神なるオオカミ : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神なるオオカミ

20160619

神なるオオカミ

2015年/中国・フランス/2時間1分(レンタルDVD)
監 督  ジャン=ジャック・アノー
原 題  狼图腾 Wolf Totem
原 作  姜戎「狼图腾」
出 演
馮紹峰(ウイリアム・フォン)竇 驍(ショーン・ドゥ)
巴森扎布(バーサンジャブ) 尹鋳勝(イン・チューション)

<あらすじ・感想など>
2004年発表のベストセラー「狼图腾」(ジャン・ロン)が原作。特典映像には、準備に7年の歳月をかけた、という監督の談話や、モンゴル狼を訓練する様子も収録されていた。本編以上に興味がわいた。

文化大革命で下放された大学生、チェン(馮紹峰)はヤン(竇驍)とともにパオで生活しながら厳しい大自然に立ち向かう。族長のビリグ(巴森扎布)の教えから、狼を畏怖する心も学ぶが、いつしかチェンは狼の子を育てたいと考えるようになり、それを密かに実行する。

ストーリー展開として、主人公の狼に対する思いやほのかな恋心などが描かれているが、映画の大半は狼の姿である。群れで疾走する光景、天に向かって吠える姿、こちらをじっと見つめる鋭いまなざし、そして狩り。狼が監督の心をつかんで離さない、というのがよくわかる

さらに衝撃的なのが、凍りついた動物が雪原に突き刺さっている場面だ。人間模様はちまちましたものに過ぎない、なんて感じてしまうほど、厳しい光景だった。

自然に手を加える人間に対する批判も描かれる。ならば野生動物を調教して映画を撮ることはどうなのか?…などと、普段考えないことが頭をよぎる。そんなことを言い始めればきりがないはずなのに。

ともかく、本作の主人公が神なるオオカミであることは確かだ。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。