女帝/エンペラー : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女帝/エンペラー

20070605

yeyan.jpg

2006年/中国・香港/2時間11分(劇場にて鑑賞)
監 督  馮小剛(フォン・シャオガン)
原 題  夜宴
英 題  THE BANQUET
出 演  章子怡(チャン・ツィイー) 葛 優(グォ・ヨウ) 呉彦祖(ダニエル・ウー)
      周 迅(ジョウ・シュン) 黄暁明(ホアン・シャオミン) 馬精武(マー・チンウー) 他

<感想など>
舞台は五代・十国時代の中国。先帝の妃だったワン(章子怡)は、彼を殺して帝となった義弟リー(葛優)への復讐を決意。彼女は、リーが皇太子ウールアン(呉彦祖)の暗殺を企てているのを知り、彼を秘かに助けるのですが…。
章子怡と周迅の共演を楽しみにしていました。
誇り高き王妃ワンと、純粋無垢な宰相の娘、チンニー(周迅)。
嫉妬に燃えるワンの眼差しがチンニーに向けられると、ゾクゾクしてきます。
いくら権力を持っていても人の心までは支配できないことを、好対照の2人が物語っているようで。
章子怡自身が女帝の貫禄を持っていて、これは納得のキャスティングなのですが、ふと周迅が演じたらどうなるだろうと想像してみました。こちらは氷のように冷たい女帝になるかも知れない、と。

意外だったのが、柔のウールアンと硬のイン・シュン(黄暁明)という対照性。
白装束で舞うように剣を扱うウールアンに対し、イン・シュンは鎧で身を固め、動くたびにきしみます。この二人の対峙も楽しめました。
表情をほとんど変えないイン・シュンが、押し込めた感情を吐き出すさまは、インパクトがありました。
妹チンニーへの愛情が、兄としての立場を越えているようにも感じられるのでした。

色彩感やアクションの点で、『グリーン・デスティニー』『HERO』『LOVERS』が連想されます。仮面劇が斬新で、それだけで充分強烈な印象を与えているのだから、前の作品のイメージを盛り込む必要はないと思うのですが…。
これを期待する向きもあるのでしょうか。

さて、最後の一刀はいったい誰が放ったのでしょう。
「ああ、あの人物だろう」と見当はつくのですが、もしかして常識では考えられないような展開が待ち受けていたりして。
「誰だ?」という疑問がいつまでも頭から離れません。ラストでこんなに悩むとは、思いもしませんでした。


trackback

女帝(エンペラー) :龍眼日記 Longan Diary

チャン・ツィイーという女優は従順な役をやらせるとウソ臭くて見ていられないがこういう役をやらせると水を得た魚のようにハマる・・・そう思ってしまうのは私だけだろうか。唐王朝滅亡後の古代中国、戦乱の五代十国時代。ある国で皇帝が謎の死を遂げる。王妃ワン(章子怡:

コメント

結構ヒト入っていたんですね!

孔雀の森さん、こんばんは。
>柔のウールアンと硬のイン・シュン(黄暁明)という対照性
ついついチャン・ツィイーとジョウ・シュンの対比にばかり目がいってしまいますが、確かにおっしゃる通りこちらも好対照でしたね。
イン・シュンの妹への思いは妹の垣根を越えていたと私も感じました。
ラストシーンの謎・・・気になりますよねぇ!

sabunoriさん、こんばんは♪
一人で映画を見に行くとき、両脇に誰かが座ることはないので、少々驚きました。
左隣の人が身を乗り出しているのや、右隣の人が腕組しているのがわかるなんて…。(フツウのことなのに)
>ラストシーンの謎・・・気になりますよねぇ!
チャン・ツィイーの驚愕の表情が何を意味しているのかが気になって、あれこれ考えてしまいました。

ラストシーンの謎の答え

皇后の側近のリンです。
リンは新帝のスパイです。元の脚本でもリンになっていたとリン役の女優が言っていました。映画の中でもヒントが散りばめられています。新帝がワンの化粧の落としかたや沐浴の順番を知っていたのはなぜか?またリンがワンを嫌っているような顔をしたショットも注意深く見れば何度か挿入されています。それに越女剣を持ち出すことも出来ます。たぶん新帝を愛していたのだと思います。毒が入っているのがわかっていながら飲んだ新帝を見て皇后に嫉妬したのだと思います。チャン・ツィイーの驚愕の表情は信頼していた側近に裏切られたためです。

よしさん、こんにちは。
詳しいお話を聞かせていただき、ありがとうございます。
せっかく教えていただいたのにリンという人が思い出せません。ごめんなさい。
今度DVDを借りたらじっくり観てみますね。
見た直後自分では「誰か」について見当をつけているようですが、ハズレでした。(笑)
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。