若葉のころ : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若葉のころ

20160618

五月一號

2015年/台湾/1時間40分(劇場で鑑賞)
監 督  周格泰(ジョウ・グーダイ)
原 題  五月一號
出 演  
程予希(ルゥルゥ・チェン) 任賢齊(リッチー・レン)
賈靜雯(アリッサ・チア) 石知田(シー・チーティアン)
邵雨薇(シャオ・ユーウェイ) 鄭暐達(チェン・ウェイダー)
庹宗華(トゥオ・ツォンホァ) 王宇婕(ワン・ユージエ)

<あらすじ>
バイ(程予希)は17歳の女子高生。台北で祖母(應采靈)、母(賈靜雯)と暮らしている。ところがある日突然、母が交通事故で意識不明に。そんな中、バイは偶然、母がリン(任賢齊)という人物に宛てた未送信メールを発見する。彼女は親友ウェンウェン(邵雨薇)、同級生のイエ(鄭暐達)との三角関係に悩み、上海に住む実の父(包小柏)を頼ることもまままならず、不安定な気持ちを抱えていた。彼女は母になりすましてリンと会う約束をする。

<感想など>
ここ数年観てきた若者中心の台湾映画では、どちらかといえば男子の気持ちの方が主体だった。そんな中、今回は女子の方がメイン。あの「藍色夏恋」で、ルンメイちゃんがボーリンくんを振り回して困らせている場面がよみがえった。あの時もずいぶんひどいことを…と思ったが、本作はその比ではない。窓から服を投げるところで唖然としてしまった。ストーカー行為から先に進めない男子には納得できるが、いきなりその行為に走ろうとする女子の激情は理解しがたい。

もう一つ、理解に苦しむシーンがある。
過去のパートで、リンが「発見」してしまう場面。いきなり入りこんで男性教員(庹宗華)に突進していくところが解せない。マドンナ教師に憧れていたわけでもないだろうに。しかし、教育現場であるまじき行動を阻止したい、という一途な思いであるとすればわからないでもない。リンは心に深い傷を抱えたまま、大人になった今も前に進めないままでいるのでは?そう考えると、あのシーンは当時の教育、ひいてはあの時代に対する批判とも受け取れる。

やや違和感のある場面について書いたが、全体的にはみずみずしい場面、特に水の風景が印象的だった。ホースの水を頭からかぶるバイ。雨上がりの水たまり中を飛び跳ねていくワン。雨の中バスケットボールに夢中のリン(石知田)。過去と現代が交差する中で、水は時に勢いよく、時にゆるやかに、若者たちに寄り添う。光の加減にも、目をくすぐられている感覚になる。終わってみると、内容よりも映像効果の方が記憶に残っていることに気づいた。

そんな風に考えていくと、次々と印象的な場面がよみがえる。
過去の二人が訳した詩が、1文ずつ交互に語られていくシーン。訳し方の違う文章が重なり合って、二人の鼓動がスクリーンを通して伝わってくるようだった。この作品を観る前はビージーズの曲を思い出すこともなかったが、観ていくうちにだんだん懐かしくなっていった。

レコードをフリスビーのように次々と飛ばすシーンも心に焼き付いている。やってみたい!と思いつつ、もったいな~い、と、躊躇してしまいそうな私。

ところで、日本のサイトで下調べをしながら、知っている俳優はリッチー・レンだけだと思っていた。アリッサ・チアって誰?という感じ。でも観始めてすぐ、それが賈靜雯とわかった。相変わらずキュートでかわいらしい。私は彼女のメリハリのある声が好きだ。「王蕾」の語りを聞きながら、心が浮き立つのを感じた。

trackback

若葉のころ(五月一號) :龍眼日記 Longan Diary

この路線の台湾映画にはずれなし。ストーリーは突出しなくとも映像の美しさ、瑞々しいエピソードの積み重ねで私たちを魅了する。宙を舞うレコードたち雨の後、水たまりを走り抜ける制服姿の白いソックス。うっそうと茂る木々の中にかかる橋でおしゃべりする女子高生たち。2013年と1982年。2つの時代を行き来しながら物語は進んで行く。高校生のバイ(程予希:ルゥルウ・チェン)の恋愛模様と30年前の17歳だった...

コメント

No title

孔雀の森さん、こんにちは。
ストーリーの瑞々しさもさることながら、おっしゃる通り映像効果が印象的な作品でしたね。
監督はMV製作出身というのを聞いて、なるほど!と合点がいきました。
そうそう、「水」!
ポスターになっている「風」よりも私も「水」の美しさが心に残りました。

しかしあの洋服投げ捨てはねぇ・・・。
彼女の苛立ちもとてもよくわかるのですが彼はかわいそうでしたね。
母の時代と娘の現在の恋愛事情の違いも印象的でした。

No title

sabunoriさん、こんばんは♪

MVを多く撮ってきた監督とのこと。
画面へのこだわりという点で
特別な感性があると言えるでしょうか。
母親の時代はなんとなく「セピア色」。
あのパッツンの前髪が、自分よりもさらに上の世代に
見えてしまいました。
恋愛模様にも時代の違いが感じられますね。

起きたときに目の前に初恋の人と娘が並んでいたら…
夢の中だと思ってしまうのではないかと、
後のことまで想像してしまった私です。
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。