結婚って、幸せですか THE MOVIE : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚って、幸せですか THE MOVIE

20130827

The Fierce Wife Final Episode

2012年/台湾/1時間50分(劇場で鑑賞)
監 督  王珮華(ワン・ペイホワ)
王仁里(ワン・レンリー)
原 題  犀利人妻最終回:幸福男•不難
英 題  The Fierce Wife Final Episode
出 演  隋 棠(ソニア・スイ) 宥 勝(ヨウション)
     溫昇豪(ウェン・シェンハオ)朱芯儀(アマンダ・シュー)
     胡盈禎(カレン・フー)

<あらすじ>
アンジェン(隋棠)は10歳の一人娘ユーモンを育てながらホテルに勤務している。自動車販売会社の支配人ティエンウェイ(宥勝)とは、互いに好意を持ちながら長い間友人の関係だ。そんな中、4年前離婚した元夫ルイファン(溫昇豪)が、積極的に家事育児を手伝い始める。ユーモンは大喜びで両親の復縁を訴えるが、アンジェンの心は複雑だ。やがて彼女はティエンウェイとルイファンから結婚(復縁)を示唆される。

<感想など>(ラストに関するネタバレを含みます)
タイトルの問いかけはつまり、「結婚って、幸せだと言えるんですかね?」というニュアンスだろう。これから結婚しようと思っている人に対するものなのね、と終わってから気づく。同時に、物語の中では既に答えが出ているではないか、とも。

台湾で高視聴率をマーク、日本でも放映された連続ドラマの「その後」を映画化した作品とのこと。だから、ほとんどドラマ視聴者向けの映画と言える。そのドラマを観ていない私にとっては、人間関係の簡単な説明があっても、込み入った事情が分からないせいか、なかなか感情移入が難しい。よく見ればものすごく泥沼化した状況なのに、生活感のない空間や人々のから騒ぎが、あっけらかんとした印象を与えている。

仕事に子育てに一生懸命なヒロインが、二人の男の狭間で苦しむ、という物語。一人は好きな男性で、もう一人はかいがいしい元夫。娘は元夫、つまりパパが大好きで、母の男なんて大嫌い。元夫との離婚原因は、ヒロインの従妹との浮気。今回その従妹に、元夫との間に生まれた男児がいることが判明。その子は障害を持っていた…。ひどく疲れる人間関係だ。

こんな複雑な条件を突破して、ヒロインが自分の本心に沿って幸せになるためには、どんな状況設定が必要なのか。まずは自分の揺るぎない気持ちだ。そして理解のある子ども、理解のある仲間、理解のある親戚。最後に一方の男性がアタックできなくなる最大の障壁。すべて、周りのおぜん立てがあってこそ可能なことなのだ、と。

ハッピーエンドである。でもヒロインの相手があまり輝いて見えないため、幸せ感が伝わってこない。彼の潔癖なところ、短気なところ、ストーカー的な行為…。物語につきものの突出した演出が浮いてしまっている感じだ。それに元夫の息子の障碍も、ただ同情を引くためだけの道具に思えてしまう。映画を観終わった今ドラマを観たいとは思わない。

さて問いかけの答え。結婚という形式に縛られたら後で面倒なことになる、内縁関係を続けて自由な立場を満喫しよう!と解釈(あくまでドラマ上の)してみた。この影響で結婚しない人たちが増えたりして…なんてことはないでしょうね。

コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。