でなくてもとにかく「誰か」を愛したかったのだ。いや、それも愛したのではなく執着だったのではないのか。そう感じた私にとってこの作品のタイトルは「我

コメント

TBさせていただきます。

孔雀の森さんこんにちは。
いや~~~
この作品・・・私はダメでした。
何が悲しくてこの2人の夫婦喧嘩を延々と見続けなけりゃいけないのか?
そう思って辟易したのを思い出します。
夫の手足を縛って逃げられないようにしたときには絶望的だ・・・と思ったけれど、最後の最後に妻を突き放せない夫を見た時、「お似合いの夫婦なのかもしれない」と気づきました。
一生やってれば?という感じです。
冷たい?(笑)

冷たい!(笑)でもその感覚が必要。

sabunoriさん、おはようございます♪
ダメという気持ち、わかりますよ。
自分が男だったらああいう相手はゴメンですから。
でも2人のやりとりがあまりにも滑稽で、よくこれだけ言葉が続くなあと感心してしまいました。
再会後の様子を見ると「やっぱり腐れ縁なのね~」と思ってしまいます。
ところで、徐静雷も佟大為も、それぞれ別のTVドラマで奇異な役を演じているのを観たことがあります。今回はそんな役者の演技を目的に鑑賞しました。
そしたらやっぱり奇異だった…。
そんなの観て笑ってる私もやっぱり奇異?
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。