燃えよドラゴン : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃えよドラゴン

20130728

moeyo2.jpg


1973年/香港・アメリカ/1時間40分(TV視聴)
監 督  ロバート・クローズ
原 題  ENTER THE DRAGON/龍争虎闘
出 演  李小龍(ブルース・リー) ジョン・サクソン
     ジム・ケリー  石 堅(シー・キエン)
     楊 斯(ヤン・スエ) 鐘玲玲(ベティ・チュン)

<あらすじ>
少林寺で修行していたリー(李小龍)は、ミルター・ハン(石堅)が所有する島の内偵を依頼され、武術トーナメントへの参戦を理由に島に乗り込む。実は彼には、ハンの部下に襲われ自死した妹の復讐という目的があり、試合で敵討ちを果たす。やがてハンが麻薬製造など地下活動のための人材を探している事実をつきとめる。アメリカから来たローパー(ジョン・サクソン)もハンに目をつけられた一人。ウイリアムズ(ジム・ケリー)の無残な死を見せつけられた彼は恐れおののく。

<感想など>
リーの妹が大勢の男たちに追いかけられるシーンから、ふと思い出したことがある。

中学生のころ、週一回の課内クラブで護身術を習っていた。指導してくれたのは空手が黒帯だという20代の先生。彼女が「夜道ではいつも襲われた時の技を思い描いてるんだけど誰も襲ってくれないの…」とがっかりした言い方をするので、私たちは「センセイみたいにスキのない人はコワくて襲えませんよ~」と笑ったものだ。あの時の先生に、大勢を前にしたらどうする?ブルース・リーをどう思う?と、今になってきいてみたくなった。

当時はブルース・リー作品の全盛期。ショートカットが中途半端に伸びると「ブルースリーカット!」なんてからかわれるほど、知名度は抜群だった。流行りのヌンチャクは、2歳下の弟がいくつか持っていた。興味を持ってもよさそうな環境だったにもかかわらず、ブルース・リー出演作を通して観たことはなかった。なぜだろう…。結局今回がブルース・リー初鑑賞である。

前半で筋骨隆々とした男(楊斯)が警戒を怠ったとされる警備員たちを次々に<へし折る>シーンには、その容赦のなさに背筋が寒くなった。グキッという音が男の残虐性を露わにしていたが、悪者を前にしたときのリーの心も同様だ。危険度がアップするほど冷静沈着になっていくところも超人的。まるでロボットのような正確さで敵の弱点をついていく。爆発寸前の怒りを拳やつま先にこめているように見えた。

ブルース・リーの不敵な面構えを見ているうちに、このヒトは絶対に負けない!と、妙な安心感を持ってしまう。これまで観てきた作品では、いくら強いヒーローでも必ず窮地に立たされる場面があって、ハラハラドキドキしたものだが、今回はそのハラハラドキドキがほとんどなかった。勧善懲悪の善の側であるブルース・リーにも、容赦が全く見られなかったからかもしれない。

当時のスーパーヒーローものでは、変身したり、<なんとか光線>を使ったりと、普通の人間ができないことをやらせて魅せるのが主流だった。でもブルース・リーの場合は100パーセント生身の人間である。しかも厳しい訓練によってその域に達したのである。

前置きが長くなってしまったのは、そんな努力の甲斐を当時の自分にちょっと見せてやりたかったからだ。それで人生変わるとは思えないけれども。(笑)

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。