五月の恋 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月の恋

20070807

wuyue.jpg 2004年/台湾・中国/1時間50分(レンタルDVD)
 監 督  徐小明(シュー・シャオミン)
 原 題  五月之戀
 出 演  陳柏霖(チェン・ボーリン) 劉亦菲(リウ・イーフェイ)
       五月天(メイデイ):陳信宏・石錦航・温尚翔・劉冠佑・察昇侵
       田 豊(ティエン・フォン) 唐志玲(タン・チーリン)


<あらすじ>
アレイ(陳柏霖)は台湾の家政大学の学生。兄が、人気バンド、メイデイのギタリスト、シートウ(シートウ:石頭)という関係で、メイデイのファンサイトを管理運営している。
ある日ネット上でファンの女性(劉亦菲)と知り合い、メイデイのボーカル、アシン(アシン:阿信)であると嘘をつき、彼女と会う約束をする。
彼女の名はシュアン。ハルビンで京劇を学ぶ学生である。京劇の台湾公演が決まったとき、「アシン」と会い、三義へ「五月の雪」と呼ばれる桐の花を見に行く約束をする。
しかし約束の場所、誠品書店にアシンは現れない。仕方なく一人で三義に向かうシュアン。その後を、アレイは秘かにつけるのだった。
<感想など>
ネット上での出会い。最近ではすっかり使い古された感があります。
でも、この偶然の出会いが2人に大きな影響を及ぼし、ちょっとした成長物語となっていることを考えると、単に「安直」とも言えません。
アレイは有名人の兄にコンプレックスを抱き、悶々とした日々を送っています。でも兄はそんな彼のことがよくわかっていて「お前は頭も顔もいいのに努力をしない」とはっきり言うのです。この兄は弟にコンプレックスを抱きつつ人一倍努力した人。突き放しているように見えるけれど、とても弟思いの兄貴。この兄弟関係も見所の一つ。

メイデイの人気のすごさがよくわかるのは、シュアンたちが京劇の格好をしたまま、乗りに乗って彼らの歌を歌う場面です。伝統芸能を学んでいるけれど心はロック。先生の目をぬすむように、でも大胆に歌っているところが、現代っ子気質で面白い。

二人は、ネットで会話していた時には想像もしていなかった時間を過ごします。
廃線となった線路を手に手を取り合って進むシーン。
畑をピョンピョン飛び跳ねるシーン。
よその家に忍び込んで、見つかって逃げるシーン。
二人の距離がだんだん縮まっていく過程では、自然な演技が光ります。
アレイに「自分は自分なんだ」という確かな自信が生まれるところは一つの成長と見ていいでしょう。

なぜ彼女が三義に「五月の雪」を見に行こうとしたのかは、後半で明らかになります。
回想シーンで登場するシュアンのおじいさん(田豊)。顔に刻まれた深いしわが、様々な艱難辛苦を語っているようで、強い印象で残っています。
大陸と台湾の複雑な歴史を描いた場面には、やはり重みを感じます。

ラストは「やっぱり」でしたが、陳柏霖と劉亦菲の伸びやかさ、メイデイの音楽に乗せられて、すっきり爽やかな気分でした。

trackback

五月の恋 :龍眼日記 Longan Diary

台湾・台北に暮らすアレイ(チェン・ポーリン:陳柏霖)は人気バンド、メイディ(五月天)のギタリストの弟。アレイは「自分はボーカルのアシンだ」と嘘をつき、ファンの女の子とメールのやり取りを始めてしまう。彼女の名はシュアン(リウ・イーフェイ:劉亦菲)。中国ハル

コメント

好きです、この作品♪

こんにちは。
またしてもTBさせていただきましたー。(笑)
清潔感が漂うとってもかわいい作品でした。
主演の2人の自然体(に見える)な演技が光りますよね。
冬のハルピンはかなり寒そうだけど、ステキな街でした。行ってみたいわ~。

温かい作品!

sabunoriさん、こんにちは。
何度でも来て下さいませ~!!
感動を共有できるのは嬉しいことです♪
主役の2人はほほえましく、温かな気持ちになってきますね。
真っ白なハルピンの風景も、あまり寒そうに見えませんでした。
黄色い桐の花の絵と、明るい2人の笑顔を見たからでしょう。(ホントは極寒でしょうね。)
私も行ってみたいです!!
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。