♪張學友【學友光年世界巡迴演唱会】 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪張學友【學友光年世界巡迴演唱会】

20070618

20070618132057.jpg

コンサートから一夜明けた今も余韻が残り、手元のCDやTAPEをかけて「復習」しています。
私にとっては今回が初コンサート。厳密に言えば学園祭のユーミン以来。前売り券買ったのも、東京国際フォーラムも初めて。緊張のあまり開場の1時間前に到着して、開演前の長かったこと、長かったこと。
ガンガン鳴り響く音と眩い光線の中に大明星、張學友が現れた時は「おお、ついに…」と、何かこみ上げてくるものがありました。

まずロックのリズムに乗って歌い踊る學友のエネルギーに圧倒され、次に日本語のトークに敬服!!
おそらく、一字一句暗記したのでしょう。自己紹介に始まり、自身の生い立ちや家族のこと、歌を書いたいきさつや、仲間を失った悲しみなど、たくさんのことを全部日本語で聞かせてくれるとは! それもユーモアを交えて。時折言葉に詰まって観客に問うところ、曲の合間に「いいですか?」などと声をかけてくれるところなどに、気遣いや人柄の良さを感じました。

それにしても、若い!! 同年代の私には到底まねできない身体のしなり、軽やかさ。
歌はもちろん、不断の努力で鍛え抜いたすべてが、あのステージに現れているのだなと、見とれるばかりです。

特に『雪狼湖』と『如果、愛』のナンバーをメドレーしたミュージカルは圧巻。舞台の端から端までを駆けるように踊る姿は、40代後半とは思えません。
『不老的伝説』って、まさに彼のことよね。これと『愛是永恒』は大好きで何回も聴いた曲。
ミュージカルが終わって出演者が挨拶をした時、まるですべてのプログラムが終了したかのような雰囲気があって「え~」というどよめきが起こりました。(これは作戦?)
だからか、次のプログラムが大いに盛り上がったように感じました。

順不同になりますが、カバー曲『月半彎:夢のつづき』『李香蘭:行かないで』(以上玉置浩二)『毎天愛イ尓多一些:真夏の果実』(桑田佳祐)には懐かしさもあり、また學友の色も感じ、じわっときました。
『我真的受傷了』『[女也]来聴我的演唱会』も大好きでいつも聴いている曲。
前者は台湾ドラマ『恋のめまい愛の傷』の主題歌であり、この作品で張學友が演じた役柄を思い出すと切なさでいっぱいになります。それにしても『我真的受傷了』とは何と直接的なのでしょう。ニュアンスは違うけれど、知人が漏らした「オレ、マジへこんだぜ~」という言葉がかぶります。
『[女也]来聴我的演唱会』は「えっ、私のために歌ってくれてるの?」と妄想してしまいます(笑)。歌中の女性のような体験はしてないけれど、ギュッとハートをつかまれる歌です。アカペラで聴きたい!!

私の席は1階の29列という微妙な位置。ステージ上の人の表情はわかりません。娘の助言に従ってオペラグラスを持っていってよかった。2階席はわからないけれど、1階席には空席はなかったと思います。ノリのいい曲では皆総立ちで手拍子!場慣れしていない私は、ほかの人を真似して、立ったり座ったり拍手したりしていました。最後の曲『祝福』は正面に歌詞が映し出され、メロディも聴き覚えがあったので声を張り上げて(自分には聞こえないが)歌いました。すごい充実感!

3時間はあっという間に過ぎて、会場を後にしてもボケッとしていました。帰りの有楽町線では乗換駅の永田町を通り過ぎて、アラ麹町? 一駅だけでよかった。
元気をもらってまた頑張ろう!という気持ちになってきます。
今度はいつ来てくれるのだろう、と早くも次のことを考えておりますが…。
というか、台北公演に行きたいわ。『愛如潮水』『聴海』『天黒黒』が聴けるかも♪ 実現は厳しいけれどね。

コメント

孔雀さま!臨場感溢れる素敵なレポート、拝見しました。
しかし、日本語!!!おーーー。
何語でMCするのかなと思っていたんですけど、まさか日本語だったとは!
英語で済ませてしまうこともできるのに、日本語を、しかもそんな大量に(アイシテマス、レベルではなく。笑)覚えてくるあたり、やっぱり彼がトップスターでい続ける理由だと思います。
やはり、彼はプロフェッショナルですよね。ここまで、芸人としてのプライドを見せ付けてくれる人っていうのも、アジア圏の歌手のなかでもすごく稀だと思います。
さっきも家のラジオから「祝福」が流れたんですが、やっぱりこの人は歌神ですねぇ。
今度はぜひ、「愛如潮水」を!!

donamiさん、こんばんは♪

そうなんです。日本語のMCでした!!
助詞まで完璧に覚えようとしたらしく、言葉に詰まったとき前列のファンに「は?」とか「を?」などとたずねていました。すごいなあ!
それから、donamiさんがブログに書かれていた歌を予習していきました。これがよかったです。ありがとうございました!

>ここまで、芸人としてのプライドを見せ付けてくれる人っていうのも、アジア圏の歌手のなかでもすごく稀だと思います。

そういうスターのステージを目の前で見ることができて幸せです。それも初コンサで!1週間近くたった今も余韻が残っています。
『愛如潮水』ききたいです!!思い切って飛んで行ってしまいましょうか(笑)。

次回の上海公演にはぜひ!!

あ、でもその前に、張信哲さんご本人のコンサートがあるかもしれませんからね。
今度からはコンサート情報もまめにチェックして入れますね。(笑)

donamiさん、こんにちは。

>張信哲さんご本人のコンサートがあるかもしれませんからね。

まあ!!そういう可能性も!!海外にコンサートを観にいく、という発想は今までありませんでした。実現できたら最高ですね♪
コンサート情報、楽しみにしています♪
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。