8月のクリスマス : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のクリスマス

20061128

韓国映画(図書館レンタルビデオ)
1998年/韓国/1時間36分

監 督  ホ・ジノ
出 演
ハン・ソッキュ  シム・ウナ  シン・グ  イ・ハンウィ  オ・ジヘ  チョン・ミソン  他

<感想など>
台詞は極端に少なく、一つの場面にかける時間が長い。
その間に、視聴者は想像を膨らませます。
最初から主人公の運命が決まっていて、ラストがハッピーエンドにならないとわかっています。
限られた範囲で、どれだけの感動を与えられるか。
これは主人公ジョンウォン(ハン・ソッキュ)と監督の双方に課せられた使命とも考えられます。
死を目前にした男は、同性の友人の前では泣き喚いても、大好きなタリム(シム・ウナ)の前にはいつも穏やかな笑顔を向けます。
彼の想いを感じて、“涙”です。
喫茶店の窓に指をあて、彼女の姿を静かになぞる彼に“涙”。
にっこり笑う自分の遺影を撮る彼に“涙”。
亡き息子のバイクで配達に出る父親に“涙”。
そして写真館に飾られた彼女の写真にも“涙”です。
彼が綴ったタリム宛の手紙を、おそらく彼女は読んだと思うのです。
でもそこをすっぱり省略して、視聴者にその場面を想像させる監督の手腕は見事。
しばらくこの余韻が残りそうです。

trackback

ハン・ソッキュ :韓流スター情報倶楽部

ハン・ソッキュは確かな演技力をもち「興行の保証手形」の異名を持つ人気俳優です。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。