セデック・バレ 第二部 虹の橋 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セデック・バレ 第二部 虹の橋

20130426

Seediqbale2.jpg

2011年/台湾/2時間12分(劇場で鑑賞)
監 督  魏徳聖(ウェイ・ダーション)
原 題  賽德克•巴萊 下集:彩虹橋
英 題  Seediq Bale
出 演
林慶台(リン・チンタイ) 馬志翔(マー・ジーシアン)
安藤政信  除詣帆(シュー・イーファン) 蘇 達(スー・ダー)
河原さぶ  除若瑄(ビビアン・スー) 温 嵐(ランディ・ウェン)
春田純一  林源傑(リン・ユアンジエ) 田 駿(ティエン・ジュン)
羅美玲(ルオ・メイリン) 田中千絵

<あらすじ>
運動会に参加していた日本人たちは、セデック族の襲撃になすすべもなく、次々と倒れていった。日本側は直ちに鎮圧に乗り出したが、山間部では苦戦を強いられ、犠牲者は増える一方だった。トンバラ社と友好的な関係を築いていた小島(安藤政信)も妻(田中千絵)と子を亡くしていた。彼は親しくしているタイモ・ワリス(馬志翔)に対し、懸賞金を条件にモーナ・ルダオ(林慶台)討伐への協力を命じる。

山間部は日本軍の攻撃にさらされ、セデック族は次々と命を落としていった。若い男性が戦う中、老人、女性、小さな子どもたちは、静かに山奥へと姿を消す。日本の警官として勤めていた花岡一郎(除詣帆)二郎(蘇達)兄弟も、女たちと共に自決の道を選ぶ。

<感想など>(ラストに関するネタバレを含みます)
第二部では限りなく続く殺戮シーンに、心はどんどん沈んでいくばかりだ。正直のところ、日本人の蛮行や少々違和感のある日本語台詞に接するのも苦痛である。監督の言う「救い」とはいったいどこにあるのだろう…。

しかし画面には吸い寄せられてしまうのである。理屈では説明できない不思議感覚だ。
凄惨な場面が、民族の歌に乗って流れていき、合間にはセデック族の踊りが繰り広げられる。やがて戦いの中に、文化を伝承しようとする気迫、尊厳の主張が大きく見えてくる。

アクションシーンにしても、一つ一つの細かい演出に芸術の域を感じた。韓国からアクション監督を招聘したときいて、その精緻な作りに納得できた。人によっては長々と続く残酷なシーンはカットしてもいいのでは?と思うかもしれないが、流れを考えれば、どれも切れないのだろう。

極めつけは自決のシーン。なにもここまでやらなくても…とため息が出る。しかし一方で幻想的な雰囲気も醸し出され、亡くなった大勢の人々がまだどこかにいるような気配さえ感じられる。一部二部とも映像のほとんどは凄惨なシーンに埋め尽くされているのに、目を見開いてしまうところが、他作品の鑑賞にはない経験だった。

この作品は、敵味方、善悪をはっきり描いた戦争ものとは異なり、様々な立場の者を一堂に集め、人間の尊厳について問いかけていると思う。タイトルの「セデック・バレ」は、「真の人」を表す言葉。ではどれだけの人が「真の人」と言えるのだろうか、と思っているときに虹の橋を渡る人々が現れた。

監督は「霧社事件」のきっかけ、さらに双方の支配、被支配の関係に到った原因を、「矛盾」(行き違い)と表現していた。軽い感覚の言葉だが、これが積み重なれば途方もない大きさになる。作品は、まさにこの矛盾がどんどん膨れ上がる経緯とも思えた。終わったときの疲労感は半端ではない。実際、帰路で長時間電車に揺られるのは苦痛だった。

<追記>
『人間(じんかん)万事塞翁が犬』で名演を披露した「黑莓(ブラックベリー)」が出ると聞いて、楽しみにしていた。登場場面は人間に比べて少ないが、モーナ・ルダオに忠誠を尽くすシーンでは、強い印象を残してくれる。役作りはどうしているの?ときいたら、どんな答えが返ってくるだろう。そのうち、出演作が日本で公開されることになったら、ぜひ監督さんと一緒に舞台挨拶に来てね!

trackback

「セデック・バレ」 <第7回大阪アジアン映画祭2012> :TK.blog

『セデック・バレ 太陽旗』  賽克・巴萊 太陽旗  WARRIORS OF THE RAINBOW I : SUN FLAG 『セデック・バレ 虹の橋』  賽克・巴萊 彩虹橋  WARRIORS OF THE RAINBOW II : RAINBOW BRI...

コメント

お久しぶりです☆

こんばんは!ご無沙汰しております~。
あれよあれよという間にもう5月。早いもんです。
読書はずっとしてるのですが、ブログ放置ですみません(TT)。

さて本作品、台湾の方の感想を私は知りたいです。
ちなみに台湾在住の日本人の知り合いは、孔雀の森さんと
同じような感想を申しておりました。
確かに心身ともにクタクタになるのは間違いないかも^^;

さてさて、魏徳聖監督ですが、私は次の作品を超楽しみにしております♪
ご存知かもしれませんが『KANO』でございます。
日本統治時代に台湾の嘉義農林高校が甲子園に出場し、
準優勝した実話を映画化したものです。
野球と台湾が大好きな私にとってこれはもう観るしかない!
甲子園でもロケするのかしらん♪と気になってしょうがない(笑)
2014年の旧正月映画だそうなので、もしかしたら
来年の東京国際映画祭にくるかも?!

さてさてさて、話変わりますが、今後はブログを徐々に
アップしていきたいと思いますので(『図書館戦争』も観ました!)、
今後も何卒よろしくお願いします^^

お久しぶり!!嬉しいわ♪

TKATさん、こんにちは!
久々に語り合えて嬉しいです!
この作品を巡っては、おっしゃるように賛否両論あるのでしょうね。
台湾の方の感想も聞いてみたいですね。
地域、年齢によってかなり違うような気もしますが。
でも、国内外、年齢、性別を問わず、劇場まで観に来る人は、
ある程度の覚悟を持っているのでは?とも思いました。

監督さんはとてもラフなスタイルで挨拶に来てくださり、日本の
スタッフとも気持ちよく仕事ができたとおっしゃっていたので
安心しました。
でも一方で、警護がつかなくて大丈夫なのだろうか、と、ちょっと
心配にもなりました。

さて次の作品も楽しみですね!甲子園が舞台になるのなら、来て
頂かないと!そのときにはTKATさんもロケに参加するのかしら…
もし出演が決まったら教えてくださいね!(性急かな:笑)

図書館戦争のレビュー、楽しみにしています。
まだまだ語りたいことが山ほどある、乙女心満開の私(笑)です♪

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。