射雕英雄伝 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

射雕英雄伝

20070107

中国ドラマ/2002年/3DVDs/42話/台湾版

監 督  鞠覚亮/王 端
原 作  金 庸
アクション指導 馬玉成
出 演 
李亞鵬(リー・ヤーポン) 周 迅(ジョウ・シュン) 蔣勤勤(水 靈) 周 傑(チョウ・キット) 呂麗萍 楊麗萍 何 晴 阿斯茹 尤 勇 曹培昌 丁海峰 他

<感想など>
やっと観終わりましたぁ… 今まで観た武侠ドラマでは一番おもしろかった!
主人公郭靖(李亞鵬)は愚鈍でバカ正直。人との出会いに恵まれ、逆境をも幸運に変えて武術を会得していくところが共感を呼びます。
彼を常にフォローする黄蓉(周迅)はかわいくて頭脳明晰。元々賢い人だけど、好きになった男が余りにもアホだからより賢くなったのかも知れません。
このベストカップルの行く末が私にとっては最大の焦点でした

この二人の対極にいるのが楊康(周傑)と穆念慈(蔣勤勤)。
養父完顔洪裂(鮑大志)とは離れられない、でも恋人穆念慈にも愛されたいという心の葛藤が、楊康を破滅へと追い込んだのでしょう。
念慈は、芯は強そうだけどどこかマイナス思考。楊康をひょいっとさらってしまうくらいの度胸があったら運命は変わっていたかも。
18年前同じ場所で襲撃を受けながら、楊康と郭靖の運命は明暗を分けたと言えます。
次から次へと個性豊かなキャラクターが登場するのも、物語の魅力です。
中でも欧陽峰(尤 勇)の極悪非道ぶりには、「嫌悪」を通り越して「驚嘆」!!。
「九陰真経」へのこだわりを捨てれば別の展開もあったかも。演じた尤勇の芸域の広さには感動!欧陽峰ファンの私にとっては、最後の方の描写は残念です。

そしてもう一人愛すべきキャラが「老頑童」(ラオワントン)こと周伯通(趙 亮)。こんなじいさんがうちにいたら楽しいだろうけど、ずっといたら疲れそう。双子の兄、裘千仞(李 或)とは双子ということで、ホントそっくり。でもアレレ、見覚えのある顔だと思ったら、「エーゲ海の恋」で息のあった父子を演じていた二人でした!

モンゴルの大草原から臨安(現杭州)までを、登場人物たちはあっという間に駆け抜けていきます。観ているうちに距離感覚がなくなっていく… 
だって、「昨日は草原、今日は杭州」だもんね。
こういうツッコミを始めたらキリがありません。

テーマは「戦争反対」?
第42話はきれいにまとまりすぎていたように思います。
映像はきれいだったけど、何か物足りないなあ…

さて次は「神雕侠侶」を観よう!

コメント

こちらでは初めまして。
私もこのドラマの大ファンです。面白いですよね~。
黄蓉を演じる周迅が可愛くてお気に入りですが、でも私の一番好きなキャラは洪七公なんですよ(^^)
周伯通も憎めない爺さんで 確か原作では彼のみ関西弁だったと記憶しています。
そういえば、黄暁明主演の「神雕侠侶」でも趙亮さんが周伯通を演じておられました。あのホワ~ンとした顔を目にしたときは嬉しかったです^^

riri さん、いらっしゃいませ~♪

こんにちは。来ていただき、うれしいです。
私も周迅が好きで出演作をよく観るのですが、一番好きなのはこの「蓉兒」です。
riri さんは洪七公さんがお好きなのですね♪常に主人公たちの味方で、とぼけたところがありながら頼りがいのあるおじさん、という印象を持っています。
周伯通は関西弁キャラですか。「神雕侠侶」は今TVで鑑賞中ですが、彼はまだ登場していません。早く会いたいです!!(待ちきれないから借りちゃおうかしら)
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。