マジック・クレーン : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジック・クレーン

20070518

xianhe2.jpg  1993年/香港/1時間30分(TV視聴)
  監 督  陳木勝(ベニー・チャン)
  プロデューサー 徐 克(ツイ・ハーク)
  原 題  新仙鶴神針/THE MAGIC CRANE
  出 演  梁朝偉(トニー・レオン) 梅艶芳(アニタ・ムイ)
       関之琳(ロザムンド・クワン) 張鐡林(チャン・ティエリン)
       劉松仁(ダミアン・ラウ) 他

<感想など>
この華豪華キャスト! そして主題歌がアニタ・ムイとジャッキー・チュンのデュエット!
ということで期待して観始めたのですが、わけがわからないまま終わってしまいました。
武術界を支配しようとする悪者に立ち向かうストーリーだから、
武侠ドラマ?
大きな鶴が登場。中盤ではこうもりの群れ、後でゴジラみたいな顔の怪獣も出てくるので
特撮怪獣ドラマ?
トニーレオン扮するクワンモウは両手に花状態。演技もコミカルなので、
ラブコメ?
トニー・レオンと美女2人のトライアングルはゴージャス!
エンタメの要素がすべてぶち込まれ、結果的に荒唐無稽な作品が出来上がった、という感じかな。

シウディップ(関之琳)の仇うちが物語の核と言えるでしょうか。
2人の美女対決は見所の一つ。
シウディップは琵琶の音で、ワンフェイ(梅艶芳)は笛の音で、
奇想天外の激しい戦いを見せてくれます。
ワイヤー・アクションも使い放題!!何でもアリ!

張鐡林扮するツァオ・ホンは、物語をかき回すだけかき回して自爆。
悪者が乗り移って、かなり気持ち悪い印象を振りまいています。
張鐡林さんは貫禄ある役柄しか見たことがないので、今回の姿はとても意外でした。

鶴に乗って大空を舞うアニタ・ムイは、颯爽としていてよかった~。
妖艶で、美しい身のこなしが、物語を救っていたように感じます。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。