しあわせ中国 盛世2013年 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しあわせ中国 盛世2013年

20130227

shengshi2013.jpg

原 作:陳冠中『盛世 中國,2013年』2009年刊行
監 修:辻康吾
訳 者:舘野雅子 望月暢子
刊行年:2013年10月
出版社:新潮社

<あらすじ>
舞台は近未来(2009年からみた2013年)の中国。作家の陳は、久しぶりに会った友人の方草地が「1か月がなくなった」と言うのを不思議な気持ちで聞いた。次に会った韋希紅(通称“小希”)は、陳がかつて心を寄せていた女性で、今は母親と食堂を切り盛りしている。一人息子の韋国は大学院生で共産主義青年団に所属。小希との間には深い溝があるようだ。大多数の国民が幸福感に満たされている中、彼女の心には憤懣があふれ、ネット上で過激な発言を繰り返していた。陳は彼女に心を動かされ、共に人生を歩みたいと思うようになる。

<感想など>
「盛世」のスタートは2008年ごろ。その直前の一か月は、国内が荒れ、厳罰が多く適用され、ひどい状況だったのに、「盛世」が始まった途端、みなその時のことをすっかり忘れてしまい、すっかり幸福感に浸りきっている。そういえば六四天安門事件を語るものもいなくなり、下の世代は事件さえ知らないありさまだ…。

といっても、本書はあくまで虚構であると作者も言うように、これをそのまま中国の実態として鵜呑みにしてはならないだろう。しかし発禁処分を受けたという帯の文面には、秘匿案件が隠されている感があり、好奇心をそそられる。また、実際の事件や実在人物が数多く描かれているので、どうしてもドキュメンタリーのように映る。「謎めいた国」の先入観や、「近未来」2013年の設定、昨今の日中関係などから、出来事の一つ一つがリアルに響いてきた。ほんとうに「1か月なくなった」と信じてしまいそうだ。

主人公の「陳」は著者を連想させるが、方草地や小希をはじめ、韋国、ギター弾きの張逗、党中央政治局委員の何東生らの語りにも、著者の意思が入っていると思う。小説上の「陳」は大多数の国民同様幸福感を抱いているが、体制に反発感を持つごく一部の人々と接する中で、次第に疑問を持つようになる。それでも最後まで彼は、幸福感と危機感の間を行き来して、自分の立ち位置を結論付けるまでには到らない。そんな曖昧な終わり方からは続編が連想されるが、続編というのはつまり、今現在からみた近未来。作者の意図をますます知りたくなる。

人の感性や考え方が、いとも簡単に左右されてしまう恐怖。自分もまた「盛世」の幸福感に浸りきっている一人では?と思うと、よけいに背筋が寒くなってきた。「せいせい」と「へいせい」って、何だか語感が似ているようで…。

これを読んでいる最中、たまたま神保町で原書を見つけて買ってしまった。
オックスフォード大学出版社による繁体字版。

shengshizhongguo.jpg

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。