項羽と劉邦 鴻門の会 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

項羽と劉邦 鴻門の会

20140209

wangdeshengyan2.jpg

2012年/中国/2時間(劇場で鑑賞)
監 督  陸 川(ルー・チュアン)
原 題  王的盛宴
英 題  The Last Supper
出 演  
劉 燁(リウ・イエ) 呉彦祖(ダニエル・ウー)
張 震(チャン・チェン) 聶 遠(ニエ・ユエン)
沙 溢(シャー・イー) 秦 嵐(チン・ラン)
奇 道(チー・ダオ) 李 琦(リー・チー)
陶澤如(タオ・ザール) 何杜娟(ホー・ドゥジュエン)

<あらすじ>
秦朝打倒を旗印に、劉邦(劉燁)は項羽(呉彦祖)と共に挙兵する。しかし劉邦が皇帝になる野望を抱いているとみた項羽は彼を敵視。鴻門の宴の席上、劉邦は、剣舞を披露する項荘(聶遠)から幾度となく窮地に追い込まれるが、事前に暗殺計画を知った張良(奇道)の計らいで命からがら逃げ延びる。このとき退路を開いたのが項軍の韓信(張震)。彼は劉邦側に寝返り、以後、項羽打倒、漢帝国構築に貢献する。皇帝となってからの劉邦は裏切りを恐れ疑心暗鬼にかられる日々をおくっていた。皇后呂雉(りょち:秦嵐)は裏で側近の暗殺を画策。功労者韓信は長い間獄中にいた。丞相蕭何(沙溢)の諫言も無用となり、張良は病を理由に参内を避ける。

<感想など>(ネタばれしています)
今年初め、『項羽と劉邦』(李仁港監督作)のレビューに「本作を劇場で観たい!」と書いたら、何と1か月後に実現!!拙文を読んだ人が手配してくれたのかしら~♪♪ な~んて一瞬思ってしまった。(その頃にはもう決まっていたのでしょうね:笑)

間を置かないで鑑賞した二本の『項羽と劉邦』だが、全く混同することはない。奇を衒ったストーリーが印象的な李仁港監督作に対して、今回の陸川監督作では、劉邦や呂雉の深層心理が迫ってきて、ゾクゾクした。時系列が頻繁に移動したり、各人物の視点で描かれたりするなど、把握しにくい面もあるが、どちらかというとこちらの方が好みかも。

まず老けメイクばっちりの劉燁と沙溢にびっくり!!二人の共演で思い出したのが『我們生活的年代』。友人関係から主従関係に変わっていく点が似ているなあ、と。息の合った台詞の応酬が、あのドラマとかぶる。

そして何より楽しみにしていたのは、劉燁、呉彦祖、張震の競演。この三者は『ブラッド・ブラザーズ -天堂口-』でも顔を合わせていた。あのときも今回も苦渋に満ち満ちて悲壮感たっぷり。 私だけかもしれないが、ふとした瞬間に呉彦祖、張震の区別に迷って、あごの形(張震は逆三角)で判断することがある。本作ではメイクの違いが際立っていたが、張震が形相になるとアレ…今のは?と一瞬戸惑った。

物語は劉邦の脳裏に浮かんでは消える光景と、登場人物の視点から描かれた場面とが積み重なって進む。

老いた劉邦の回想シーンには、溌剌とした彼と仲間たちが映し出される。呂雉も最初は可愛らしい。しかし劉邦が頂点に上り詰めた後は、幸せとはほど遠い日々が待ち受けていた。屈託のなかった彼らがいったいどのような過程を経て変わっていったのか。呂雉については、夫劉邦と別の女性との間にできた子供を育てる羽目になったり、項羽陣営に捕えられたりした経緯から、「身を守る術(すべ)=夫の掌握」の意識が強くなったとするとらえ方。夫の判断を操作する彼女、ホントにコワい…。

そんな彼女の手にかかった韓信を、張震が悲壮感たっぷりに演じていて、観ているのが非常に辛かった。剛直な彼は最後まで劉邦への忠誠心を変えることはない。終盤、彼が項羽を裏切って劉邦に寝返った理由がサラリと映し出された時、涙が出そうになった。恩を与えた方は忘れていても、受け取った方は生涯忘れなかったのだった。かつて彼を推挙した蕭何の苦しみもまた、胸に迫ってきた。

本作では「歴史」を考えさせられた。
呂雉は、司馬遷に史記を書かせ、それを実現させる、という画策を目論んだ。もし後世に残る史料の中に、事実よりも先に書かれたものがあるとすれば、歴史の研究は「行事予定」を読むようなものになってしまうではないか。予定通りに事が運ばないケースも多々あるだろうし。(笑)そんな風に考えると、歴史を題材とした小説や映画を「史実と違う」と批判すること自体に矛盾が生じる。史実改ざん説を聞くことはあっても、事前に書いた、という設定は初めてだった。恐ろしさと新鮮さが入り混じった気分だった。

『項羽と劉邦』は、まだまだたくさんの創作が期待される壮大な歴史物語絵巻!!!

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。