劇場版 水滸伝 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 水滸伝

20131221

suikoden.jpg

2010年/中国/1時間40分(レンタルDVD)
監 督 鞠覚亮(ジュ・ジャオリァン)
出 演
張涵予(チャン・ハンユー) 胡 東(フー・ドン)
高 虎(ガオ・フー) 晉 松(ジン・ソン)
李宗翰(リー・ゾンハン) 李子雄(リー・チーホン)
袁詠儀(アニタ・ユン) 呂良偉(レイ・ロイ)
甘婷婷(ガン・ティンティン)

<内容・感想など>
TVドラマ86話分を100分にまとめたダイジェスト版(日本語吹き替え版)で、水滸伝の概略を知るには好都合の教材。ドラマ視聴を迷っていた自分にとっては、観る気にさせてくれるような内容だった。

時代背景の説明に始まり、林冲(胡東)、魯智深(晉松)、楊志(高虎)、そして主人公の宋江(張涵予)の経緯を、ドラマの名場面をピックアップする形式で描いている。解説するのは宋江という設定。中国の四大名著(『三国志演義』、『水滸伝』、『西遊記』『紅楼夢』)の一つとは聞いていたが、登場人物の詳細はよく知らなかった。ドラマより前にメイキングを見るのはどうかと(ネタバレになるかなと)思ったが、かえって興味をかきたてる作りで楽しめた。

インタビューに答えた俳優の言葉からは、いずれも誇りが感じられた。幼い頃から読み親しんできた水滸伝の登場人物であり、以前の素晴らしいドラマ版があるからこそのプレッシャーもあるのだろう。役柄によっては、武術訓練も相当厳しかったとのこと。日本向け宣伝のためと思われる内容だった。この中で印象的だったのは李宗翰。今回のダイジェスト版ではほとんど見られず、ドラマでの彼に興味津々。

ダイジェスト版だから登場人物も限られるが、その中でも最も長い時間出ているのは林冲だろう。演じる胡東は『新 笑傲江湖』の左冷禅? 全くの別人!楊志を演じる高虎も役柄によって大きく変わる俳優さん。今回初めてそのクールな風貌に惹きつけられた。長い長いドラマでの彼を是非観たいものだ。

この作品、TVでも来年早々放映されるのね。なんと早いこと!長編ドラマは今のところレンタルショップでは新作扱い。もう少し待つとしよう。その前に原作に挑戦しようかな。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。