真夜中の5分前 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の5分前

20150106

mayonaka.jpg

 張孝全、劉詩詩の出演を知って、昨年末公開直後に鑑賞。
 上海で時計修理工として働くリョウ(三浦春馬)と、双子の姉妹ルオランとルーメイ(劉詩詩二役)、ルーメイの婚約者ティエルン(張孝全)が繰り広げるミステリーツアー(?)である。劉詩詩演じる双子ときいて連続TVドラマが頭に浮かんだが、観始めたらそのイメージは消えた。ミステリアスな展開だけでなく、双子の解釈についても興味がわいてくる。
 姉妹の幼児期から、さまざまな布石が投げられていく。洋服を交換して親の目をごまかしたこと。ティエルンをめぐって複雑な背景があったこと。ルオランが、お祝いの品としてふさわしくないといわれる時計をあえて選んだこと、などなど。再鑑賞したら、それぞれの意味合いを別の角度から眺めることになるのかもしれない。
 行定勲監督自身はどのように解釈しているのだろう、と思っていた矢先、今朝の新聞で本作品の記事を発見。ズバリ、「観客の判断にゆだねます」とのこと。何となくホッとした。ミステリー作品では「自分が間違っているのでは?」と苦い思いにとらわれることが多い。自分の感覚を信じていいと言われると楽になる。
 姉妹ばかりを追いかけがちだが、終わってみれば、リョウもティエルンも謎だらけではないか。
 リョウはなぜ上海に来たのか。
 どんな経緯で時計修理に携わっているのか。
 家族は?前の彼女は?
 ティエルンの情報は職業のみだ。
 男2人の背景をそぎ取って、姉妹の方に関心を集める手法。映画そのものがミステリアスに思えてきた。
 もう一度、台詞、表情、場面すべてを、拾い上げるように観たくなった。

***********************************
2014年/日本・中国/129分
監督:行定勲
英題:Five Minutes To Tomorrow
中文題:深夜前的五分钟
原作:本多孝好「真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-A/side-B」
出演:三浦春馬 劉詩詩 張孝全 牛犇 余娅
真夜中の5分前オフィシャルサイト
豆瓣电影《深夜前的五分钟》

コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。