誘惑の罠 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誘惑の罠

20130831

aidefashenglianxi.jpg

2008年/台湾/2時間(レンタルDVD)
監 督  李 鼎(リー・ディン)
原 題  愛的發聲練習
英 題  My So Called Love
出 演  徐熙媛(バービー・スー) 彭于晏(エディ・ポン)
     張孝全(ジョセフ・チャン) 東明相 (イーストン・ドン)
     李國毅 (リー・グォイー) 劉喆瑩(リウ・チエイン)

<あらすじ>
高校三年のマオ(徐熙媛)は母、義父、妹(劉喆瑩)と新たな生活を始めるが、義父の性癖に耐えられず家出する。共に暮らすのはボーイフレンドのリャン(彭于晏)。しかし彼は大学に合格したマオとは明暗を分けてすべて不合格、兵役に就く。やがてマオは生活のために援助交際を始める。最初の相手、小古(張孝全)に夢中となったマオは、リャンと破局を迎える。ところが小古に出産予定の妻がいると知り絶望する。

<感想など>
邦題はあくまでマオ目線である。援助交際なんかに手を出したら人生台無しですよ、という警告に聞こえる。かといって原題「愛の発声練習」も意味不明。マオの「愛って何?」という問いかけや、聴覚障害のあるサンシャイン(東明相)の一途さ、優しさが思い浮かぶが、なにかしっくりこない。

わかりにくい物語である。
快楽の味を覚えたマオは、小古から離れなれなくなる。けれども精神的にはリャンを深く愛している。リャンもマオを愛しているが、兵役仲間(李國毅)の愛情も受け入れている様子。ちょい悪オヤジ的な小古は、妊娠した妻を伴ってマオと会う。つまり決別を示唆したのだろうが、10年近くたってもまだマオとは腐れ縁の間柄のよう。マオはサンシャインの無償の愛を受け入れようとするが自分を卑下して彼の前から姿を消す。なんなのだ、この整理のつかない展開は…。

リャンを明確に描いていないことも、全体が不明瞭になった原因の一つだろう。
高校生だった二人は夜警備員の目を逃れてピアノの下に隠れる。その時マオが覚悟したにも関わらずリャンは「大事にしたいから」と手を出さない。その後ままごとみたいな生活の中でも、彼らはたぶん男女の関係には到っていない。物語でははっきりしないが、リャンは体で女性を愛することができないのではないか。けれども同性を好きになるタイプでもなさそうだ。兵役仲間は完全な片想いである。彼の「タイプ」をはっきりさせないのは、意図的なのだろうか。

マオが愛欲と精神的な愛に挟まれて苦しんでいるのは確かだと思う。けれども物語の主題は別のところにありそうだ。

マオの妊娠を知って、同居している3人が考えたのは、生まれてくる子をいかに育てていくか、ということだったと思う。両親と子供で構成される「家族」から遠く離れ、今現在生活を共にする4人で、果たして家族を作ることができるのか。人間関係をあらわす呼称-父、母、きょうだい、あるいは恋人、友達、といった言葉-で括るのではない新たな関係を模索しているようにも見える。そうすると、マオと小古との、やたらに官能的に見せようとするシーンが余計に思えてくる。凝りすぎてしまったのが、わかりにくくさせている原因では?

みんなの本音は「ホントの家族になりたいな」でしょう。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。