コールド・ウォー 香港警察 二つの正義 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールド・ウォー 香港警察 二つの正義

20131108

hanzhan.jpg

2012年/香港/1時間42分(劇場で鑑賞)
監 督  梁樂民(リョン・ロクマン) 陸劔青(サニー・ルク)
原 題  寒戰
英 題  Cold War
出 演
郭富城(アーロン・クォック) 梁家輝(レオン・カーファイ)
林家棟(ラム・ガートン) 銭嘉楽(チン・ガーロウ)
彭于晏(エディ・ポン) 楊采妮(チャーリー・ヤン)
安志杰(アンディ・オン) 李治廷(アーレフ・リー)
劉徳華(アンディ・ラウ) 尹子維(テレンス・イン)

<あらすじ>
爆破事件直後に複数の警官が拉致される。その中には香港警察副長官リー(梁家輝)の息子ジョー(彭于晏)も含まれていた。強引に捜査の指揮を執るリーと、彼が感情的になるのを懸念するラウ(郭富城)は激しく対立。やがて長官からの命令でラウが臨時長官となり、副指揮官ツイ(銭嘉楽)、クォン(林家棟)らと共に捜査にあたる。犯人側からの身代金要求に対し、ラウは相応の金額9320万香港ドルを用意するが、実際の要求額は3333万香港ドルだった。犯人グループの追撃と失策、差額を載せた現金輸送車の襲撃、人質解放と、事件、事態がめまぐるしく展開する。そんな中、奪われた差額6000万香港ドルをめぐって、ラウに収賄容疑がかかる。

<感想など>
一度観ただけではつかめないほど複雑な内容。再鑑賞させる魂胆かしら。(笑)現時点で謎をたくさん残しておけば、今後の楽しみも増えるってわけね。本作の前後にもいろいろな物語が予想されるところから、あの「インファナル・アフェア」シリーズが思い浮かんだ。

内部犯行説が濃厚な中で、黒幕の正体をあれこれ考えさせられた。ラストで明らかになる悪役たちは、おそらく末端なのだろう。洗脳されたような雰囲気が不気味で寒気がした。黒幕について、次のような人物を挙げてみた。実は心の片隅で大ハズレであることを願っている。(思い通りになったらつまらないから:笑)

①出張中の香港警察長官(王敏徳:マイケル:ウォン)
現場に姿を見せない点で黒幕第一候補。
ラウを責任者に任命したところも怪しい。
②保安局局長ロク(劉徳華)
ラウに、リー父子に関する情報を簡単に渡したように見えた。
マスコミに対する不敵な笑みも怪しい。

なお、廉政公署調査主任チョン(李治廷)を、黒幕の一番弟子的立場と疑った。最後の引き抜きみたいな展開が本人の計画の一部に思えたからだ。でもあまりにも一本気なところからは悪者の顔が見えない。実は終わるまであのブルース・リーとは全く気づかなかった。

派手な爆破シーンや銃撃戦、カーチェイスだけでなく、人間模様にも釘付けになった。
警察内部の昇進争いと不祥事が実にリアルに描かれていて、映画とはいえ傍観できない気持ちにさせられた。定年間近のリーと、年下のラウとの間で繰り広げられる激しいやり取りには手に汗握り、その後の協力体制と和解には安堵した。しかしリー父子の今後を思うと胸がザワザワしてくる。

はやくも続編が計画中とのこと。DVDが出たら即買いを考えるほど、この続きが気になって仕方がない。

trackback

コールド・ウォー 香港警察二つの正義(寒戦) :龍眼日記 Longan Diary

※ネタバレ注意! なぜか昔読んだ星新一の短編を思い出した。 ある組織には合言葉がある。 組織の人間たちは一般市民としてごくごく普通の生活を送っている。 しかし大金を手に入れるチャンスにめぐり合ったときには行動に出る。 その際組織の合言葉を口にするのだ。 それを聞いて居合わせた人間が反応すればともに協力し遂行する。 もともと何のつながりもないたまたま居合わせた者同士、 捜査...

コメント

ものすごい顔ぶれでした

孔雀の森さん、こんばんは。
この作品、おっしゃる通り1度観ただけでは把握しきれないですよね。
人間関係もストーリーも複雑で。
もう1度観たらきっとさまざまな伏線が見えてきそうな・・・
いや、ボーッとしている私にはムリかな。(笑)
誰も彼も言動が怪しく思えて観終えても全くスッキリしませんでした。
特に警察長官の王敏徳、怪しいニオイがプンプンですよね~。(笑)
私も本作の後だけではなく以前のストーリーも展開されるような気がします。
とにかく今から続編が楽しみです!

みんな怪しい!

sabunoriさん、こんばんは♪
ほんとに豪華なメンバーですね!
最後の方で悪役っぽい人たちが出てきましたが、真相は謎ですね。
私は安志杰、かなり好きなのですが、可愛い顔をしているのに
悪役が続いているような気がしてちょっと不満です。(笑)
可愛いと言えば彭于晏。今回はほんとうにビックリでした。
役柄上のお父さんがとてもお気の毒。

>以前のストーリーも展開されるような気がします。
同感です!主人公が元カノと別れてしまった理由を知りたい…
なんて完全にオバサン感覚だわ。(反省)
おっしゃるようにみんな怪しいですね!
今回亡くなった人たちも再登場するでしょうし、とても楽しみです。
非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。