ラヴソング : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴソング

20070610

lovesong2.jpg  1996年/香港/1時間58分(中古VIDEO)
  監 督  陳可辛(ピーター・チャン)
  原 題  甜蜜蜜/COMRADES, ALMOST A LOVE STORY
  出 演  黎 明(レオン・ライ) 張曼玉(マギー・チャン)
        曾志偉(エリック・ツァン)クリストファー・ドイル 他



前から観たいと思っていた作品。でもレンタルショップにはないし、新版が出た時には買おうかと思っていました。そんなある日、某古書店の中古ビデオコーナーでこれを発見!観賞してからこの「お宝」がますます貴重に思えたのでした。
2人のラブストーリーはもちろんとてもいいのですが、それ以上に、エリック・ツァン演じる親分にドキューン!でした。彼はレイキウ(張曼玉[マギー・チャン])を心から愛していて、彼女の気持ちがよ~くわかっていたからこそ、独りで香港を離れようとしたのよね。来るなと言われてもついてきたレイキウには、そんな親分の懐の深さが痛いほどわかっている。背中のミッキーマウスには泣けてきます。

レオン・ライは今まで観た中でいちばんステキでした。彼の話す北京語の、鼻にかかる音がセクシーで…。母語だからか、雰囲気が出ていました。それから素朴な純情青年という役柄も。シャイなところとか、無邪気に笑う顔とか、真っ正直すぎるところとか。この役者の素なのではないか、と思うくらい自然でした。
彼の演じるシウクワン。レイキウを愛しているけれど「天津のガールフレンドと香港で結婚するのが夢」と言い切る彼を、責めることなどできません。
1986年当時は大陸から香港に行ける人は限られていたでしょう。周囲の期待も大きかったはず。故郷にいるガールフレンドへの手紙がうまく書けない、でも夢は実現しなければという彼の焦燥が伝わってきます。『木綿のハンカチーフ』とは違うところなのよね~と、古い歌を思い出してしまいました。

彼と同時に香港に来たレイキウ(というのは最後に明らかになる)は、シウクワンに生活のノウハウを指南する立場に。広州出身を自負しているところが、香港と広州の差を象徴するようでもあり…。すごく貪欲に突き進んで行くタフな面と、さびしがり屋の面が同居していて、このギャップが魅力かな。
そして「シウクワン同士」と言い続ける頑固な面も。シウクワンが一言「同士なんて呼ぶなよ」と言って抱きしめたら、ブレスレットを一個だけ買って彼女に渡していたら…この物語は成立しなかったでしょう。

そして1989年の空白。この空白が却って六四事件を強く想起させます。画面にはないけれど、この後2人はそれぞれ激動の時間をくぐってきたはず。何気なく始まるアメリカでの映像に、2人の歳月を感じます。

テレサ・テンのことはよく知りません。知っていたらもっと胸に迫ってくるのではないかとちょっと残念。この『甜蜜蜜』がドラマを貫いていて、やはりこの歌を知っていたら随分違うだろうな、とも。

だけど共通のメロディを聴きながら再会、というのは歌を知らなくてもぐっときます。歌詞をなぞるように表情が変化するシーンは絶妙!!劇的だけど、静かで温かな雰囲気に包まれた再会。
そしてラストは再び1986年当時へ。
観終わってしばらくたっても余韻が残っています。何度でも観たい作品です。

コメント

孔雀さま。
レビュー読んでいるだけでもうグッと来ますねー。とても好きな映画です。
最後、二人が同じ列車で香港にやってきたときのあのシーンが好きです。そこから全て始まったのよねぇ...と、感慨もひとしお。
やー、ピーター・チャン監督は良い仕事しますねぇ。レオン・ライの自転車姿も非常に◎です。この役はほんとにハマり役だと思います。また観たくなってきましたよー。

donamiさん、こんにちは。

donamiさんもお好きなのですね、ラヴソング。

>最後、二人が同じ列車で香港にやってきたときのあのシーンが好きです。

同感です。最後がこのシーンというのがすてき。きっと2人ともこの当時を思い出してるんだろうな、と。私にとっても今までの映像が思い出のようになりました。

レオン・ライの自転車姿、少年のようでかわいかった。またどこかの作品で自転車に乗ってくれないかなあ(笑)。
劇場で観たかったと今になって思います。
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。