七剣下天山/セブンソード その3 : 夢の国・亞洲文化宮

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七剣下天山/セブンソード その3

20061109

2006・11
七剣下天山/セブンソード その3
中国ドラマ(レンタルDVD)
全39回 33回まで視聴

<感想など>
今日は31~33まで観ました
楊雲驄(王学兵)と納蘭明慧(李小冉)は、会えそうで会えない。
何だか悲劇の坂道を一直線に転がっていくようだわ。
雲驄は飛紅巾の気持ちが全然わかってな~い!
彼が明慧、宝珠と共に暮らせるようにと、精一杯尽力しているのに…
だのに明慧の失踪を彼女のせいにして剣を向けるとは…
実はこれが、二人の魅力が存分に発揮されている場面。
雲驄の、怒りと悲しみがむきだしになった一直線のまなざし。
誠意を踏みにじられて、心が砕けてしまった飛紅巾。
飛紅巾がかわいそうだ!!
もうすっかり楊雲驄と飛紅巾のファンになってしまった私。
ところで、紐骨魯(徐向東)の弟子で「無恥」というニューハーフが新登場。
こいつの存在には、どんな意味があるんだろう。
魔術みたいな技を何回か使っただけで死んでしまったが…
止めを刺したのは、何と明慧。
何だか理解に苦しむ人物でした。

明慧は、自分が多格多(呂良偉)と結婚すれば平和になると思っている様子。
でも甘いんだよなぁ…
「自分の気持ちを優先させなさい」と言いたくなります。
自己犠牲を願う自分に酔っているように見えるのですが…

韓志邦(張博)は本当に郁芳(王麗坤)のことが好きなのね。
酒に酔ったら会頭ではない、一人の男に戻って郁芳に頼っているのです。
でも郁芳は楚紹南(趙文卓)が好き。
紹南は郁芳を妹としか思っていない…

さて、また紹南は多格多に投降するふりしてますが、大丈夫なんだろうか…
でも多格多は紹南のことは人間として尊敬しているようなところがあります。
(多格多は野球の井口選手に似ているような…)
もし敵でなければ義兄弟の契りを結んでいるかも。
義兄弟といえば、雲驄の義兄、紐骨魯。
この役の徐向東さんは武術指導をしている方。
傅青主(于承恵)、斉真君(孫建魁)と共に渋さがステキです!
さて、紹南の作戦は成功するのでしょうか。
そして、傅青主(于承恵)と辛龍子(計春華)はいつ現れるのでしょう。

コメント

非公開コメント
プロフィール

孔雀の森

Author:孔雀の森
いろいろな出会いを
大切に♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
最新の記事
リンク
ブログ内検索

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。