レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍

20070329

fangshiyu.jpg  1992年/香港/1時間36分(VIDEO)
  監 督  元 奎(コーリー・ユン)
  原 題  方世玉
  出 演  李連杰 蕭芳芳 李嘉欣 趙文卓 胡慧中 
       朱 江  陳 龍  陳松勇  鄭少秋  他


<あらすじ>
清朝末期、乾隆帝暗殺を目論む<紅花会>という武装集団が暗躍していた。清朝の九門提督(趙文卓)は、これを一掃するため紅花会の連判状を探していた。
方世玉(李連杰)の父(朱江)も、実はこの会のメンバーである。
ある日、世玉は偶然、雷虎(陳松勇)の娘婷婷(李嘉欣)と恋に落ちる。しかし雷虎は、娘の結婚相手を、「武術大会で妻、李小環(胡慧中)に勝った者とする」と決め、大会を開催。世玉も出場するが敗れ、次に彼の母、苗翠花(蕭芳芳)が男装し「大玉」と名乗って挑む。小環は闘いの途中翠花に惚れ、すきをついた翠花が勝つ。
変装した翠花と世玉は、婷婷の婚約者「大玉」を迎えに来た雷家の者に「大玉は死んだ」と言う。しかし世玉を気に入った雷虎は、「ならば弟でいい」と、世玉を連れ帰る。
世玉も婷婷も、相手を知らないまま結婚することに。
ある夜世玉は、父も含め<紅花会>が襲撃される場面に遭遇。彼は九門提督と闘う。
結婚披露宴に、この提督が招かれていることに驚く方一家。一方世玉と婷婷は互いに結婚相手であることを知り、大喜びするのだった。
提督は方一家に向けて発砲するが、李小環が被弾してしまう。
<感想など>
コメディ、アクション、ロマンスがバランスよく配された、最高の娯楽作品。
ジェット・リーはこの作品でも女の子に化けます。彼ほど女装の似合うアクションスターはいないと思うほど、カワイイ仕上がりです。
母役のジョセフィーン・シャオは、時には男装し勇ましく闘います。
この母子がまさにお笑いコンビ!!息子がマザコンなのよね~
最大の見所は、ジェット・リーと提督役チウ・マンチェクのアクションでしょう。
ありったけの技と武器を見せてくれ、長いアクションシーンに終始釘付けでした。
特にすごいのが床下の格闘シーン。バキバキ折れていく床と柱。身をかがめながら突っ込んでいく二人。よくこんな場面を考えたものです。
チウ・マンチェクが徹底した悪を貫き、存在そのものが鋭利なナイフのよう。ジェット・リーが見せる会心の笑顔とは対照的な、冷たい眼差しに、かえって魅了されます。
ジェット・リーとミシェル・リーが演じる恋愛シーンは、まるで中学生の初恋みたいに初々しく、ドラマ全体をなごませる役割を果たしていました。
最後のオチも楽しめて、あれ、もう終りか、という感じでした。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。