オマールの壁 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オマールの壁

20160604

オマールの壁2
2013/パレスチナ/1時間37分(劇場で鑑賞)
監 督  ハニ・アブ・アサド
出 演
アダム・バクリ エヤド・ホーラーニ
サメール・ビシャラット
ワリード・ズエイター リーム・リューバニ

<あらすじ>
パレスチナ自治区。パン職人の青年オマール(アダム・バクリ)は、友人のタレク(エヤド・ホーラーニ)やアムジャド(サメール・ビシャラット)と抵抗運動を続けている。ある日3人で検問所を銃撃した後、彼はイスラエル秘密警察に捕まり、仲間を売ることを条件に釈放される。しかし仲間内でも互いに不信感をもち、恋人のナディア(リーム・リューバニ)さえもオマールを疑っていた。そんな中、アムジャドからナディアが彼の子を身ごもっていると聞かされる。

<感想など>
始まった時点で、中途半端な終わり方ではないだろうと思わせる、緊迫した展開である。恋人、仲間に会うため、いつも命がけで分離壁を登るのだが、一体いつまでそうしなければならないのか思うと息が詰まりそうだ。彼らの屈託のない笑顔の裏に、死と隣り合わせの生活を余儀なくされる者の恐怖、怒りが張り付いているようで、時に目をそらせたくなる。

オマールは、仲間であるタレクの妹、ナディアと恋仲であり、互いに結婚を望んでいる。ところが捜査官のラミ(ワリード・ズエイター)は真犯人を言わないと彼女にまで危害が及ぶと脅迫。八方ふさがりの彼が何とかその状況を打破しようとする姿が切ない。というよりも凄まじい。狭く行きどまりの多い路地を駆け抜け、飛び越えていく姿には、くぎ付けになった。その一方で、騙し、騙されることに慣れきっているラミの緩さが腹立たしくなった。白髪交じりの口髭を見ると悪寒が走る。それもまた作り上げられた存在なのだと思うと、何を憎んでよいのかわからなくなる。

負の連鎖を思わせるラスト。音のないエンドロールがさらに追い打ちをかけて来るようだった。

コメント

こんにちは

こんにちは。
この作品は衝撃的で、出口が見えない思いがしました。おっしゃるように、負の連鎖が続いて行く可能性があるのだと思います。
パレスチナの現実の一端が表現されていたのだと思いますが…、厳しい現実が青春を破壊していくのでしょうね。
TBさせていただきます。

ご訪問ありがとうございます

ここなつさん、こんにちは♪
この作品の内容から、救われない話だとは思いましたが、
彼らが安住できる場所はないのかと、考えずにはいられませんでした。
ここなつさんのレビューを拝見しました。
社会的、歴史的背景について詳しくお書きになっていて
勉強になりました。
またおうかがいしますね。
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。